谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

29日、所用で谷津小学校へ。仮囲い外側から一時校舎(仮設校舎)の建設現場を視ました。基礎工事が進んでいます。
c0236527_7101528.jpg

29日午前は、議会運営委員会。市外からの議会陳情の取り扱いが議題で、日本共産党からは入沢俊行議員が出席しました。結局、「市外からの陳情は委員会付託をしない」というのが多数意見だったようです。

午後は、会派代表者会議。議長立候補制が議題で、日本共産党からは私が出席しました。一般に「議長立候補制」と呼ばれますが、地方自治法等に立候補制の規定はありません。

厳密に言えば「議長候補の所信表明の実施」であり、所信表明をするかしないかは本人の判断です。千葉市議会などでは本会議の休憩中に実施されており、条例の制定はしていません。

この日は、千葉市議会等の申し合わせ事項を参考に、推薦者の人数、所信表明の時間、申出書の届出先、インターネット中継の有無、質疑の有無、会議録への掲載などを協議しました。習志野市議会も「本会議の休憩中の実施」という方向です。
by takashi_tanioka | 2016-07-29 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
日本共産党習志野市議団は毎年、原水爆禁止世界大会の千葉県代表団に加わり、世界大会に参加しています。今年は、私が広島市での世界大会に参加することになりました。
c0236527_1202921.jpg

c0236527_1204756.jpg

運動への理解と協力を拡げるために、学習パンフを購入してもらったり、大会カンパに協力してもらったりしています。

28日、千葉県代表団の結団式がありました。被爆直後の広島市内へ父親を捜しに行った方(当時は子ども)の話を聴きました。約100名の人が千葉県代表団として世界大会に参加します。
c0236527_1223321.jpg


原水爆禁止2016年世界大会の成功めざす運動(原水協HP)
by takashi_tanioka | 2016-07-28 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
東京都知事選挙の投票日が迫ってきました。

核武装を主張し、改憲右翼団体「日本会議」系議員連盟に属する候補の「優勢」が報道されるなか、護憲派である鳥越俊太郎さんを応援しようという声が強まってきました。

安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合は、7月16日に「野党統一候補・鳥越俊太郎氏と市民がつくる都政の実現へ」を発表し、19日に政策提言を行ないました。

習志野市でも、無党派の市民運動に長年取り組んできた竹川未喜男さん(三番瀬再生会議・元委員)から「鳥越支援の電話大作戦を」の呼びかけが送られてきました。了解を得て、その一部を紹介します。

改憲阻止、都政民主化、弱者救済のために

皆さまへ。東京の親戚、同窓、知人、友人に思い切って3人、5人と電話をかけようではないですか。日本会議の力を見くびってはなりません。表に出ないからです。相手はウルトラ右翼です。絶対油断はできません。

市民団体「戦争はいやだ!オール習志野行動」のブログでも、改憲右翼候補の危険性、鳥越候補への異常なネガティブキャンペーンを指摘する記事が掲載されています。

24日には、日本共産党中央委員会・東京都委員会から、声明「東京都知事選大激戦 鳥越勝利へ緊急に訴えます」が出されました。全文を掲載します。

東京都知事選挙は残すところ1週間となりました。

選挙戦は、3人の有力候補者がしのぎを削る大激戦、大接戦のまま終盤をむかえました。広範な都民のなかに鳥越俊太郎候補への期待が広がる一方、週刊誌を使った事実無根の卑劣な選挙妨害などなりふり構わぬ攻撃もおこなわれています。

今度の都知事選挙は、都民のくらしと福祉がかかっていることはもちろんですが、日本の首都のリーダーに、憲法を守る人を選ぶのか、改憲賛成の人を選ぶのかが問われています。

日本共産党、民進党、生活の党、社民党が推薦する鳥越候補は、「人権・平和・憲法を守る東京」をかかげ、改憲の流れを止めようと全力でたたかっています。

前自民党衆院議員の女性候補は、9条改悪を中心にした「自主憲法制定」を一貫して主張。「核武装の選択肢は十分ありうる」(『VOICE』2003年3月号)などと述べ、閣僚時代には靖国参拝も繰り返した超タカ派です。

元岩手県知事の候補は、憲法問題には口をつぐんでいますが、9条を壊し「国防軍」創設など危険な改憲草案を出している自民党の推薦を受けています。

鳥越都知事を誕生させることができれば、都民のくらしと福祉の願いを実現する道が開かれるとともに、安倍政権の改憲の狙いに厳しい審判をくだすことになり、日本の政治の行方に大きな影響を与えます。

最終盤にあたり、日本の政治と都政の転換をはかるこの歴史的チャンスをいかすために、全国のみなさんのさらなるご支援・ご協力を心からお願いします。

私も、26日朝に京成谷津駅で、27日朝にJR津田沼駅で、鳥越俊太郎さんの支持拡大を訴えるチラシを配布しました。
c0236527_8302965.jpg

c0236527_12483619.jpg

JR津田沼駅では、津田沼革新懇(国税OB千葉革新懇)もハンドマイクで訴え、東京通勤者へチラシを配布していました。
c0236527_8305852.jpg

各種の政策や資料が、日本共産党HPにも掲載されています。下記リンクをご覧ください。

鳥越俊太郎さんと一緒に東京を変えよう!(日本共産党HP)


「統一戦線」と「野党共闘」を考える
by takashi_tanioka | 2016-07-27 23:30 | 県政・国政 | Comments(0)
23日~24日、長男の少年サッカー(向山イレブンSC)の4ブロック2次リーグの試合。船橋市と習志野市のチームが対象です。

23日、飯満山南小学校で試合。長男は体調不良で欠席でしたが、私は送迎のために子ども達とコーチを自動車に乗せて行き、観戦しました。船橋JYSと対戦しました。
c0236527_725465.jpg


24日、谷津南小学校で試合。保護者で分担して準備をしました。藤崎SCホワイト、東習志野FCホワイトと対戦しました。
c0236527_7291981.jpg

長男も体調を整えて試合に参加。赤いユニフォーム(試合着)の背番号2番が長男です。
c0236527_7293347.jpg

by takashi_tanioka | 2016-07-24 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
c0236527_91123.jpg22日~23日、日本共産党千葉県委員会主催の夏季議員研修会。合宿形式でしたが、私は家庭の事情で1日目だけ参加しました。

22日の前半は、浅野ふみ子・参院千葉選挙区候補椎葉かずゆき・参院比例代表候補があいさつをし、党県委員長が「参議院選挙の総括と当面の党活動の重点」について報告をしました。

後半は、千葉県知事選挙に向けた県政政策の学習。党県議団事務局長が「森田県政・2期目-その現状と刷新の方向」という報告をしました。

今週後半は、生活相談や各種会議、資料整理などが中心でした。

党議員団会議では、9月議会の準備を開始。福祉・教育施策の課題のほか、参議院選挙で105票の投票用紙が行方不明になった問題、市職員の条件付採用制度の問題なども取り組むことを検討しています。
by takashi_tanioka | 2016-07-23 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
19日、市役所で所用をすませ、長男の通級指導教室の保護者面談へ。昼から、2016年原水爆禁止国民平和大行進に参加しました。

市役所では、宮本市長の代理として諏訪晴信副市長が行進参加者にあいさつをしました。小学生のとき、広島に住んでいたとの話もありました。

当時の広島市は被爆の跡が残っていた頃で、母親から原爆の惨禍を教えられたそうです。諏訪副市長が広島に住んでいたことを、私は初めて知りました。
c0236527_9462118.jpg

秋津公園の「平和の広場」では、入沢俊行市議が説明をしました。8月6日と9日、ここで習志野市独自の「原爆死没者慰霊及び平和祈念式典」が開催されます。
c0236527_9463727.jpg

私は、谷津公園であいさつをしました。ここから、小学生の長男と長女が参加。JR津田沼駅南口までみんなといっしょに歩いていきました。
c0236527_9465217.jpg

c0236527_9474771.jpg

c0236527_9475919.jpg

昨年と同様、実籾→大久保→市役所→秋津→谷津→JR津田沼駅南口のルートで、習志野市を縦断しました。

通し行進者の木伏さんは、5月に北海道・網走を出発。自らコールを主導したり、周辺の方々に声をかけたりの元気一杯の人で、参加者の方が励まされました。
by takashi_tanioka | 2016-07-19 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
18日、ディズニー映画「ファインディング・ドリー」を家族で観ました。映画「ファインディング・ニモ」の続編です。
c0236527_23121639.jpg

ニモは片方のヒレが小さくて泳ぐのがたいへんという身体的な障がいがあり、ドリーは記憶障がいがあるという設定のようです。

2匹とも、自身の努力と周囲の支援で困難を乗り越え、社会の一員として生活していきます。

5月に観たディズニー映画「ズートピア」には、極めて動作が遅いフラッシュ(ナマケモノ)が、重要な脇役として登場しました。

効率優先の社会では“厄介者”扱いされかねない人(?)を、主人公や重要な脇役に据えている近年のディズニー映画を観ると、どのような意図をもって制作されたのかはわかりませんが、考えさせられます。

ディズニー映画の評価はいろいろありますが、この間は「親子で観て良かった」と思うディズニー映画に恵まれています。
by takashi_tanioka | 2016-07-18 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
c0236527_957826.jpg17日午前、長男のサッカー練習。午後、地元の党支部会議に出席した後、市民まつり「習志野きらっと2016」へ行きました。

党市委員会事務所は会場(市役所周辺)のすぐ近く。次男を連れて行きました。

新庁舎建設のため、この場所での開催は「昨年で最後」と思っていたら、空きスペースをうまく利用して会場を準備していました。関係者の努力には敬服します。

上手に会場を配分していました。連合町会・各種団体のテント(第2会場)をまわったら、市議会議員も多数来ていました。

私は商工会議所のテントで休ませてもらいました。次男は、よそ行きの顏でおとなしくしており、周りの人達から可愛がられていました。
c0236527_9574476.jpg

次男といっしょに各会場をうろうろ。途中から、妻が長男・長女を連れてきましたが、長男・長女は風邪気味だったため、遅くならないうちに帰宅しました。
c0236527_9581724.jpg

c0236527_9583225.jpg

by takashi_tanioka | 2016-07-17 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
16日、あゆもう会(習志野市の小学校、自閉症・情緒障害特別支援学級ならびに通級指導教室在籍児保護者の会)の第2回家庭教育学級に参加しました。

講師は習志野市総合教育センターの小柳茂さんで、テーマは「成長期-子ども達の行動がみえにくくなる-不安に感じる思春期、反抗期の子ども達との向き合い方」でした。

小柳さんは長年、市内の中学校で教員を務めてきました。私は議員になってから、教育委員会事務局でお世話になりました。

私の妻は第六中学校で、小柳先生の社会科の授業を受けたそうです。世界各国の旅行体験を話してくれる先生だったそうです。

校長先生を経て、定年退職後は市内の家庭教育学級で講師を務めており、自らの経験もふまえながら、ていねいにわかりやすくお話をしていただけます。

「『自分は必要とされている』という『自己有用感』を持たせてください」という話は、私の長男にも特に求められているなと思いました。

会場は、新築の実籾コミュニティホール。私は開設記念式典に出席しなかったため、この日初めて中に入りました。
c0236527_2212639.jpg

by takashi_tanioka | 2016-07-16 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
c0236527_1692845.jpg15日、長男の通級指導教室の送迎をして市役所へ。午前10時から議会報編集委員会が開催されました。1会派を除く全会派が出席しました。

議題は、8月1日発行の議会報171号の原稿確認、議会報の駅前配布及び駅設置の分担、市町村議会広報研究会の報告などでした。

議会報の駅頭配布は、8月1日午前7時から1時間程度、JR津田沼駅と京成津田沼駅の予定(雨天中止)です。各駅ご利用の方は、どうぞお受け取りください。
by takashi_tanioka | 2016-07-15 23:40 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka