谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

c0236527_894656.jpg

30日、午前10時に6月議会(平成28年第2回定例会)が開会。市長から議案6件の提案理由の説明がありました。

久しぶりに議案が少なく、補正予算案が出ない定例議会です。以前の習志野市議会では、3月議会で当初予算を含む重要議案が審議され、6月議会は議案が少ないというのが通例でした。

東日本大震災(2011年)直後の6月議会から補正予算を含む議案の多い定例議会となりました。それが以前の状況に戻ってきたようです。

こども部長が先日亡くなったため、議場の執行部席には次長が着席しました。部長職は当面、諏訪晴信副市長の事務取扱いとなりました。

議会中継(新)

前日までに提出された請願・陳情36件が議員に配布されました。一人で多数の陳情を提出している人がおり、これを口実に陳情全体の制限を考えている議員もいるようです。注意が必要です。
by takashi_tanioka | 2016-05-30 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
29日、マンション管理組合・自主防災会の総会が開催されました。私は、長男をサッカー練習に送り出した後、議会準備の打ち合わせで出かけたため、15分ほど遅れて参加しました。

昨年度よりも議案は少なかったですが、いつもながら出席率が高い総会でした。

専有部給排水管の更生・更新工事は、今年度の総会でも議論になりました。このほか、高齢者の増加による共用部分バリアフリー化の必要、自動火災報知機設備の更新など、築年数が経ってくると様々な課題が出てきます。

管理組合総会は2時間弱で終了。その後の自主防災会総会は、所用のため、委任状を提出して帰りました。
c0236527_805114.jpg

by takashi_tanioka | 2016-05-29 23:30 | 地域活動 | Comments(0)
c0236527_7445949.jpgc0236527_7451567.jpg28日、谷津南小学校の運動会に参加。午前の開会式から応援合戦まで来賓席に座り、それ以外は保護者として参加しました。

長女は小学校初めての運動会です。はりきっていました。

1~3年生の紅白リレーでは、長男(白組)は3年連続で選手になりました。そして驚いたことに、長女(赤組)も1年生の選手になり、兄・妹で紅白に分かれ、競い合いました。

各学年の徒競走でも、長男と長女は1位になりました。私自身は運動音痴。ハンドボールの選手だった父(祖父)に似たのな・・・?

徒歩で市内を横断する妻といっしょに幼児期から何kmも歩きまわり、足腰が鍛えられたのかも知れません。ダンスでの長男のリズム感の無さは、私に似たのだと思います。

私の方は、朝の新聞配達の後に続けて参加。次男を連れて観ていましたが、午後3時頃に力尽きてしまい、次男といっしょにテントで熟睡してしまいました。
by takashi_tanioka | 2016-05-28 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
c0236527_8242273.jpg27日、日本共産党市議団は子どもと教科書習志野ネットの方々と懇談しました。千葉県では、教科書と教育を考える千葉県民の会も結成されています。

新年度予算要望へ向けた懇談でしたが、教科書問題の場合、予算編成の内容よりも教育行政のあり方が問われることになります。

懸念されているのが「道徳」の教科化です。文部科学省は、戦前の「修身」にあたるものとして「道徳」の教科化を進めています。どのような教科書が作成されるのか、注意が必要です。

いじめ問題など身近な問題を「道徳」の授業で取り上げたら、教育委員会から「内容は良かったけど、文部科学省作成の教材から外れている」と注意された例があるそうです。国・文部科学省好みの授業が押しつけられる危険があります。

教科になると、子ども達は「道徳」の成績をつけられることになります。何を基準に点数がつけられるのかも問題です。

そもそも、市民道徳は国・文部科学省が指導して教えるものではなく、子ども達に点数をつけることもできません。

道徳教育-個人の尊厳を基礎にしてこそ(日本共産党HP)

午後は、党市議団主催の無料法律相談会。終了後、条件付採用の公務員の分限免職の裁判例など、弁護士に相談し意見交換をしました。6月議会における他の課題も党議員団会議で協議しました。

夕方、習志野市こども部長の葬儀(通夜)に参列しました。

生涯学習部長も務めてきた方で、図書館、公民館、学童保育、保育所、幼稚園、こども園など、多くの課題について議会で質問・答弁のやりとりをしてきました。一保護者としても、お世話になりました。

様々な意見の対立はありましたが、紳士的に対応していただき、質問にていねいに答えていただきました。50歳代という若すぎる死去は悲しいことです。
by takashi_tanioka | 2016-05-27 23:40 | 議員活動 | Comments(0)
27日午前、長男の通級指導教室の送迎をした後、習志野市手をつなぐ育成会の総会に来賓出席しました。

私は以前から賛助会員になっていましたが、新たに荒原ちえみ議員も賛助会員になりました。昨年の総会今年の新年会と半年ごとにお誘いがきます。
c0236527_2326946.jpg

手をつなぐ育成会は、知的障がい者の親の会です。1952年、3人のお母さんが知的な障害のあるわが子の幸せを願い、教育、福祉、就労などの施策の整備、充実を求めて、仲間の親・関係者・市民の皆さんに呼びかけたことをきっかけに発足。その後、全国に広がりました。習志野市では、通算58回目、NPO法人となってから5回目の定期総会です。

全国手をつなぐ育成会連合会HP

千葉県手をつなぐ育成会HP

理事長が体調不良のため、副理事長が代理であいさつ。「今年は歴史に残る年」ということで、①心が通うまちづくり条例(習志野市手話、点字等の利用を進めて、障がいのある人もない人も絆を深め、互いに心を通わせるまちづくり条例)の施行、②障害者差別解消法(障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)の施行が挙げられました。

障害者差別解消法には「合理的配慮」が盛り込まれました。あいさつでは「合理的配慮が成立するためには、配慮を必要とする本人の意思表明が必要。知的障がい者は自らの意思表明が難しいので、家族や介助者の役割が重要になる」という課題が話されました。そのための支援制度が県育成会で紹介されているそうです。

合理的配慮は、障がいの特性や社会的障壁の除去が求められる具体的場面や状況に応じて異なります。下記HPが参考になります。

合理的配慮等具体例データ集(内閣府HP)

副理事長からは、昨年の12月議会で「障がい者の福祉施設(住居・通所等)に関する陳情」が全会一致で可決したのもうれしかったとの話がありました。そして、「障がい者用グループホーム・ショートステイ」が盛り込まれた総合福祉センター再整備事業基本構想計画が策定されました。

来賓としては、市長代理(健康福祉部長)、市議会議長、県育成会会長があいさつをしました。県育成会会長によると、上記のグループホーム・ショートステイの整備は県内で注目されているそうです。
c0236527_23265362.jpg

by takashi_tanioka | 2016-05-27 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
c0236527_622758.jpg26日、朝はJR津田沼駅南口で活動報告。その後、次男の保育参観へ行きました。

今年は妻が通しで参加し、私は途中1時間程度の参加でした。昨年は変装して観ましたが、今年は3歳児クラスとなり、普通に観ました。

普段は保育所での生活はよくわかりませんが、見せていただくと、子どもの自宅での様子と同じところ、違うところがわかり、参考になります。

次男の場合、夢中になると走り出して止まらないところが自宅と同じで、「保育所でも同じなのか・・・」と思いました。体が大きくなると止めるのがたいへん。こちらも40歳代後半になると、体力がなかなかもちません。

外遊びではダンゴムシ集めが大好きです。保育参観では気が散るといけないので、写真を撮りませんでした。上の写真は、小学校の運動会での様子です。

帰ってきてからは、議会準備と党内会議。4日後には6月議会が開会、1か月後は参議院選挙で、二重三重にたいへんとなります。
by takashi_tanioka | 2016-05-26 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
25日、朝は谷津干潟から若松交差点に向かう道で、議会報告を配布しました。写真は谷津干潟です。満潮から少し後の様子です。
c0236527_0595349.jpg

国道357号・若松交差点の横断歩道橋ができてから、交差点を自転車で横切る人はゼロになりました。
c0236527_0592384.jpg


その後、党後援会の方々といっしょに夕方まで街頭演説をしてまわりました。主に津田沼・藤崎地域で、「立憲主義、民主主義、平和主義を取り戻そう」「野党共闘で安倍政権を退陣に追い込もう」と訴えました。
c0236527_102278.jpg

ほとんど一日、街頭宣伝・街頭演説をしていました。夕方は党市委員会事務所で打ち合わせをした後、保育所へ次男を迎えに行きました。
by takashi_tanioka | 2016-05-25 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_7331595.jpg24日、党議員団会議で6月議会の準備。その後、夕方から「安保法廃止!オール千葉」の街頭宣伝に参加するために千葉市へ向かいました。

習志野市憲法共同センター・習志野革新懇の定例宣伝は都合がつかず、参加できませんでした。

JR千葉駅前で宣伝。県内各地から集まった個人・団体などが、戦争法の廃止を求める統一署名、リレートーク、チラシ配布に取り組みました。戦争はいやだ!オール習志野行動からは4名が参加しました。

民進党、日本共産党、社会民主党、生活の党の野党4党の代表も参加。マイクを握って、立憲主義・民主主義・平和主義の回復を訴えました。

安保関連法に反対するママの会@ちばのママさんも訴えました。
c0236527_733329.jpg

若手の弁護士さんも訴えました。
c0236527_7335211.jpg

終了後は、習志野市からの参加者どうしでちょっと懇親。私はノンアルコールでお付き合いし、いろいろと意見交換しました。
c0236527_7355947.jpg

by takashi_tanioka | 2016-05-24 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
c0236527_634063.jpg23日夜、習志野市学童保育連絡協議会(市連協)と習志野市生涯学習部の意見交換会。学童保育(放課後児童会)の民間委託の導入が主な内容でした。

民間委託の導入検討の説明-習志野市学童保育連絡協議会の総会(4月17日)

習志野市が「平成29年度導入に向けて民間委託を検討する」と表明。委託導入となれば、いくつかの児童会の運営が来年4月から民間事業者に任されることになります。

習志野市子ども・子育て支援事業計画や習志野市教育基本計画には「民間委託」の記載はまったくありません。保護者代表が参加する習志野市子ども・子育て会議でもまったく検討されていません。

意見交換会では、生涯学習部青少年課長が「民間委託の目的は、放課後児童支援員の確保による児童会の長期的に安定した運営にある」「市で定めた支援員数を不足なく配置することが可能になる」「民間委託の対象になった児童会に現在働いている支援員を、不足が生じている児童会へまわせる」と説明しました。

しかし、民間委託によって支援員不足が解消できるのかどうかは疑問です。支援員不足が生じる主な原因は、習志野市の支援員の賃金・待遇が近隣自治体と比べて低いことにあります。民間事業者に委託したとしても、支援員の応募が増えるとは考えにくいです。

意見交換会では、保育の質にかかわる問題も議論されました。民間委託された児童会の支援員に対し、市は直接命令権をもっていません。保育内容でトラブルが生じた場合、その発見や解決が遅れる恐れがあります。市の研修会への参加もできず、委託先の研修の頻度はわかりません。

このほか、児童会の運営や改善に向けた保護者と支援員の従来の協力関係が保てるのかもわかりません。大規模災害時の対応も市直営と同様にできるのか、民間事業者への引き継ぎ期間が十分とれるのかも疑問です。

そもそも、習志野市には保育の質を守るためのガイドラインがありません。そのようななか、民間事業者に運営を委託して、質を担保できるのか疑問です。

千葉県学童保育連絡協議会の副会長も意見交換会に出席。他の自治体における民間委託の失敗例を紹介しましたが、これらを習志野市が十分調査しているのかも疑問に残りました。

平成29年度(来年4月)からの委託導入となれば、新年度予算編成が始まる今年夏には市役所内で結論が出されることになります。

委託導入の場合、対象となる児童会も内定すると考えられますが、習志野市は事業者選定への保護者参加も認めていません。

このように保護者の合意を得ないまま、民間委託へ向けた動きを一方的に進めていくのは問題です。意見交換会の後、保護者・市連協としてどのような要望を出すのか検討していくことになります。
by takashi_tanioka | 2016-05-23 23:40 | 子育て・家族 | Comments(0)
23日朝、京成谷津駅で活動報告。その後、午前中は議会準備を進め、午後1時30分から議案勉強会・重要事項説明に出ました。

提案予定の6議案の説明がありました。久しぶりに議案が少ない6月議会です。6月議会で補正予算案が出ないのも数年ぶりです。

重要事項として、放置自転車の条例改正、総合福祉センター再整備事業、B型肝炎予防接種の早期開始、四市第2斎場、学校給食センターPFI、給水場建設工事の総合評価落札方式が説明されました。
c0236527_2245177.jpg

四市複合事務組合の(仮称)第2斎場については、建設予定地の茜浜衛生処理場の解体を、習志野市ではなく、四市組合で実施することが説明されました。
c0236527_2262437.jpg

また、斎場への安全な出入りをするために進入路を整備し、自動車の動線を変えることが説明されました。
c0236527_2255429.jpg

by takashi_tanioka | 2016-05-23 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka