谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ
8日、習志野市新庁舎建設基本構想策定市民委員会(第2回)を傍聴しました。委員会は、連合町会や各種団体の役員、学識経験者、公募市民によって構成されています。

この日は、委員を4班にグループ分けして、ワークショップ方式で議論。①現庁舎の現状及び課題点・問題点、②新庁舎建設の基本理念・基本方針、③新庁舎に求められる役割・機能の3つについて、グループごとに意見をまとめ、発表をしました。

興味深かったのは、市庁舎に求められる役割について。市民が集える場として集会室、市民食堂、多目的広場、水辺の設置などの意見が多かったなか、「市庁舎にコミュニケーション機能は必要か」「中枢機能だけでよいのではないか」という意見もあったことです。

分散している庁舎を機能的にまとめていく意見に対し、「窓口機能は駅前(交通の便が良い場所)に分散して設置してもよいのではないか」とする意見もありました。

今後の会議予定は、以下の通りです。
第3回は9月29日で、①~③を引き続き検討。
第4回は11月10日で、④配置計画、⑤規模算定・建築計画。
第5回は12月15日で、⑥建設事業手法、⑦今後の課題・方向性の整理。

建てかえ予定の消防庁舎(会場)から、本庁舎、新館、第2庁舎、第3庁舎を撮影した写真です。
c0236527_18485187.jpg

# by takashi_tanioka | 2012-09-08 23:30 | 公共施設再生 | Comments(0)
7日は、午前10時から午後5時まで議案質疑(本会議)。その後、予算特別委員会、議会運営委員会と続き、午後5時40分頃終わりました。

議案質疑で私は、教育委員任命(議案46~47号)、住居表示変更(議案52号)について質問しました。

奏の杜・住居表示変更では、何人もの議員が問題点を指摘して紛糾。私は、住民説明会での反対意見、他の区画整理等での住居表示実施・変更の時期について担当部長に質問。そして、他の区画整理等より変更時期が早いこと、全国的に異例の変更であること、「合理的な住居表示」(法1条)と言えるかどうか、市内の他地域でも土地所有者から要望があれば変更を認めるのか、今回のようなやり方が前例になると担当職員も苦しめるのではないか・・・など、市長の見解を質しました。

そのうえで、「住民の理解と協力」(法3条)を得られない議案は撤回し、今後入居する住民も交えて「合理的な住居表示」のあり方を話し合い、住民合意のうえで議案を提出し直すよう、市長に要求しました。
c0236527_20392213.jpg

このほか、人権擁護委員の推薦(議案48号)は、谷津7丁目の土地疑惑に関連した市顧問弁護士だったため、日本共産党は推薦(3年ごと)の採決で毎回反対してきた人物です。今回は、これまで推薦に賛成してきた議員の会派が批判的な態度に転じ、質疑が紛糾しました。
# by takashi_tanioka | 2012-09-07 20:56 | 住居表示 | Comments(0)

スーパー銭湯でノンビリ

7日は、翌日から始まる議案質疑と一般質問の準備をしました。夜は家族でスーパー銭湯へ。明日に備え、鋭気を養いました。
c0236527_20495516.jpg

# by takashi_tanioka | 2012-09-06 20:50 | 子育て・家族 | Comments(0)
5日、生活と健康を守る会準備会の茶話会(おしゃべり会)に市川寿子議員といっしょに参加しました。

生活と健康を守る会(生健会)は、低所得者を中心とする地域住民が団結して、生活と健康、権利の保障を、国や地方自治体、大企業に要求し、人間らしく生きる権利・生存権の保障を確立するために運動する地域組織です。
c0236527_6145363.jpg

全国的には多くの自治体で活動していますが、習志野市にはありません。会の結成に向け、交流会を開いて準備を進めています。

異常な生活保護バッシングのなか、生活保護受給者が家の中にこもってしまう傾向が生まれています。生存権を主張することが悪であるかのような風潮に負けまいと、茶話会では楽しく元気に交流しています。

困ったことがあったら「議員頼み」ではなく、「一人はみんなのために、みんなは一人のために」を掲げ、会員どうしが協力して行動する会です。「会員が主人公」で会を立ち上げられるよう、私も応援します。
# by takashi_tanioka | 2012-09-05 23:30 | 地域活動 | Comments(0)
4日朝、JR津田沼駅南口で活動報告。先週は夏バテで駅頭宣伝を休ませていただき、2週間ぶりに再開しました。

駅南口に立つと、谷津地域の住居表示変更について、従来の名称(谷津)の継続を望む市民、名称変更(奏の杜)に賛成の市民の両方にお会いします。両方ともに知人がいるため、受け答えには気を使います。「区域内に家を買ったが、住居表示は『谷津』で良い」という市内在住の方もいました。

9月議会で市長から提案された議案(JR津田沼駅南口特定土地区画整理事業にともなう住居表示の変更)は、住居表示実施済みの住宅密集地の真ん中だけ境界を新設し、従来と全く異なる名称をつける変更案であり、全国初の事例です。

地域住民から批判の多い変更案にどのように対処するか。地主や開発事業者の意向をどう考えるか。問題を解決するためには、やはり、「住居表示」は何のための制度なのか、住居表示法の原点に立ちかえって考える必要があります。

〔住居表示法の第1条(目的)〕
この法律は、合理的な住居表示の制度及びその実施について必要な措置を定め、もつて公共の福祉の増進に資することを目的とする。

〔住居表示制度(市の説明会資料)〕
①町の大きさを整え、境界線をわかりやすくすること。
②地番ではなく、建物に対して一定の基準で番号をつけること。
住居表示制度は、住所をわかりやすく探しやすいものにし、郵便物等の誤配等が生じないよう、市民生活の利便性を向上させることです。
この住居表示制度は、住居表示に関する法律をはじめ、関係規則及び基準等によって、手続や技術的な基準が国から示されている全国的な制度です。

つまり、わかりやすい住居表示が求められています。今回の変更案によって、JR津田沼駅南口(谷津1、6、7丁目の35ヘクタール周辺)の住居表示はわかりやすくなるのか。考えてみてください。

JR津田沼駅を降り、バス通りを谷津小学校・谷津干潟へ向かうと、まず右手(ユザワヤ側)が「谷津7丁目」、左手(イオン側)が「谷津1丁目」となります。しばらく歩くと、「奏の杜」(正面で建設中のマンションの場所)となり、さらに5分ほど歩くと、右手に「谷津5丁目」、左手に「谷津1丁目」があらわれます。
c0236527_5583638.jpg


JR津田沼駅南口に設置された「住居表示街区案内図」。変更案によれば、「谷津1丁目」の標記のすぐ右側が「奏の杜3丁目」となり、「谷津7丁目」の標記の場所が「奏の杜2丁目」となります。
c0236527_67685.jpg


JR津田沼駅南口に設置された「谷津干潟公園案内図」。変更案によれば、「谷津1丁目」の標記の場所が「奏の杜3丁目」となります。
c0236527_615867.jpg


住居表示実施済みの地域で、わざわざ、このように変更した事例は、総務省に問い合わせてもみつかりません。

ちなみに、私が住んでいる谷津3丁目の大規模団地は「パークタウン」です。住民から住居表示の名称の変更を求める意見はありません。「愛称としてのタウンネーム」と「住居表示の名称」を無理に一致させようとしたことが、今回の紛争の出発点でした。

住居表示法の原点に戻り、「愛称」と「住居表示」は分けて考え、原則通りに対処しないと、問題は解決しません。

〔宮本泰介市長が提案した変更案〕
c0236527_1118481.jpg


奏の杜・住居表示の問題解決のために

谷津地域の住居表示変更の議案

日本共産党谷津後援会の地域懇談会
# by takashi_tanioka | 2012-09-04 23:59 | 住居表示 | Comments(0)
3日朝、谷津干潟から若松交差点に向かう道で党市議団ニュースを配布しました。

若松交差点は横断歩道橋の設置工事がはじまり、現在は基礎工事が進んでいます。国土交通省の発表
c0236527_636467.jpg

c0236527_637336.jpg

若い通勤者の方から、「エレベーターの設置は決定したのですか」と質問されました。お子さんが交差点を渡って幼稚園に通園しており、エレベーター付きの横断歩道橋ができると安心とのことです。

そこで、市担当者に問い合わせたところ、「国土交通省は設置する計画で、習志野市も要望している。関係自治体で調整中」とのことでした。最終調整の段階と思いますが、私も引き続き、速やかな設置を求めていきます。
# by takashi_tanioka | 2012-09-03 23:50 | 議員活動 | Comments(0)
2日、マンション管理組合のクリーンデー(敷地内の清掃活動)と定例理事会。合間をみて、保育所保護者会の会議と、行ったり来たりでした。
c0236527_6203072.jpg

8月20日からマンションの大規模修繕工事がはじまりました。いま、足場を組んでいるところです。今回できなかった修繕をどうするか、次期の大規模修繕に向けて長期修繕計画をどのように見直していくのかも、検討がはじまります。
# by takashi_tanioka | 2012-09-02 23:50 | 地域活動 | Comments(0)
1日午前、藤崎地域で訪問活動。午後は、習志野市主催の「まちづくり提案会」に出席しました。

習志野市は、「次期基本構想の早期策定(1年前倒し)」を目指しており、年明けには「構想素案」が庁議で決定される予定です。
c0236527_8404295.jpg

「市民の想いを広く取り入れ進めていきたい」とのことで、「私が描く未来の習志野」をテーマに市民参加の提案会を企画したそうです。参加した12人の市民の意見を聴き、私も参考になりました。

市民の提案をゼロから聴く機会を設けるのは、興味深いやり方だと思います。ただし、庁議決定まで半年を切った時点で、ゼロからの提案を聴く企画を設定するのは遅いですし、宣伝チラシだけでは次期基本構想の策定に向けた提案会とわかりません。市側の考える骨格に、提案会で出た意見を部分的に当てはめていくだけ、とならないよう注意が必要でしょう。
# by takashi_tanioka | 2012-09-01 23:50 | 議員活動 | Comments(0)
31日10時、9月議会(平成24年第3回定例会)が開会しました。現市庁舎における最後の定例議会となります。写真は、散会後の本会議場です。
c0236527_21214699.jpg

市長から議案14件の提案理由の説明がありました。市民からも多数の請願・陳情が提出されました。25人の議員から一般質問の通告が出ています。

谷津地域の住居表示変更などの議案質疑は9月7日(金)です。私の一般質問は18日(火)午後1時半頃からです。
# by takashi_tanioka | 2012-08-31 21:40 | 議員活動 | Comments(0)
30日、9月議会の準備のための調査で、総務省などをまわりました。

夕方から、元・習志野市議の吉田順平さんの80歳(傘寿)を祝う会に出席しました。市議を7期・28年務め、谷津地域を中心に「順平さん」と多くの方に親しまれてきた人です。谷津干潟を守る運動にとりくみ、現在の干潟遊歩道の設置を市議会で初めて提案したことも参加者から語られました。
c0236527_21125531.jpg

現在は、映画人の墓碑の会千葉県AALAの役員、党習志野市後援会副会長を務め、元気に活動されています。
# by takashi_tanioka | 2012-08-30 23:59 | 地域の出来事 | Comments(1)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka