谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

c0236527_00495689.jpg31日夜、習志野市学童保育連絡協議会(市連協)と習志野市青少年課の意見交換会に、谷津南児童会の保護者として出席しました。

前回(5月)は、学童保育(放課後児童会)の民間委託の導入が主な内容でした。今回は、各児童会の施設・設備の改善要望も合わせ、担当の青少年課と意見交換が行なわれました。

各小学校の児童会から要望が出されました。エアコンや照明などの設備改善、学童室の修繕や増設などは、予算取りが必要となるため、予算編成期である10月の意見交換会が重要となります。

谷津南児童会は、奏の杜のマンション入居による児童増によって、学童室が1~3年生だけでも一杯になりつつあります。

つめ込み状態を解消し、4年生以上の受け入れも実現するためには、児童会の分割(第2児童会の創設)が必要となります。

そこで、谷津南児童会の分割の見込みについて質問。他の用途の教室の不足も予想されるなか、学童室を含めた校舎増設について協議しているとの回答でした。

学童保育の民間委託では、市長に提出した要望署名の延長線上の質問・要望のほか、全市の保護者を対象にした説明や情報提供がほとんど無いことについて批判的な意見が出ました。

3月議会で「平成29年度の民間委託」が答弁されましたが、当時は保護者への説明はありませんでした。その後も、役員クラスへの説明が中心でした。保護者全体への説明が不十分とする意見はもっともです。

習志野市子ども・子育て会議の委員を務めていることもあり、私も市全体に関わる質問をしました。主な質問は、①学童保育のこども部への移管、②支援員不足の現状、③放課後児童育成料の値上げについてでした。

千葉県学童保育連絡協議会(県連協)の副会長も発言。小金井市の民間委託の反省点が紹介され、習志野市における民間委託推進の動きに懸念が表明されました。

小金井市の報告書、学童保育の全国的な動向については、下記リンクをご覧ください。



31日の午前は、市役所で所用をすませた後、長男(授業参観の振替休日)といっしょにインフルエンザ予防接種を受けに行きました。

午後は、後期高齢者医療広域連合議会へ向け、習志野市の担当部長(協働経済部長)と意見交換をし、質問準備を進めました。

by takashi_tanioka | 2016-10-31 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
29日は、長男(小学3年生)と長女(小学1年生)の授業参観でした。2学期の授業参観は土曜日なので、毎年観に行くことができます。
c0236527_16575600.jpg

朝、長女は早々に登校しました。長男は気分が乗らず、校門まで送っていきましたが大遅刻。授業への参加も難しかったです。

通常学級の授業についていけなくなっていることは聴いていましたが、教室に入ろうとしないのはたいへんですね。特別支援の割合を適切に増やしていかないと、本人もつらいでしょう。

長女の方は、初めて授業の様子を観ました。4限目は算数、5限目は道徳でした。長女の机の横に立ちましたが、声をかけられるのはいやなようで、粛々と授業を受けていました。

その後、久しぶりに習志野市民フォーラムの定例会に参加。仲よし幼稚園跡地活用計画の工事説明会や、民族差別・ヘイトと北朝鮮問題について、私から報告しました。

30日午前は、長男のサッカー練習。こちらは久しぶりに時間通り行きました。午後は、長男の友達が自宅に遊びに来たなか、こちらは後期高齢者医療広域連合議会の準備などを進めました。

by takashi_tanioka | 2016-10-30 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
28日夜、谷津1丁目のタワーマンション建設について「(仮称)仲よし幼稚園跡地活用計画 新築工事」の住民説明会が開催されました。私と荒原ちえみ議員も出席しました。

当日配布の資料は、表紙を含めて10ページありましたが、主要な部分のみアップします。
c0236527_12303322.jpg

c0236527_12304128.jpg

本計画に関する説明会は2回目で、昨年7月に計画概要の説明があったそうです。今回は、谷津7丁目(北側)の住民、谷津1丁目(南側・西側)の住民を中心に会場に集まりました。


事業者側は、三菱地所レジデンス株式会社、三井不動産レジデンシャル株式会社、野村不動産株式会社、株式会社フジタ千葉支店、株式会社オリジナルワーク一級建築士事務所でした。

主に説明したのは、施工予定の株式会社フジタの社員でした。奏の杜のマンション建設に数年間携わってきた社員であり、引き続き「仲よし幼稚園跡地活用計画」の担当になるようです。

マンション以外の施設を含む「複合施設」の計画となっています。「759戸の分譲マンション」「習志野市所有の自転車駐車場施設」「協定公園(公開空地)」「認可保育所(民間)」「市民集会室・市民ギャラリー」「市民用倉庫(習志野市管理)」が入るそうです。

c0236527_12305030.jpg

c0236527_12305849.jpg

c0236527_12310728.jpg

c0236527_12311556.jpg

参加した周辺住民からは「建設に反対」という意見はありませんでした。日影・電波障害・風害や騒音・振動などの心配、工事車両の出入りや路上駐車の問題、作業員の駐車場や喫煙の懸念、工事中の落下物など安全対策の問題などが質問されました。

161mの超高層建築物は、谷津・奏の杜地域だけでなく、全市的にも初めての経験です。周辺住民に不安があるのは当然です。

荒原議員は、認可保育所と火災対策について質問。私は、祝祭日の工事、モリシア地下駐車場付近の渋滞、風害対策と植樹について質問をしました。

今後も住民の皆さんから意見・要望を伺い、12月議会に向けて質問準備を進めていきたいです。

by takashi_tanioka | 2016-10-28 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
26日~27日、藤崎地域で訪問活動や生活相談。子安神社や企業局の周辺をまわりました。

藤崎地域の高台は、縄文時代から人が生活していた地域であり、いろいろな文化財があります。

藤崎堀込貝塚は、縄文時代中期~後期の馬蹄形貝塚。千葉県指定文化財(史跡)です。当時は海面が高く、藤崎や津田沼地域まで入り江となっていたようです。
c0236527_08425176.jpg

藤崎正福寺大イチョウは、樹齢400年前後。習志野市指定文化財(天然記念物)です。
c0236527_08431805.jpg

藤崎古道は、江戸時代に「東金(御成)街道」が整備される以前の道です。一部のみ残っています。
c0236527_08431202.jpg

c0236527_08430186.jpg

習志野市企業局の周辺です。企業局西側の市民農園は廃止されました。
c0236527_08432614.jpg

このほか、後期高齢者医療広域連合議会の準備、議会報告の作成、党内会議、ひまわり発達相談センターなど、いろいろと忙しい2日間でした。

by takashi_tanioka | 2016-10-27 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
マルエツ大久保駅前店の旧店舗の解体工事が終わり、更地になりました。建築看板によると、11月から新店舗と高層マンションの建設工事が始まるようです。
c0236527_08423437.jpg

c0236527_08424352.jpg

25日朝、京成大久保駅の活動報告を早めに切り上げ、旧店舗解体後の更地を見に行きました。周辺住民の住環境を守る方向で、マルエツに努力してもらいたいです。


by takashi_tanioka | 2016-10-25 23:40 | 習志野市政 | Comments(0)
c0236527_19164355.jpg24日、米海兵隊のオスプレイが、整備拠点設置を計画する陸上自衛隊木更津駐屯地に初飛来しました。

騒音調査とのことですが、日米両政府が進めるオスプレイの共通整備基盤の整備を地元に受け入れさせる狙いがあります。

住民団体などが抗議行動。私は参加できませんでしたが、日本共産党からも斉藤和子衆院議員、丸山慎一県議、周辺自治体の議員が参加しました。


陸上自衛隊にオスプレイが配備されると、習志野演習場にも飛来することになるでしょう。

日本共産党は、2014年6月議会の一般質問から5回にわたり、「習志野市民の安全を守るために、オスプレイ配備反対を国に申し入れること」を宮本市長に求めました。

市長は「答弁を控える」「情報収集に努める」と繰り返してきましたが、いよいよ態度をはっきりさせなければならなくなりました。安全性や騒音など問題だらけの航空機の配備は、きっぱり拒否すべきです。

また、2015年12月議会では、日本共産党など3会派の議員が「木更津駐屯地のオスプレイ定期整備拠点化中止を求める意見書」を提案。入沢俊行議員が提案理由を説明しました。

11月13日午後、木更津市の吾妻公園において「日米オスプレイ整備基地化反対 11・13県民大集会 in 木更津」が開催されます。様々な団体によって連絡会が結成されています。

習志野市からも参加しましょう!
c0236527_10412559.jpg

25日朝は、京成大久保駅で活動報告。駅の反対側では、防衛大臣政務官を務める自民党国会議員がチラシを配布していました。

オスプレイの配備・飛来によって危険にさらされる習志野市民のことを、どのように考えているのでしょうか?
c0236527_08422752.jpg

by takashi_tanioka | 2016-10-25 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
c0236527_05190885.jpg24日、千葉県後期高齢者医療広域連合議会の全員協議会・議案説明会があり、習志野市選出の議員として出席しました。

この日の協議事項は、議会申し合わせ事項の変更と、11月7日の定例会(平成28年第2回)の運営についてでした。

正副議長の選挙、監査委員の選任、発議案・請願・陳情の取り扱い、本会議の運営について、印西市、船橋市、御宿町の議員から意見・要望が出され、議会運営委員会で検討されてきました。

議会運営委員長が検討結果を報告。議会申し合わせ事項の変更などについて質疑・採決と続きました。

「議長は市議会議員、副議長は町村議員」と割り当てる申し合わせについて、市と町村の間に上下関係をつくるやり方と私は考え、反対しました。このほかの報告には賛成しました。

申し合わせ事項の変更により、議員の発議案、県民の請願・陳情は、原則、定例会開会予定日の3週間前までに提出となりました。

議案説明会では、決算認定と補正予算案といった議案5件の提案が説明されました。特別会計は5460億円を超える規模となりました。

会議終了後、日本共産党議員で広域連合議員に選出されている岩井友子・船橋市議、野中眞弓・大多喜町議、石井芳清・御宿町議と、議案質疑・討論、一般質問、資料請求について意見交換をしました。

2月に開催された定例会(平成28年第1回)の会議録が、下記HPにアップされています。私の議案質疑は28ページから、一般質問は59ページから掲載されています。


今年度の保険料値上げなどが掲載された「ちば広域連合だより」も発行されています。こちらも下記HPで閲覧できます。


定例会は、11月7日(月)午前10時から、 オークラ千葉ホテル3階で開催されます。よろしければ、傍聴においでください。


by takashi_tanioka | 2016-10-24 23:30 | 広域連合議会 | Comments(0)
21日~23日、藤崎地域で地元支部といっしょに訪問活動をし、地域や市政に関する意見・要望を伺いました。

森林公園(藤崎7丁目)の池について意見をいただき、現地を見てまわりました。
c0236527_23550581.jpg

下流側の池ではヘドロが堆積し、水深がかなり浅くなっています。鯉が背びれギリギリで泳いでいる場所が少なくないとのことです。なるほど、いくらなんでも浅すぎます。
c0236527_23551389.jpg

上の写真の東側は、亀が首を出しながら歩けるほど、ヘドロが堆積しています。中・大型の魚は、とても泳げません。
c0236527_23551984.jpg

以前も、ヘドロの堆積について意見をいただき、市当局に要望していました。鯉や亀の様子を見ながら、現地で説明を受けると、実態がよくわかります。

通路等の清掃や草刈りは、地域住民の方々の協力で長年行なわれているようですが、池のヘドロの浚渫作業は、危険ですし、労力や技術が必要となります。

このような池は、人工的に管理しないと埋まっていくばかりと思います。専門業者または市職員によるヘドロ浚渫を市当局に要望していきたいです。



植栽がきれいな「かもめ公園」
by takashi_tanioka | 2016-10-23 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
10月22日~23日、JR津田沼駅南口の津田沼公園とモリシア津田沼で習志野ドイツフェア&グルメフェスタ2016が開催されています。

習志野商工会議所、津田沼南口商店会、習志野市商店会連合会、モリシア津田沼、習志野市による実行委員会が主催です。
c0236527_15072486.jpg

c0236527_15073689.jpg

22日午前、他の用事があってオープニングセレモニーに行けなかったため、準備中の会場を見てまわりました。その後、子ども達を連れて行きました。
c0236527_15074307.jpg

モリシア津田沼1階のセンターコートでは、ステージイベント以外に、習志野俘虜収容所関係の資料・写真も展示されていました。
c0236527_15075136.jpg

by takashi_tanioka | 2016-10-22 18:00 | 習志野市政 | Comments(0)
17日~21日、国民健康保険料改定に係る会派説明会が順次開催されました。日本共産党は、21日午後に説明を受けました。
c0236527_14072248.jpg

2018年度の国民健康保険の都道府県化(広域化)へ向け、その準備として、国民健康保険料(国保料)の条例規定を「料率方式」から「賦課割合方式」へ変更したいという説明でした。

1月下旬に国保運営協議会で予算や保険料等見込みの説明をし、2月下旬に市議会へ条例案と予算案を提案したいそうです。

一番の問題は、高すぎる国保料を抑制するための「法定外の一般会計繰入れ」を削減するのが目的となっていることです。

保険料のうち、応能割(所得割)の保険料率は据え置きながら、応益割(均等割と平等割)を引き上げる方向で「賦課割合」を決定するようです。

宮本市長の狙いは、人頭税型の応益割を引き上げて保険料収入を増やし、一般会計繰入れ(税財源)を削減することにあるようです。

加入者の頭数に応じて負担を増やす「均等割」、すべての加入世帯に定額を賦課する「平等割」など、頭割りで賦課される応益割の存在は、保険料の逆進性を高め、低所得世帯を重い負担で苦しめる重大要因となっています。

「均等割」の値上げは、子どもが多い世帯ほど負担増となります。これは、子育て支援への逆行となります。

「均等割」「平等割」の引き上げは、高すぎる国保料の負担軽減に逆行するやり方です。むしろ、これらの応益割は廃止をめざすべきです。

c0236527_14072992.jpg

そもそも、国保の都道府県化(広域化)は、住民負担増、徴収強化、給付費削減などの問題を引き起こす大改悪です。

国保の都道府県化、習志野市の保険料改定と一般会計繰入れ、国庫負担のあり方など、12月議会において宮本市長の政治姿勢を質したい思います。

by takashi_tanioka | 2016-10-21 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka