谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

c0236527_09255238.jpg9月議会の協働経済常任委員会において、「警視抜刀隊の会」の陳情1件が賛成多数で可決されました。

議会最終日の本会議において、議員全員による討論・採決が行なわれました。

被爆者の訴えと、原発推進・民族差別の団体の違い・・・陳情120号の委員会可決は問題!(9月21日)

警視抜刀隊の会と構成員は、朝鮮人や中国人、在日外国人など、アジア諸民族を蔑視・差別する議会陳情を、過去5年間にわたり、乱発してきました。今回も、民族差別・思想差別の陳情4件を提出し、2件が付議されました。

このうち、受理番号120号に公明党・自民党系の議員が賛成し、賛成多数となりました。原文は、習志野市議会HPをご覧ください。
議案一覧、請願・陳情、発議案(平成28年第3回定例会)

〔受理番号120号〕金正恩(きんしょうおん)氏が3代目を世襲した以降、常態化している核実験及び弾道ミサイルの発射(特に最近の潜水艦発射弾道ミサイル)で、わが国は異次元の安全保障環境に置かれるに至った。よって北朝鮮に対する厳重抗議を習志野市議会でも決議するよう強く求める

日本共産党習志野市議団は早い段階から「反対」と考えてきましたが、「日本共産党幹部会の声明(9月9日)と合っているから、賛成すべきではないか」という意見が寄せられたため、再検討しました。その結果、党市議団は、やはり「反対」と判断しました。

「非核三原則の完全実施」と「核兵器廃絶」を明記した習志野市の核兵器廃絶平和都市宣言や、それに基づく習志野市議会の過去の諸決議を後退・変質させる議会陳情であることが、主な反対理由です。なお、反対討論の要旨を下に掲載してあります。

c0236527_09254783.jpg1.習志野市議会の過去の諸決議との違い

習志野市議会は、市長名で核実験への抗議文を出し始める前から、様々な国の核実験に抗議の決議をあげてきました。

1998年以降は、決議文や意見書に「核実験の全面禁止」と「核兵器の廃絶」が明記され、それに反する核実験を行なった国に抗議してきました。

たとえば、インドとパキスタンの核実験が問題となった1998年6月議会では、保守系議員(川崎忠男議員)が提案者となった「核実験の全面禁止と核兵器の廃絶を求める決議」の提案理由と本文に「インド及びパキスタン両国の核実験に対して、強く抗議するとともに、核実験の全面禁止と核兵器の廃絶を求め、決議する」旨が明記されていました。

また、2002年6月議会に「核兵器廃絶国際条約締結を求める意見書」を、2009年12月議会に「非核三原則の法制化を求める意見書」を全会一致で可決しています。

このように、「核実験の全面禁止」「核兵器廃絶国際条約の締結」「非核三原則の法制化」が習志野市議会の基本姿勢であり、「核実験の全面禁止」と「核兵器の廃絶」の要求を明記した多くの決議が、保守・革新の政治的立場を超え、全会一致で可決されてきました。

ところが、警視抜刀隊の会が出した陳情120号は、平和宣言に「非核三原則の完全実施」と「核兵器廃絶」が明記されていない千葉市の決議文の丸写しでした。

「『核兵器廃絶平和都市宣言』を行った県下初の自治体である」という事実関係は書かれていますが、習志野市議会として「核実験の全面禁止」と「核兵器の廃絶」を要求する文章は書かれていません。

これは、習志野市議会が長年築き上げてきた基本姿勢を崩し、「北朝鮮の核実験だけが問題」という決議にしてしまおうと意図するものです。

c0236527_09260682.jpg2.核兵器廃絶とは反対の方向、「安全保障」のためなら日本も核武装をすると主張

警視抜刀隊の会の構成員は、1回目の陳情文(2013年9月議会)で、「非核三原則」に反する主張もしています。以下、核武装に関する文章です。

早晩、北朝鮮は崩壊することになると思いますが、そうなると北朝鮮という地域は、昔のように「中国の属国に戻る」か、あるいは「韓国の手により朝鮮半島が統一される」か、のいずれかの可能性が高いのです。

後者の場合は、我が国が最も恐れる事態「核・弾道ミサイル技術を持った韓国(統一朝鮮)が誕生」してしまうのです。我が国としては、後者の事態だけは絶対に避けなければなりませんが、もしそうなってしまった場合は、安全保障の観点から我が国も、「核武装するしかなくなります」。

幸い、我が国には長年蓄積した原発技術やプルトニウムなどの原料、加えて精度の高い弾道ミサイル技術を持ち合わせています。一説には「3カ月もあれば核爆弾を搭載したミサイルを発射可能な状態にすることができる」とも言われています。

仮想敵国が核兵器を持てば、自国が核兵器を持っても構わないという考えです。この主張は、「アメリカが核兵器を持っているから、北朝鮮も自衛のために核兵器を持つ」と主張する北朝鮮政府と同じ論理です。

日本が核兵器の原料を保有し、弾道ミサイル技術を持っていることを「幸い」なことだと言ってのけ、場合によっては日本も核武装をするというのは、「非核三原則の完全実施」と「核兵器廃絶」を求める習志野市民と被爆者の皆さんの願いに反する許しがたい態度です。

c0236527_09260197.jpg3.「核実験の全面禁止」の決議から、「安全保障・外交政策」の決議へ変質

今回の陳情文は、従来の習志野市議会の抗議文と性格が根本的に異なります。

従来は、その国の内政に踏み込むことなく、その国と日本の外交関係にも関係なく、核実験を行なえば「抗議」してきました。

ところが、警視抜刀隊の会の陳情文と、賛成会派が発議した決議文には、「(拉致問題を初めとした)諸懸案の早急かつ包括的な解決を図る」という、他の外交上の課題を盛り込んでありました。

表題に「核実験」と入っていても、その性格は「核実験の全面禁止」を求める決議から、「安全保障・外交政策」に関する決議へ変質したものとなります。

4.北朝鮮問題を民族差別・在日朝鮮人バッシングに利用

警視抜刀隊の会が出す陳情文には、日本人の誤った優越意識を強調し、韓国人・朝鮮人をはじめとするアジア諸民族をさげすむ文章がたくさん書かれています。

その都度、あの手この手で、在日外国人やアジア諸民族をたたくネタを探し、陳情文に書き込んでいます。

今回の陳情も、表題自体が差別感情を表しています。

在日韓国人による「氏名民族読み訴訟」において、最高裁判決で「氏名を正確に呼称されるのは人格権である」と認められました。日本政府も、マスメディアも、韓国・朝鮮の人名を現地読みしています。

それにも関わらず、警視抜刀隊の会は、陳情の表題で朝鮮の人名にわざと日本語読みのふりがなをふっています。

これは、ただの嫌がらせでしかなく、真面目に他国の政府に抗議する姿勢ではありません。「北朝鮮」の問題を民族差別・在日朝鮮人バッシングの道具として利用しようとする「ヘイト団体」としての本質がみえてきます。

c0236527_09521430.jpg


5.「アメリカの核実験は容認」「北朝鮮の核実験は悪」へ誘導する流れ

「核実験の全面禁止」が決議文から消され、今後危惧されるのが、「同盟国の核実験は容認するが、仮想敵国の核実験には抗議する」という傾向が、習志野市議会で強まることです。

警視抜刀隊の会に同調する会派のなかには、市議会の一般質問で「アメリカの核実験には抗議すべきでない」と市長に要求する会派もあります。

元気な習志野をつくる会(田中真太郎議員)の一般質問(2013年12月5日)

平和希求の名目ではありますが、米国、バラク・オバマ大統領に、文書をもって、核実験の抗議を行っています。内容は、核実験であっても、米国にとって、決して愉快なものでないと思うのであります。周辺国と緊張が続き、アメリカと安全保障を揺るぎないものにしなければならないときに、あえて千葉県の一地方自治体の首長が、抗議文なるものをアメリカ大統領に発送することは、日本の外交、安全保障にとっていかがなものか、私は大いに疑問を持つものであります。

この質問に対し、宮本泰介市長は、習志野市民の代表として市長名で抗議文を出し続ける旨の答弁をし、アメリカを含むすべての国の核実験(未臨界核実験を含む)への抗議を継続しています。

今回の陳情・決議の採択により、「アメリカの核実験には抗議しない」「北朝鮮の核実験だけが悪である」という動きが強くなるのではないか、私としては危惧しています。

習志野市議会の決議が、安倍政権の「安保・外交政策」を応援する道具へ変質しないよう注意が必要です。

6.習志野市議会の到達点「核実験の全面禁止」「核兵器廃絶国際条約の締結」「非核三原則の法制化」をつらぬこう

習志野市がやるべきことは、アジア諸民族をさげすんだり、日本や同盟国の核武装を肯定したりする主張に迎合することではありません。

習志野市議会は、「核実験の全面禁止」「核兵器廃絶国際条約の締結」「非核三原則の法制化」という基本姿勢をつらぬき、大国を含むすべての国の核実験に反対し、国際社会とともに核兵器廃絶の道を進むことです。

習志野市議会の決議の後退・変質を許さず、誤った方向転換を軌道修正するために、これからも力を尽くしていきます。

※掲載のポスターは、長崎大学核兵器廃絶研究センターHPからダウンロードできます。



〔参考〕日本共産党(谷岡)の反対討論の要旨
by takashi_tanioka | 2016-09-30 23:40 | 議員活動 | Comments(0)
30日の9月議会最終日。長男を通級指導教室へ送り、市役所へ。午前10時に本会議が始まりました。本会議終了後、議会報編集委員会があり、午後5時15分頃にすべての会議が終わりました。

本会議では、各常任・特別委員会の委員長報告、質疑・討論の後、議案17件と請願・陳情9件を採決。私は、陳情117号「32億円の税金の使い道は」に賛成の討論、警視抜刀隊の会が出した陳情119号と120号に反対の討論をしました。

その後、議員発議の意見書6件の提案と質疑・採決。日本共産党、民意と歩む会、環境みらい、新社会党・無所属の会の4会派は、発議案「南スーダンPKOへ派遣される自衛隊へ『駆けつけ警護』等の任務を追加しないよう求める意見書」を共同提案しました。

今回も、私が代表して提案理由の説明をしました。「安保法制(戦争法)に反対」を主旨とする4会派共同の発議は、自民・公明の反対で毎回否決されてしまいますが、参議院選挙後もめげずに続けていく方向です。

〔参考〕1年続いた「安保法制(戦争法)に反対」の4会派共同の発議 (2016年6月)

c0236527_14015535.jpg


c0236527_14020178.jpg


c0236527_14020469.jpg


北朝鮮問題と民族蔑視・民族差別を結び付けようとする陳情119号と120号(警視抜刀隊の会が提出)については、この4会派は全員反対しました。
by takashi_tanioka | 2016-09-30 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
芝園清掃工場(クリーンセンター)について、市民から意見が寄せられたので、27日と28日に現地を見に行きました。

芝園清掃工場緊急対策として、設備機器の補修・更新工事が行なわれています。


そこで廃棄される物のうち、「ダイオキシン類・重金属類が付着した耐火物や機器類が雨ざらしになっているのではないか」という意見でした。

市民から指摘された「未選スラグ専用置場」。質の悪い溶融スラグを再び溶融するために保管してあります。そこに耐火物(レンガなど)も置かれていました。
c0236527_18425885.jpg

ここに置かれている耐火物は、普段から劣化して剥がれてくる物で、検査結果では有害物質の付着はなかったとの担当職員の説明でした。この耐火物も溶融するので、いっしょに置いていたとのことです。

ただし、「未選スラグ専用置場」に劣化した耐火物もいっしょに置くのは見直し、今後は別にまとめて屋根のある場所に保管するとのことでした。
c0236527_18430759.jpg

今回の緊急対策工事で大量に廃棄される耐火物は、別の場所に保管されていました。溶融するには量が多いので、搬出して、別に処分するそうです。

廃棄する機器類が保管されている場所です。日常的に廃棄される消耗品といっしょに置かれていました。スクラップとして売却されます。
c0236527_18431603.jpg

指摘された機器類は緊急対策工事で廃棄された物で、有害物質が付着する場所で使われていた部品でした。

工場内において高圧洗浄で有害物質を洗い流した後との説明でした。屋外へ搬出した時点で有害物質の付着はないが、今後はブルーシート等をかけるとのことでした。

以上、問題ないとの担当職員の説明でしたが、市民に不安感をもたれないように対応していくとのことです。私としても、今後も注視していきたいと思います。

売却予定(質の良い)の溶融スラグの置場も見せてもらいました。建設・土木資材として売却されます。
c0236527_18432476.jpg

by takashi_tanioka | 2016-09-28 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
今週は、9月議会の最終日に向けて質問・討論の準備を進めています。27日は党議員団会議で議会最終日の打ち合わせをしました。

市役所では、新庁舎建設工事が進んでいます。
c0236527_18424508.jpg

東側からみると、3階部分まで鉄骨が組みあがりました。地下1階・地上6階になります。
c0236527_18425282.jpg

このほか、生活相談の対応をしたり、党内会議に出たりでした。このほか、芝園清掃工場について、市民から意見が寄せられたので、現地を見に行ったりしました。

来年度から谷津南小学校に自閉症・情緒障害特別支援学級が開設されます。26日に保護者説明会があったので、妻といっしょに出席しました。

by takashi_tanioka | 2016-09-27 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
25日、習志野市総合防災訓練に参加しました。昨年は避難所開設訓練でしたが、今年は市内3つの小学校で展示・体験型の訓練となりました。

実施内容は、小学校ごとに少し違いがあるようでした。私は津田沼小学校へ行きました。
c0236527_04340704.jpg

午前中、少年サッカーの保護者の集まりがあったため、午前11時半過ぎからの参加となりました。

炊き出しコーナーで豚汁をいただき、防災クイズやバケツリレーといった体験コーナーを見てまわりました。

民間事業者による防災用品展示・販売、NTTによる災害用伝言ダイヤルの体験、社会福祉協議会、千葉土木事務所、歯科医師会、薬剤師会による啓発活動などをしていました。
c0236527_04341565.jpg

展示コーナーでは、消防車両、警察車両、自衛隊車両を展示していました。
c0236527_04342001.jpg

炊き出し人気投票が行なわれていました。「おいしい!」と思った団体にシールを貼ります。

豚汁をつくった津田沼連合町会と社会福祉協議会津田沼支部が競っていました。私がどちらに投票したかは内緒です。
c0236527_04342448.jpg



消防団第2分団詰所
by takashi_tanioka | 2016-09-25 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
昨年2月、谷津3丁目に特別養護老人ホーム・玲光苑習志野ローズ館が開所しました。今度は、谷津4丁目で特別養護老人ホーム・サンクレール谷津(仮称)の建設が始まります。

国有地(財務省谷津宿舎の跡地)が民間売却され、そこに建設されます。運営は社会福祉法人慶美会で、10月1日の着工予定です。
c0236527_04213814.jpg

旧官舎(写真)を解体し、そこに新築します。
c0236527_04214328.jpg

24日は、主に谷津地域で訪問活動。そのほか、生活相談などの活動をしました。

by takashi_tanioka | 2016-09-24 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
23日、午前9時から特別会計予算特別委員会で、公共下水道事業特別会計補正予算案を審査。私は、谷津船溜り周辺浸水対策について質問しました。

この補正予算案について、8日の議案質疑でも質問・要望をしました。船溜りを含む谷津地区浸水対策事業は予定(今年度中)より長引きそうです。私は、豪雨の多い時期、来年夏までの工事完了を要望しました。

船溜り周辺の浸水対策は、2012年3月議会で住民の陳情が可決されています。従来の水門とは別に、新たにポンプゲート(排水ポンプ付き水門)を設置する予定です。(下は2013年夏の写真)


c0236527_1952297.jpg

現在は、谷津遊路商店街周辺の浸水対策として、東京湾岸リハビリテーション病院と京葉道路の間(谷津4丁目)にポンプゲートを設置する工事が進められています。
c0236527_15302610.jpg

by takashi_tanioka | 2016-09-23 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
映画「帰ってきたヒトラー」を先日観ました。以前から興味があったのですが、観に行く余裕がなかなかなく、9月になってしまいました。

おもしろかったので、原作(河出文庫)を購入して読んでいます。
c0236527_07415491.jpg

原作と映画はストーリーや設定が異なりますが、それぞれ興味深い展開となっています。私としては、一部をドキュメンタリータッチで描いた映画版の方が好みです。

公式サイト掲載の奥田愛基さん(SEALDs)のコメント「この映画、本当に笑っていいのか? なんかヒトラーがいい奴に見えて来た。~」が、私の感想にもピッタリきます。

子どもや高齢者の貧困を嘆き、ドイツの民主主義と愛国心を語るヒトラーの「情熱」に引き込まれていきます。

「民衆が扇動されたわけではない。彼らは計画を明示した者を指導者に選んだ。私を選んだのだ。」「民衆の望む世界を実現する。」などのヒトラーの言葉は印象的でした。

でも、私がより怖かったのは、ヒトラー本人よりも、ヒトラーとの対話で移民(外国人労働者)を忌み嫌う発言をする市井の人々でした。アドリブで本音を話す人々が数多く登場します。

もう一つ怖かったのは、ヒトラーを自らの出世のために利用しようとするベリーニやザヴァツキーの姿。この2人については、原作と映画とで異なる結末となりますが・・・。

先日、近所のファミリーレストランで食事をしていたら、移民を見下す話をする高齢者のグループがいました。普通の人たち。この映画とそっくりの会話でした。

勇ましい言説で自分を目立たせ、知事や大臣になる女性たち。右翼的な政権や言説に迎合し、人気取りをしようとする市議会議員たち。身の回りをみると、日本も似たような政治状況にあると感じます。


by takashi_tanioka | 2016-09-22 23:30 | ひとりごと | Comments(0)
21日の協働経済常任委員会で、「警視抜刀隊の会」が出した陳情1件に公明党・自民党系の議員が賛成。賛成多数で可決されました。新社会党・無所属の会、民意と歩む会は反対しました。

日本共産党は、協働経済常任委員会に委員がいないため、議会最終日の本会議で採決に臨むことになります。

「警視抜刀隊の会」と構成員は、過去5年間で50件以上の議会陳情(付議されなかった数を含む)を乱発。原発再稼働を求める陳情は新聞で大きく報道されましたが、このほか、生活保護バッシング、民族差別・在日外国人バッシング、障がい者差別、児童・生徒の靖国神社参拝の強制、集団的自衛権推進、思想差別の陳情ばかりです。ヘイトスピーチのような文言も多用しています。

過去乱発された陳情のうち、2015年3月議会の河野談話攻撃の陳情(慰安婦問題)は、自民党・保守系議員の数の力で可決されました。

今回の9月議会でも、民族差別・思想差別・憲法違反を含む陳情4件を提出。下記の2件が委員会付託となりました。

① 平成28年3月より国が分別公表を再開した全国及び都道府県単位での「韓国籍の在日朝鮮人数」と「朝鮮籍の在日朝鮮人数」について、市区町村単位でもこれを公表することを求める意見書を国へ提出することを求める陳情(受理番号119号)

② 金正恩(きんしょうおん)氏が3代目を世襲した以降、常態化している核実験及び弾道ミサイルの発射(特に最近の潜水艦発射弾道ミサイル)で、わが国は異次元の安全保障環境に置かれるに至った。よって北朝鮮に対する厳重抗議を習志野市議会でも決議するよう強く求める(受理番号120号)

このうち、受理番号120号に公明党・自民党系の議員が賛成しました。千葉市議会などで可決した決議のモノマネ陳情です。

原文は、習志野市議会HPをご覧ください。→平成28年第3回定例会提出議案

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核実験等には、被爆者でつくる日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)も抗議声明を出しています。
c0236527_11371781.jpg

しかし、特定の国・民族に限って抗議声明を出しているのではなく、あらゆる国の核実験・核保有に反対しています。

北朝鮮の核実験については、「日本政府はもとより、周辺国および世界各国政府は、北朝鮮に力で対応するかのような言動は厳に慎み、理性的に対応することを強く望む」と声明文に明記しています。朝鮮人を含むアジア諸民族を敵視するような記述は一文もありません。

また、安倍政権による原発再稼働と原発輸出、安保関連法(戦争法)の強行にも抗議しています。
c0236527_11371385.jpg
c0236527_11372185.jpg

核兵器廃絶平和都市宣言をした習志野市の宮本市長も、市民を代表して、アメリカなど大国を含むすべての核実験等に抗議文を出しています。特定の民族だけを危険視するようなことはしていません。→近年の抗議文
c0236527_11372647.jpg

被爆者の願いに反する「原発再稼働」の陳情、民族差別・在日外国人バッシングの陳情などを繰り返す「警視抜刀隊の会」の陳情は、アジア諸民族の平和と友好を望むものとは到底考えられません。

アメリカなど大国の核実験等には一言も抗議せず、特定の民族だけを標的にする陳情の出し方に、公明党・自民党系の議員が迎合したのは大問題です。

「警視抜刀隊の会」の陳情は、議会最終日(本会議)において、きっぱり否決すべきではないでしょうか。

by takashi_tanioka | 2016-09-21 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
20日、都市環境常任委員会で議案3件、陳情1件を審査。午前9時に始まり、午前中に終わりました。

議案58号「津田沼浄化センター改築工事(自家発電設備、脱臭設備、消毒設備)の委託契約」について現地視察がありました。津田沼浄化センターの管理棟にある自家発電設備を見ました。
c0236527_19253782.jpg

このほか、新庁舎建設現場の視察も予定されていましたが、大雨のため、中止になりました。

受理番号117号の陳情「32億円の税金の使い道は」は、JR津田沼駅南口特定土地区画整理事業に1ヘクタールの市有地を「公園用地」として投入したことなどを問う内容でした。購入時は26億円、利子を加えて約32億円の税金が投入されている市有地です。

陳情文の一部に同意できない部分がありましたが、1ヘクタールの市有地の使い方に対する陳情者の疑問には妥当性があったので、賛成討論をしました。

by takashi_tanioka | 2016-09-20 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka