谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

17日、朝は京成谷津駅で議会報告・活動ニュースを配布。議会運営委員会を傍聴してから、谷津南小学校の公開研究会を見学に行きました。
c0236527_12465626.jpg

習志野市の公開研究会とは、文部科学省の学習指導要領や幼稚園教育要領に基づいた授業の指導方法について、教育委員会指導課や他校の教員などにも授業を公開し、講演・分科会で意見交換して研究する企画です。

習志野市立の各小中学校や幼稚園が「自主的」に開催しているそうですが、習志野市教育委員会の自慢の一つです。

私は専門学校教員の出身であり、授業研究はとても大切と考えています。特に初等中等教育の段階では集団的な研究・交流は重要と感じます。

ただし、習志野市の公開研究会は、企画・スケジュール調整から授業準備・資料作成、当日の運営まで膨大な労力を投入するため、教員の長時間過重労働の一因となっています。

全国の教育委員会・学校長・教育機関を対象にしたパンフレット・申込書の作成と配布、分厚い指導案の執筆・印刷・製本、来賓を意識した会場設営など、実務的な準備だけでもたいへんです。

授業研究は大切ですが、その準備の多忙のために子ども達に目が行き届かなくなると本末転倒であり、日本共産党は「毎年度実施の見直し」を求めています。

また、建前上は「自主的な研究会」となっていますが、文部科学省の方針に従った授業展開のための研究会であり、習志野市教育委員会で予算計上して実施しています。

ちなみに、公開研究会以外に、教職員組合などが自主的に実行委員会をつくって実施しているのが、先日の「子どもと教育を語るつどい」となります。こちらは保護者・住民の参加する企画にもなっています。
c0236527_12472733.jpg

さて、私が見学した谷津南小学校の公開研究会では、1~2生は「生活科」、3~4年生は「理科」、5~6年生は「社会科」の授業が公開されました。

研究テーマは「子どもの思考力を高める言語活動のあり方~主体的な学びのある授業づくりを通して」でした。午前9時から概要説明、公開授業、全体会、講演、分科会と続き、午後4時くらいまで続きました。私は全体会から参加しました。

講師は千葉大学教育学部附属教員養成開発センター教授の土田雄一さんで、演題は「アクティブラーニングを支える受容的集団作り」でした。

公開研究会の一般的評価は別にして、各先生方は一生懸命に授業を展開し、分科会で発表・議論をしていました。講演や分科会の感想は別の機会にしたいと思います。

午後の講演前、谷津南小学校の子ども達が合唱を演奏してくれました。参加者へのおもてなしとしては、このように子ども達の元気な姿を披露するのが良いですね。先生・児童の皆さん、ありがとうございました。
c0236527_176198.jpg

c0236527_17615100.jpg

ただし、教育委員会には一言。これは特定の学校に限ったことではなく、教育委員会の体質のせいだと思うのですが・・・。

○教育委員・教育長、部課長など管理職が胸に花をつけてズラッと並んでいました。下駄箱も活字で来賓の名前付き。来賓用の昼食・接待用の控室も準備。「研究会なのだから、胸の名札だけで良いだろう」と思いました。

○学校側も参加者側もネクタイ・スーツ姿で参加(私は途中でネクタイを外しました)。外部の参加者がいますから、小ぎれいな格好はした方が良いでしょうが、授業研究が目的なのですから、普段着ていないネクタイ・スーツは必要ないでしょう。

習志野市の公開研究会に対する評価はいろいろあるでしょうが、教育委員会の前近代的な上下関係は払しょくしなければなりませんね。また、見た目を気にしすぎるの考え直した方が良いでしょう。

少なくとも、教育長や管理職側が行き過ぎた接待等を辞退するだけでも、現場教員の一定の負担軽減になるのではないでしょうか。
by takashi_tanioka | 2015-11-17 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
16日、日本共産党市議団は習志野商工会議所と懇談。商工会議所を訪問し、会頭、副会頭、専務理事、事務長と話をしました。

新年度予算要望へ向け、商工会議所が習志野市・千葉県へ出している要望内容、日本共産党が習志野市へ出している要望内容をお互いに紹介し、意見交換をしました。
習志野商工会議所の要望

商工会議所には、商業部会、工業部会、サービス業部会、建設業部会の4部会があります。それぞれの部会から行政への要望を出し合ってまとめているそうです。

私は普段、労働者や零細業者・下請業者が多い団体との交流が多いため、立ち位置や視点の違う意見は勉強になります。建設業に関しては、個別の問題で下請と元請の見解の違いを感じました。

一方で、商工会議所も道路・街灯・公共交通などの改善を求める要望を出しており、住民・消費者の生活環境を守るという視点では一致できる点も多々ありました。

男女共同参画、女性や子育て世代が働きやすい職場・地域づくりについても、商工会議所・会員企業の取り組みを伺いました。

商工会議所との懇談会は5年ぶり。今回で4回目です。今後は、できるだけ毎年懇談し、意見交換をしていきたいと思います。

c0236527_913279.jpg

10月10日~11月23日の期間、JR津田沼駅周辺で津田沼ミラクル2015が行なわれています。

「商店会×大型店×大学×電鉄会社×商工会議所の『奇跡(ミラクル)の連携(コラボ)』」とのことで、習志野商工会議所も力を入れている企画です。

快速停車する津田沼駅の利便性をアピールしたいというもので、幕張メッセが会場となる東京オリンピックでの集客も視野に入れているそうです。

実は、私は先週までこの企画を意識しておらず、「津田沼ミラクルパスポート」を利用していませんでした。上の写真がパスポートを兼ねたチラシで、参加店舗・大学などに置かれているそうです。

薦められて使ってみると、各サービス店舗でちょっとしたサービス(ドリンクや一品など)を受けられ、「もっと早くから使っていれば良かった」と後悔しました。

子ども達も1枚ずつ利用できますから、家族で津田沼駅周辺へ行った際には、わが家の場合、最大5人分のサービスが受けられます。市後援の域振興なのだから、保育所・幼稚園や学校で配っても良いのではないかと、個人的には思います。

津田沼ミラクルパスポート 参加店舗一覧表

子どもが喜ぶ「ご当地キャラスタンプラリー(賞品あり)」もあります。皆さん、利用してみてください。
by takashi_tanioka | 2015-11-16 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
14日~15日、第48回農業祭と第46回ガスフェスタが開催されました。健康フェア、消防・救急フェアも同時開催でした。新庁舎建設のため、昨年までの市役所前グラウンド・体育館は使えなくなり、袖ケ浦体育館・運動公園が主要な会場となりました。

私は14日に、家族といっしょに行きました。残念ながら雨模様だったため、屋内のガスフェスタを中心に見てまわりました。昨年よりもずいぶんと大きな会場となりました。
c0236527_16394642.jpg

ガスフェスタは習志野市企業局主催です。「マイナス162℃の世界」など、子ども向けの実験コーナーもあります。長男は「燃料電池」の実験にはまっていました。
c0236527_16435013.jpg

長男・長女が毎回くる「落書きコーナー」。発泡スチロールのボールに自由に色を塗りました。
c0236527_16454121.jpg

習志野市平和基金のコーナーもあります。習志野市平和市民団表団の中高生や被爆者の方々が募金を呼びかけていました。長男・長女・次男も一人ずつを募金しました。
c0236527_16483193.jpg

農業祭では、農家の方々の模擬店で、長男は金魚すくい、長女はボックスくじをしました。
c0236527_16493983.jpg

by takashi_tanioka | 2015-11-15 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
習志野市役所の新庁舎建設工事(清水建設株式会社が受注)について、くい打ちの計画に問題が生じてしまい、工事変更・事業費増大となることが市議会議員に説明されました。
c0236527_23591299.jpg

市議会議員に説明された主な内容は、以下の通りです。宮本泰介市長は、このことを市役所HP等で市民に公表しておらず、報道発表もしていません。

〔工事変更の概要〕
新庁舎建設にあたり、構造物の基礎を支持させる杭支持力について、実施設計段階において、想定した杭の支持層では十分な杭支持力が得られない箇所が確認されたため、一部の杭について、杭の長さ及び杭先端径を変更することにより、十分な杭支持力を得ることとするため、契約変更を行うものです。

〔工事変更の内容〕
杭の長さの変更:15本 設計地盤から-28.4mを-35.2mへ変更(約7m延長)

杭先端径の変更:36本 2.4mを2.8mへ変更:21本 2.2mを2.6mへ変更:15本(約40cm大きく)

〔事業費の増加額〕
3799万5千円の増加

「実施設計段階で追加の地盤調査を実施したところ、基本設計で行った地盤調査により想定した杭の支持層では十分な杭支持力が得られない箇所が複数確認されたため、契約変更(工事変更・事業費増加)が必要になった」というのが市当局の説明です。
c0236527_1292411.jpg

旭化成建材によるくい打ちデータの改ざんとは異なり、実施設計段階での工事変更は一般的に生じるものだそうです。

しかし今、くい打ちデータの不正が社会問題になっています。習志野市の新庁舎建設でも、調査不足、データ改ざん、ミスなどの問題は本当になかったのか精査が必要です。新庁舎建設費が4千万円近く増大することも問題です。

市民の代表である市議会は、市長・行政当局や設計者・施工者に問題はなかったのか、厳しくチェックしなければなりません。ところが今回、宮本泰介市長は2つの非民主的な動きをしています。

①当初、市長与党の議員にだけこっそり説明
新庁舎のくい打ち問題(工事変更・事業費増大)を市長与党の一部会派にだけ説明していました。その後、市長野党の一部議員がこの動きに気づいたためか、あわてて野党系会派の会派代表を呼んで説明しています。他の市民には公表していません。

②工事変更の議案を市長提案し、即日採決のスケジュール案
賛否が分かれる新庁舎建設の事業費増大の議案であるだけでなく、社会問題となっているくい打ち問題での工事変更であるにもかかわらず、工事変更・事業費増大の補正予算について、12月議会初日に市長が提案し、即日採決(先議)するつもりのようです。予算委員会での慎重審議を無視するスケジュールです。

通常、事業費増大による契約変更をする場合、次のようなスケジュールとなります。
①補正予算(事業費増大)の議案提案→②予算委員会→③本会議採決→④仮契約→⑤本契約の議案提案→⑥所管委員会→⑦本会議採決→⑧本契約 (通常、⑤以降は次期定例会となる)

これをみればわかるように、各議員が賛否を決めるとき、「補正予算賛成=本契約賛成」とならなければ矛盾した態度となります。よって、細かい議案審査の中心は、補正予算案を審査する予算委員会となるはずです。そうしなければ、安易に賛否を決められません。

ところが、宮本泰介市長は、②の予算委員会を無視したスケジュール(委員会付託をしない=先議)を想定しているようです。

契約変更が必要な事例なのかもしれませんが、本当にやむを得ない契約変更なのか、基本設計段階での調査不足はなかったのか、受注業者の不正・ミスはなかったのか、賛否を採決する前に精査すべきことはたくさんあります。

◎議会による行政のチェック機能を軽視・・・多数決で即可決は市長の傲慢

詳細な質疑をする委員会審査をやらず、市長提案の直後に即日採決するのは、くい打ち問題・事業費増大に対する市民の関心の高さ、賛否両論などを考えれば、もってのほかです。

「契約変更が遅れると、工期が長引く」と市当局は主張していますが、そもそもこうなったのは、宮本市長・行政当局の責任であって、採決を急かすのは筋違いです。「市長与党が議会過半数を握っているから、多数決で通してしまえ」という傲慢な態度のあらわれです。

また、契約変更(①~⑧の手順)を急がなければならないのであれば、臨時議会の招集、または12月議会の会期延長をすればすむことです。「臨時議会は開きたくない」「会期延長は嫌だな~」と言う議員がいるとすれば、それは職務怠慢ではないでしょうか。

正式な議案(工事変更・事業費増大の予算案)は、17日開催の議会運営委員会にならなければ配布されません。この日の議会運営委員会で「即日採決」または「委員会付託」が決められます。日本共産党は議案の慎重審議を要求し、予算委員会なしの即日採決に反対します。

現時点で、市議会議員へ配布されている資料です。すみませんが、これ以上は鮮明な画像をアップロードできません。資料(原本)をご覧になりたい方はご連絡ください。
c0236527_1293961.jpg


c0236527_1354532.jpg


c0236527_136117.jpg


c0236527_1361956.jpg


社会問題となっているくい打ち不正について、「しんぶん赤旗 日曜版」11月15日号の1面にスクープ記事が掲載されています。「日曜版」の記事はインターネットで公開されていないため、ぜひ購入して読んでみてください。

しんぶん赤旗 日曜版11月15日号「マンションくい不正・現場作業員告発『工法も問題だった』~元請けや売り主、国の責任は重大」

マンション偽装、なぜ見抜けなかったか-国・行政の責任重大(しんぶん赤旗HP)
by takashi_tanioka | 2015-11-13 23:40 | 公共施設再生 | Comments(0)
13日朝、向山小学校の通級指導教室へ長男を送迎。その後、あゆもう会(習志野市の小学校、自閉症・情緒障害特別支援学級ならびに通級指導教室在籍児保護者の会)の第3回家庭教育学級に出るために習志野市総合教育センターへ向かいました。

講師は習志野市ひまわり発達相談センターの主任指導員(言語聴覚士)の内村幸輔さんで、テーマは「こだわりについて-こだわりにはいろいろあるよ」でした。

発達障害の子どもによくみられるのが「こだわり」です。長男への対応で、私も困ってしまうことが時々あります。

「こだわりがあること自体が悪いこと、困ったことではない」が、「不適応になるこだわり」として「周囲が巻き込まれてしまう」ケースでは「こだわりを自己完結できず、問題が拡大する」との説明に、なるほどと思いました。

こだわりを理解して支えるために、こだわりの背景、こだわりの特徴、こだわりとの付き合いかたなどをていねいに説明してもらいました。わかりやすく、今後の子育てのヒントになる話がいろいろとあり、勉強になりました。

こだわりは、発達障害に限らず、子どもから大人まで誰もにみられることです。こだわりが生じる背景を知っておくと、上手な人間関係をつくるのにも役立つと感じました。

c0236527_235142.jpg

さて、総合教育センターへ行くと楽しみなのが、1階ロビーの郷土資料コーナーの企画展示です。現在は、企画展「ドイツ兵士と習志野-習志野俘虜収容所開設100年」が展示されています。
c0236527_23522568.jpg


小企画展「ドイツ兵士と習志野」のお知らせ(習志野市HP)
by takashi_tanioka | 2015-11-13 23:30 | 子育て・家族 | Comments(1)
このところ、2歳10か月となった次男が会話できるようになりました。ズボンや靴下も一人ではけるようになった点では楽になりましたが、一方で乱暴者になり、かなり困っています。

手裏剣戦隊ニンニンジャーが大好きで、「キンキンジャーみる~」(ニンニンと言えない)と言っては録画を見ています。たまに「出発進行!ガタンゴトン~」とも言っているので、烈車戦隊トッキュウジャーとの混同もみられます。
c0236527_19194864.jpg

先日、そのテレビに次男がおもちゃを投げつけ、液晶画面が割れてしまいました。さらにニンニンジャーを見ながら、画面を手で押したり、おもちゃの剣でたたいたりするので、画面が半分近く映らなくなりました。

本人は怪人とたたかっているつもりなのでしょうが、こちらとしては迷惑なばかりです。叱ってもなかなかやめず、画面が半分しか見れなくてもケロッとしています。
c0236527_19201083.jpg

すぐに新しいテレビを買うわけにもいかず、次男を除く家族みんな、この状態で1か月間がまんしました。修理すると割高なので、結局は1台買うことになりそうです。とほほです。

12日は、党議員団会議や党市委員会など。予算要望のまとめや12月議会の準備、2000万人署名の取り組みなどを話し合いました。
by takashi_tanioka | 2015-11-12 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
c0236527_2293560.jpg11日、千葉県後期高齢者医療広域連合の定例議会の議案質疑・一般質問・討論の準備で頭を悩ませました。

「姥捨て山」と呼ばれる制度の存続を前提に、その制度の改善を要求したり提案したりするのはたいへんです。

広域連合議会の議案質疑・一般質問の通告は、議案提案される定例会の1週間前(土日・祭日を除く5日前)まで。賛成・反対の討論の通告は5日前(土日・祭日を除く3日前)までです。

全員協議会・議案説明会での概要説明と議案書等だけで質問・討論の準備をするのはしんどいです。広域連合事務所は千葉市内にあるので、市議会のように職員を呼んで詳細をヒアリングするのは難しいです。

今回は、特別会計決算認定について質疑・討論を予定しています。一般質問は、全国広域連合協議会の要望書、千葉県広域連合の有識者懇談会の資料等をもとに考えています。

インターネットで調べてみたら、佐賀県広域連合が全国広域連合協議会の会議録・資料・要望書などを公開していました。参考になり、助かっています。

懇談会の資料(千葉県広域連合HP)

全国後期高齢者医療広域連合協議会の資料(佐賀県広域連合HP)
by takashi_tanioka | 2015-11-11 23:30 | 広域連合議会 | Comments(0)
10日、習志野市議会議員団研修として、千葉工業大学東京スカイツリータウンキャンパスの視察をしました。21人の議員が参加しました。

千葉工業大学東京スカイツリータウンキャンパスのウェブページに、施設概要が掲載されています。
こちら

まずは、300インチ3D宇宙シアター「宇宙138億年の旅 地球そして生命」を全員でみた後、展示コーナーをまわりました。
c0236527_2513323.jpg

c0236527_2515120.jpg

私が最も関心をもったのは「魔法のカード ON THE FLY PAPER」でした。「ただの紙のカードがあたかもタブレットコンピューターに早変わり」との説明です。
c0236527_2554473.jpg

火星探査計画を考えているそうで、火星探査船操縦シミュレーターがありました。
c0236527_2584983.jpg

アニメ「マクロスF」に登場するメカ「バルキリーVF-25F」の実物大モデルも展示されていました。これは趣味の世界ですね。
c0236527_363383.jpg

約4億5千万年前の隕石でつくった日本刀「天鉄刀」です。人類が最初に出会った鉄は鉄隕石だったそうで、鉄の隕石の実物をみて「なるほど」と思いました。
c0236527_395884.jpg

習志野市内の千葉工業大学で世界最先端の研究がされていることがわかり、勉強になりました。科学技術の発展は応援するものですが、軍事可能研究の動きには注意が必要でしょう。

東京スカイツリーの天望デッキへ
by takashi_tanioka | 2015-11-10 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
8日、第48回 習志野八千代・子どもと教育を語るつどいが津田沼小学校で開催されました。子育てや授業の進め方など子どもの問題を考える集会です。私は今年も学童保育保護者(市連協)として参加しました。

津田沼小学校5年生の合唱でスタート。午前の講演会(全体会)のテーマは「子どもにつけたい学力」で、講師は都留文科大学教授の田中昌弥さんでした。私は長男をサッカーへ送り出し、講演会の途中から参加しました。
c0236527_10505410.jpg

昼食後、音楽で手をつなごうプロジェクトの4名(習志野市在住)による「ソーラン節」の演奏。障がいのある人もそうでない人も音楽を通じて一つになれるようにという思いを込めて発足したプロジェクトです。日韓国交正常化50周年の今年、両国の演奏者が互いの国を訪れて交流コンサートをしました。
c0236527_1051987.jpg

続いて、千葉朝鮮初中級学校の4~6年生全員が「響け!ぼくらの歌」を演奏しました。音楽で手をつなごうプロジェクトのメンバーも共演しました。
c0236527_10512947.jpg

全体会の最後は、プロマジシャンLiLeeによるマジックショー。私はビデオ撮影を手伝いました。
c0236527_10514619.jpg

午後の分科会は、長女と妻が第8分科会「マジック教室」に参加。私は次男を連れて、第1分科会「語って磨こう!! 教師力」に参加しました。

第1分科会は、大東文化大学准教授の渡辺恵津子さんが講師。渡辺先生による算数の模擬授業を見学した後、意見交換をしました。

私は今年、習志野市教育委員会の公開研究会を見学する予定です。このつどいの分科会で学んだことは、授業研究の方法について考える一助にしたいと思います。
by takashi_tanioka | 2015-11-08 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
7日、習志野市日本共産党後援会主催のバスツアー(日帰り旅行)。妻は仕事だったため、子ども3人と祖母といっしょに参加しました。

今年は茨城県へ。笠間稲荷神社(笠間市)予科練平和記念館(阿見町)が中心でした。

まずは、笠間芸術の森公園へ行き、笠間工芸の丘の周辺を散策しました。子ども達は市川寿子前議員に遊んでもらい、楽しんでいました。
c0236527_8355065.jpg

石井栄・笠間市議の案内で、笠間つつじ公園の展望台へ。故・坂本九さんが戦時中に疎開していた家(九ちゃんの家)の横を通りました。
c0236527_8361289.jpg

笠間つつじ公園には「座頭市の碑」があります。時代劇で有名な座頭市は笠間出身の設定だったと初めて知りました。
c0236527_8363911.jpg

笠間稲荷神社は日本三大稲荷の一つ。「菊まつり」を中心にまわりました。境内では「示現流奉納奉告祭」の演武もしていました。真剣による演武を子ども達は興味深く観ていました。

笠間稲荷美術館の「藤田忠夫遺作展~シルクロードの旅」に長男が興味をもったので、二人でいっしょに観ました。
c0236527_83714.jpg

c0236527_8372119.jpg

神社前の笹目宗兵衛商店で一休み。「二波山 松緑」の銘柄で酒造りをしており、笠間稲荷神社の御神酒となっています。長男が甘酒を飲みました。
c0236527_8374216.jpg

午後は、予科練平和記念館へ。1939年に海軍飛行予科練習部(予科練)が神奈川県横須賀から阿見町へ移転し、全国の予科練教育・訓練の中心的役割を担いました。
c0236527_8382514.jpg

今回の旅行には、軍隊教育の研究者である高野邦夫さんが同行し、予科練や特攻隊について説明をしていただきました。著書に「軍隊教育と国民教育-帝国陸海軍軍学校の研究」や「天皇制国家の教育論-教学刷新評議会の研究」などがあります。

予科練平和記念館は、特攻隊や侵略戦争などを特に美化することなく、予科練の資料を展示していました。戦前の軍隊教育と軍隊生活の一端をみることができます。
c0236527_8385268.jpg

隣接する陸上自衛隊土浦駐屯地武器学校の「雄翔館」も高野さんに案内してもらいましたが、私は子ども達の面倒をみていて行けませんでした。

究極の特攻兵器・・・人間爆弾「桜花」
by takashi_tanioka | 2015-11-07 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka