谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

30日、習志野市子ども・子育て会議(平成28年度第2回)に出席しました。学童保育の保護者代表(習志野市学童保育連絡協議会)の委員になっており、4回目の出席です。

当日配布の資料として、「既設と今後整備予定の保育所」「平成28年度の各月の待機児童数と平成29年度の4月の申し込み状況」「平成29年度幼稚園・こども園短時間児園児数(見込み)」が配布されました。

「保育園落ちた 日本死ね」の匿名ブログが反響を呼んでから1年。今年も認可保育所に入れない深刻な待機児問題が続いています。習志野市でも4月入所の不承諾者は430人に達しています。

認可保育所の増設が急務であり、習志野市は私立保育所の増設を中心にした対策をとっています。一方で、市立保育所の統廃合計画は基本的には修正されていません。これで良いのでしょうか?
c0236527_09383398.jpg

c0236527_09390273.jpg

習志野市保育所・こども園保護者会連絡会(市保連)の委員からは、独自のアンケート調査などをもとに、定員をかなりオーバーしている保育園の保育環境について質問が出ました。

入園できたとしても、保育室や園庭がつめ込み状態では、乳幼児が一日を過ごす場として問題がありますし、感染症も広がりやすくなります。私も定員設定に関する質問をしました。

このほか、こども園再編計画(保育所・幼稚園の統廃合・民営化)に関する紙ベースの情報提供が少ないことも指摘されました。

c0236527_23053904.jpg習志野市学童保育連絡協議会(市連協)では、事前資料を市連協役員へEメールで送ったり、定例会で配布したりし、寄せられた意見をもとにして質問・意見をまとめ、会議に臨みます。

このほか、全国学童保育連絡協議会の資料も参考にしています。41都道府県にある連絡協議会(市連協も加盟)が会員として運営を支えています。



今回は、特に新しい意見がなかったので、学童保育の待機児問題と、自分の居住地域(谷津・奏の杜)の問題を中心に意見をまとめました。①学童保育の待機児童の現状と発生要因、②学童保育における発達障がいやグレーゾーンの子の環境整備、③大規模児童会の分割予定などを質問しました。

学童保育(放課後児童会)の4月入会の不承諾者は51人に達しています。この対策として、2017年度に谷津児童会の施設整備、2018年度に向山児童会と屋敷児童会の施設整備が予定されています。

同じくパンク状態となる谷津南児童会は、今のところ分割はなく、利用できる部屋を確保するにとどまっています。仮設校舎の建設と合わせて、学童室の増設(分割)を検討しているようです。

今年度の第1回会議(年度前半)は前年度の事業報告が中心。第2回会議(年度後半)は「平成29年度の主な新規・拡大事業について」が報告されました。昨年度の第2回会議は12月開催で、次年度の新規・拡大事業が確定していませんでした。3月議会(予算決定)の後の会議開催は、時期的には良いかもしれません。

さて、保護者代表として主だった意見は、学童保育や保育所の保護者の意見でした。他の保護者組織にも頑張ってもらいたいです。このほか、会長・副会長など学識経験者(大学教員)、私立保育園、民生・児童委員、公募(子ども劇場)などの委員から質問・意見がありました。

最近の報道を受けて大学・短大の保育士養成の学部への入学希望者が減っていること、放課後児童支援員の待遇問題、大規模開発にともなう待機児発生へのデベロッパーの責任、困難を抱える家庭への支援の体験談(私立保育園)、新年度の実態調査への注文、乳幼児プレーパーク開設への期待など、参考になる意見が多かったです。

新年度は、習志野市子ども・子育て支援事業計画の見直しがあるため、4回の会議が予定されています。私の任期は終わりますが、引き続き注視していきたいです。



by takashi_tanioka | 2017-03-30 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
千葉知事選挙を終え、市民団体「新しい知事を選ぶ会.ちば」から見解が発表されました。27日からフェイスブックに流れていましたが、印刷したものをもらったので、ご紹介します。
c0236527_22114611.jpg


この見解を受け、日本共産党千葉県常任委員会も、「『選ぶ会』が合意した県政改革の政策は今回の選挙戦の諸勢力の一致点であり、わが党は、たたかいに参加した政党として誠実にその実現に全力をあげます。」「同時に、今回の知事選挙で培われた共闘の経験を発展させ、総選挙で野党と市民の共闘を実現し、安倍政権打倒のたたかいに勝利するために力をつくします。」などの見解を発表しました。

c0236527_22115093.jpg立候補表明から投票日まで40日間しかなく、日本共産党千葉県委員会の「支持」決定は告示日の前週でした。

事前に候補者の顔を見る機会、政策を訴える機会、支持者が結集する集会も少なく、本当に急な選挙でした。

政策等を知ってもらうための法定ビラも、習志野市内では、日本共産党と新社会党の受け持ちを合わせても全世帯の半分強の配布でした。基本政策はインターネットでは流されていましたが、一般的には、あまり知られていませんでした。

私自身も選挙カーに乗ったり、街頭演説やリレートークに参加したりしましたが、他党派・無党派の人達といっしょにやることの難しさを実感しました。

日本共産党も加入する「明るい会」の県知事選挙であれば、数か月前には予定候補者が決まり、党推薦も決まり、事務所開きなど選挙実務なども進んで行きますが、今回はそのようなやり方はとられませんでした。

私の周辺でも「政策がわからなかった」「スタートが遅かった」「共産党がもっと力を入れるべきだった」などの意見を聴きます。もしかしたら、昨年の段階から「日本共産党推薦」の候補者を決めていた方が得票は伸びたかもしれません。

しかし、今回の選挙結果で良しとはできませんが、今回のように市民団体による立候補表明を待ち、共同の候補者を党派を超えて応援するやり方は、今後につながる貴重な経験となります。

仲良しグループだけで行動していても、保守王国・千葉県を変えることは困難ですし、国政で安倍政権を打倒することもできません。今回の知事選挙を今後の教訓にしていきたいです。


さて、27日~29日はゆっくりしながら、体調不良の回復に努めました。党議員団会議で3月議会の総括をしたり、議会報告を執筆したり、各種整理をしたりの3日間でした。

by takashi_tanioka | 2017-03-29 23:30 | 県政・国政 | Comments(0)
26日午後、市民と議員の条例づくり交流会議、自治体議会改革フォーラム、法政大学ボアソナード記念現代法研究所が主催した企画「新公会計制度と議会の予算・決算審査~審議に納得していますか?市民に説明できますか?」に参加しました。

習志野市会計管理者である宮澤正泰さんが基調講演「新公会計制度導入へ~議会は予算・決算審査にどう活かすべきなのか?」をするので、関心をもっていました。宮澤さんは、公会計制度の全国的な第一人者です。

この間の疲れと寒さのせいか、朝から体調不良。遅れて途中からの参加となりました。

c0236527_05454335.jpg

実践報告「予算・決算改革に踏み出した議会から」では、会津若松市議会議長、多摩市議会議員、生駒市議会議員から報告がありました。

最後に、実践報告をした3議員をパネラーにし、宮澤さんをコメンテーター、自治体議会改革フォーラムの廣瀬克哉さん(法政大学教授)をコーディネーターにしたパネルディスカッションとなりました。

基調講演(新公会計制度)と実践報告(予算修正、行政評価など)の間に視点のズレがあるように感じました。新公会計制度の議会活動での活用は、全国的な実践経験はまだこれからのようです。
c0236527_05454723.jpg

自治体議会改革フォーラムの企画は初参加でした。呼びかけ人代表の廣瀬さんは、現在は地方自治体や議会改革の研究で有名ですが、昔は「平和・軍事研究」で有名な研究者でした。

私が廣瀬さん本人を見たのは、学生時代の講演会(文民統制がテーマ)以来です。ずいぶん貫禄がつきました。

法政大学市ヶ谷キャンパスの周辺は、学生時代に「天皇問題」の企画で法政平和大学に参加したり、サークルの研究会で学生会館に行ったりしていた時とは様変わりしており、驚きました。

by takashi_tanioka | 2017-03-26 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
25日は、千葉県知事選挙の投票日前日。朝は新聞配達の後、県知事候補・すみや信一(角谷信一)さんを応援するチラシを地域で配布しました。長男・長女もちょっと手伝ってくれました。

午後、JR津田沼駅北口に「新しい知事を選ぶ会.ちば」の宣伝カーと、すみや信一さん本人が乗車する候補者カーが2台続けて来ました。
c0236527_07060473.jpg

選挙戦の間、すみや候補の演説内容は徐々に変わっていきました。いろいろなバージョンがあるようですが、私が好きなのは「私には夢がある」のくだりです。
c0236527_06534559.jpg

この日は、介護福祉士として働く市民が応援演説をしました。千葉県の介護保険制度の問題点を指摘し、すみや候補とともに介護保険など福祉制度を改善をしていこうという訴えでした。
c0236527_06533175.jpg

私は、習志野市議会の討論で、75歳以上の高齢者の医療保険料(後期高齢者医療保険料)が高すぎることを指摘し、それを放置する現職知事を批判しました。

高すぎて滞納してしまった高齢者には、ていねいに納付相談にのることが必要です。多くの市町村は、保険証取り上げや差し押さえなどの強硬手段はとっていません。そのようななか、後期高齢者の滞納者の財産等の差し押さえ件数の県内トップは、前浦安市長でした。

高校教員として「ブラックバイト」など弱い者いじめの社会を批判し、そして強者とのたたかい方(労働法など)を授業など(著書「絶対トクする!学生バイト術-クイズに挑戦「これだけは知っておきたい」働くルール」きょういくネット)で論じてきた、すみや信一さんに「夢」の実現を期待したいです。

様々な市民団体のほか、政党では、自由党、日本共産党、緑の党・ちば、新社会党、市民ネットワークが応援。最終日は、日本共産党と市民ネットワークの市議が2台の選挙カーに乗車していました。

市民ネットワーク千葉県の共同代表のまきけいこさん(元船橋市議)と、日本共産党の丸山慎一県議が応援演説をしました。
c0236527_06533572.jpg

c0236527_06534043.jpg

民進党は自主投票ですが、田嶋要・衆院議員(党千葉県連代表)の応援メッセージが読み上げられました。このほか、生方幸夫・元衆院議員が応援演説をしたり、奥野総一郎・衆院議員や小西洋之・参院議員などからメッセージが届いたりしているそうです。

c0236527_07561604.jpg日本共産党が推薦候補を出さず、市民団体「新しい知事を選ぶ会.ちば」による候補者発表も遅かったなか、あわただしい選挙となりましたが、これまでの千葉県知事選挙にはない結びつきが広まった選挙でした。







by takashi_tanioka | 2017-03-25 23:30 | 県政・国政 | Comments(0)
c0236527_07372.jpg24日の3月議会最終日。京成谷津駅で県政問題のチラシ(ちば民報号外)などを配布した後、市役所へ向かいました。

午前10時に本会議が始まり、午後5時50分頃終了。その後、議会報編集委員会があり、午後6時30分頃にすべての会議が終わりました。


本会議では、各常任・特別委員会の委員長報告、質疑・討論の後、議案23件と請願・陳情7件を採決しました。

私も紹介議員となった「就学援助制度の入学準備金を3月以前に支給することを求める請願」の委員会審査において、請願者や紹介議員への質疑もせず、市当局の参考意見だけを聞いて、「内容に不備がある」と決めつける反対討論があったことに納得がいかなかったので、文教福祉常任委員長に経過を質問しました。

また、一市民が提出した南スーダンPKOの陳情(133号)、戦争はいやだ!オール習志野行動が提出した陳情(134号)、警視抜刀隊の会が提出した陳情(139号)において、陳情者を委員会審査に呼ばなかった経過の報告がなかったので、総務常任委員長に質問しました。非公式の協議会において、陳情者への質疑を実施しないことを多数決で決めたとの答弁でした。

今回は、大久保地区公共施設再生事業の「習志野大久保未来プロジェクト株式会社(スターツが中心)」との約72億円の PFI事業契約(議案23号)について、賛成・反対の討論が多かったです。日本共産党は入沢俊行議員が代表して、PFI事業の問題点を指摘する討論をしました。

私は、国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療の予算案(議案2号・4号・5号)、国民健康保険料値上げの条例改定(議案16号)について、特に低所得層の負担増を批判する討論をしました。

公共下水道事業の予算案(議案3号)では、約32億円の津田沼浄化センター等包括的維持管理委託と、約6300万円の津田沼浄化センター等包括的維持管理履行監視業務委託の2件の債務負担行為を批判する討論をしました。今回のPFI事業や包括的民間委託事業を含め、習志野市では数十億円単位のPPP/PFIの事業が次々と推進されています。

習志野市農業委員会に関する条例(議案13号)では、安倍政権による農業委員会法の改悪(公選制の廃止)を批判する討論をしました。

このほか、陳情133号「重大な事実を隠蔽して強行した自衛隊の南スーダンでの『駆けつけ警護』などの中止と派遣の即刻見直しを求める陳情」に賛成する討論をしました。

その後、議員発議の委員会条例改正1件、決議・意見書6件の提案と質疑・採決。私は、発議案「森友学園への国有地格安売却疑惑の徹底究明を求める決議」を提案しました。

3月議会でも、安倍政権の野党系の4会派・11人(日本共産党、民意と歩む会、環境みらい、新社会党・無所属の会)がまとまって採決にのぞんだ案件が4つありました。

「共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪)国会提出に反対する陳情」「性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センターへの支援策を求める意見書」「森友学園への国有地格安売却疑惑の徹底究明を求める決議」は4会派が賛成。「就学援助制度の入学準備金を3月以前に支給することを求める請願」は紹介議員になった4会派に加え、自民党議員1人が賛成しました。
c0236527_15343935.jpg

c0236527_15345398.jpg

逆に、警視抜刀隊の会が提出した「『テロ等準備罪』を新設する組織犯罪処罰法の改正案を今国会(第193回国会)に提出し、与野党ともに真摯に審議を行い、今国会会期中に可決・成立させることを求める意見書を国へ提出することを求める陳情」には、自民党系の4会派・14人が賛成しました。現代の治安維持法と呼ばれる「共謀罪法案」の推進を求める内容でした。
c0236527_15344528.jpg

15人が反対し、僅差での否決となりました。国民世論の批判に目を向けず、安倍政権の暴走に盲目的に追随するのは恥ずべき態度です。引き続き、力をあわせ「共謀罪にNO!」の声をあげていきましょう。



by takashi_tanioka | 2017-03-24 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
23日、谷津南保育所の修了式に来賓出席しました。昨年修了した長女の1歳下のクラスです。修了児は29名で、元気な歌声が響く式典でした。
c0236527_04524367.jpg

階段には、きく組(5歳児クラス)の1年間の様子が、たくさんの写真で紹介されていました。ゼロ歳児クラスのときから知っている子もいます。
c0236527_04531396.jpg

来賓の待合室には、「どんぐりころころ」の中村さんが作成した運動会のジオラマが展示されていました。谷津南保育所に関して複数のバージョンがあります。
c0236527_04535865.jpg

午後は市役所へ。議会最終日の発言通告(委員長報告への質問)を提出したり、原稿を書いたり、その他の所用をすませたりでした。

by takashi_tanioka | 2017-03-23 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)
c0236527_07094512.jpg22日午後、市民団体「新しい知事を選ぶ会.ちば」の千葉県知事候補 すみや信一(角谷信一)さんの選挙カーが習志野市に来ました。すみやさん本人が市内各所で街頭演説をしました。

すみや信一さんを応援する市民団体のメンバーが乗車。市民ネットワーク、民進党、新社会党、日本共産党の議員・役員も乗車したり、演説箇所に来たりしました。

市民ネットワークの大野ひろみ・佐倉市議(元県議)が司会として乗車。日本共産党の入沢俊行・習志野市議が道案内として乗車しました。

夕方から私が引き継ぎ、大久保・鷺沼台・藤崎を経由して谷津方面へ。奏の杜フォルテ前で演説をしました。「戦争はいやだ!オール習志野行動」のメンバーが応援演説をしました。
c0236527_07564459.jpg

午後7時から1時間、JR津田沼駅南口で演説。仕事・買い物帰りの人たちに支持を訴えました。新社会党の習志野市委員長も参加しました。
c0236527_07571356.jpg

「選挙で日本を変えたい市民の会・千葉(ちばレボ)」のメンバーなど、すみや信一さんを応援する勝手連が習志野市でも立ち上がりました。
c0236527_07581367.jpg

リレートークが続き、「ならしの・わの会」「日本宗教者平和協議会」などの市民が応援演説をしました。
c0236527_07574353.jpg

県政・国政の選挙の「応援演説」というと議員が引き受けることが多いのですが、今回のように現職議員の出番がないのは初めての経験です。司会・道案内などの仕事は、慣れている議員が引き受けています。

「選ぶ会」が行政区ごとに組織されていないなか、勝手連的に個人・市民団体・政党などが支持を訴えています。ウェブページでも様々な個人・団体が投稿しています。フェイスブック(FB)が多いように感じます。








by takashi_tanioka | 2017-03-22 23:40 | 県政・国政 | Comments(0)
22日、習志野市新庁舎建設工事の現場見学をしました。4月30日の竣工式に向け、内装や外構の工事が急ピッチで進められています。
c0236527_00133367.jpg

c0236527_00133724.jpg

私は、建物内に入るのは初めてでした。担当職員(資産管理室)から説明を受けながら、屋内の見学をしました。全体的にみると、想像していたよりも簡素なつくりでした。
c0236527_00134264.jpg

「本当にこの広さで足りるのだろうか?」というのが主な感想です。設計段階で延床面積が示されたときも感じました。新築ですから、色合いなどの見た目はきれいですが・・・。
c0236527_00134541.jpg

あまりに圧縮してしまうと、市民の利便性、職員の労働環境などが心配ですし、市町村の事務事業が拡大・多様化するなか、結果的に増築が必要となる場合もあるかもしれません。
c0236527_00141842.jpg

市議会の本会議場です。防音・バリアフリー化された「特別傍聴席」が新設されます。
c0236527_00135051.jpg

本会議場の議長席や執行部席の側です。
c0236527_00135597.jpg

本会議場に入るスロープです。足の不自由な議員も想定しています。一方で、一般職員の執務室の机の間隔が狭い配置図をみると、足の不自由な職員の就労に配慮されているのか心配になります。旧庁舎の執務室と比べれば、改善されている面はありますが・・・。
c0236527_00135970.jpg

市議会の委員会室です。これからカーペットが貼られます。
c0236527_00140476.jpg

議員控室が並んでいる廊下です。想像していたよりも幅が狭く、事務的なつくりです。応接室はあるもの、陳情・相談・傍聴にきた人々が滞留する空間があまりなさそうです。そういう空間も大切なのですが・・・。
c0236527_00140837.jpg

日本共産党の議員控室になる予定の部屋です。現在は資材置き場になっています。
c0236527_00141309.jpg

新庁舎の東側です。第2期計画として消防本部の建て替えが考えられており、今後議論されていくことになります。
c0236527_00142125.jpg

旧庁舎側です。今後、旧庁舎跡地の財源化(売却など)の是非が議論されていきます。
c0236527_00142601.jpg

全体的にみて「大きな事務所」という印象の新庁舎でした。私も簡素な庁舎が望ましいとは考えていましたが、「簡素」であることと「ゆとりがない」ということとのバランスは難しいと思いました。

さて、21日~22日の2日間は、議会最終日の討論などの準備や、知事選挙の各種実務に追われました。22日朝、京成大久保駅で県政問題のチラシ(ちば民報号外)などを配布しました。

by takashi_tanioka | 2017-03-22 23:30 | 公共施設再生 | Comments(0)
19日は、長男の所属する少年サッカー(向山イレブンSC)の年度最後の通常練習(納会)でした。朝から次男を連れて参加しました。
c0236527_23393307.jpg

練習と表彰の後、子ども達と保護者がいっしょに豚汁を食べます。豚肉の準備係だったので、朝から下ごしらえをしました。ちょっと生姜で味付けをし、焼いておきました。豚汁を食べるときは、長女と妻も来ました。
c0236527_23392654.jpg

この2日間は、妻が3月で唯一の連休。知事選挙の最中でしたが、家族で出かけました。20日は横浜市へ行き、横浜ランドマークタワー周辺を散策しました。
c0236527_23452547.jpg

長男と次男は大道芸を熱心に観ていました。長女は近くの遊園地へ行きました。
c0236527_23412021.jpg

夕方には習志野市へ戻り、私は党内会議へ。すみや信一候補の応援について話し合ったり、選挙実務の分担をしたりでした。

by takashi_tanioka | 2017-03-20 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
18日、谷津・奏の杜地域で訪問活動をし、地域や市政に関する意見・要望を伺いました。

都市計画道路3・4・8号線の予定地(谷津6丁目)。都市計画道路の整備予定が定まらないため、当面、新年度に既存住宅への下水道整備がされます。
c0236527_20182360.jpg

奏の杜2丁目のマンションから見た第一中学校方面。大規模マンションが一気に増えました。谷津小学校がパンク状態となるため、一部のマンション居住の小学生は路線バスで谷津南小学校へ通うことになりました。
c0236527_20182961.jpg

谷津奏の杜公園。常緑樹が少ないため、冬季は緑が少なくなってしまいます。周辺住民から「緑豊かな木々が少ない」「これでは、ただの広場」と言われることがあります。
c0236527_20183490.jpg

夕方は、少年サッカーの年度最後の練習(納会)の準備で買い物へ。豚汁の豚肉の準備などでした。

c0236527_06593142.jpg合わせて、子ども達といっしょに「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」を観ました。

ドラえもんの「ひみつ道具」を40年以上も見続けてくると、いろいろなピンチのシーンで「何であの『ひみつ道具』を使わないのだろう?」なんて思うことがあります。

by takashi_tanioka | 2017-03-18 23:40 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka