谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ
11月7日は、ロシア十月革命から、ちょうど100年目の日となります。市民有志で「ロシア革命100周年記念講演」を企画しています。

ソ連・ロシアの近現代史、社会主義・共産主義の思想・運動・体制に関心のある方を対象にした研究会です。ロシア革命については様々な評価がありますが、社会科学研究の一環として、党派・学派を超えて自由に議論したいと思います。関心のある方は、どうぞご参加ください。
c0236527_02073986.jpg

テーマ:ロシア革命と現代社会を考える

講 師:聽濤弘さん(元参議院議員)

と き:11月18日(土)午後2時~

ところ:大久保公民館 教室C(京成大久保駅から徒歩1分)

資料代:500円

☆チラシより
1917年のロシア十月革命(現行暦では11月7日)から100年。現代資本主義の行き詰まりがみえるなか、社会主義をつくる人類最初の大実験につながるロシア革命の意義は、スターリンの誤り、ソ連崩壊にも関わらず、失われていません。ソ連・ロシア研究者であり、10月に著書「ロシア十月革命とは何だったのか」を出した聽濤弘さんを講師に招き、ロシア革命の歴史的意義と、現代社会の進む方向を考えていきます。

☆聽濤弘さんの主な著書・訳書
「ロシア十月革命とは何だったのか」(本の泉社)
「マルクスならいまの世界をどう論じるか」(かもがわ出版)
「マルクス主義と福祉国家」(大月書店)
「レーニンの再検証-変革者としての真実」(大月書店)
「カール・マルクスの弁明:社会主義の新しい可能性のために」(大月書店)
訳書 レーニン「国家と革命・国家について」「帝国主義論」



ロシア革命に関する11月7日の出来事
# by takashi_tanioka | 2017-11-07 23:40 | 社会科学研究 | Comments(0)
c0236527_00335244.jpg7日、日本共産党千葉県委員会主催の秋季地方議員研修会。私は、朝から所用で東京へ行っていたため、最後の講義のみの参加となりました。

最後の講義は「LGBTs・SOGIの抱える問題」というテーマで、講師は土井太郎弁護士(千葉中央法律事務所)でした。

私は学生時代(千葉大学)にレズビアン・ゲイ・バイセクシャルの友人・知人と付き合いがあり、ある程度は知識がありましたが、きちんとした学習をしたことは少なかったです。

党内でも「SOGIハラ」と言われかねない言動が時々みられるので、意識して注意しなければならないと、あらためて感じました。特に年配の人は学習が必要ですね。

LGBTと社会主義の問題では、23年前に岩波ホールで観たキューバ映画「苺とチョコレート」を思い出します。

伝統的に「男らしさ」が重んじられてきたキューバでは、当時、同性愛者=反革命とレッテルを貼られることがありました。

キューバに限らず、日本で歌われる革命歌・労働歌にも「男らしさ」「女らしさ」に関する歌詞がみられるので、再考が必要かもしれません。

# by takashi_tanioka | 2017-11-07 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
6日~8日は、協働経済常任委員会の行政視察です。昨年の視察(当時は都市環境常任委員会)は、家庭の事情で行けなかったので、2年ぶりの委員会視察となります。今年も1日目だけの参加となりました。

1日目の調査事項は「空き家対策」。名古屋市の空家等対策の取り組みについて視察しました。
c0236527_07204859.jpg

名古屋市議会(市会)では、国の空家特措法制定前に「名古屋市空家等対策の推進に関する条例」が議員提出で制定されていました。

現在作成中の「名古屋市空家等対策計画」のパブリックコメント案をもとに、担当課(市民経済局地域振興部地域振興課)から説明を受けました。空家等対策のために専属職員(主査1名、技師2名)を配置しています。

詳しくは、名古屋市HPに掲載されています。→空家等対策の推進

私自身は「空き家対策」の一般質問等にまだ取り組んでおらず、名古屋市職員の説明、他の議員の質問などを聴きながら勉強しました。

名古屋市の市街地は、戦後復興期の住宅が多いようで、当初の所有者が亡くなって空き家となった住宅の対策が急がれているようです。空家等対策推進会議や空家等対策審議会の体制、代執行・命令の状況、空き家バンク、空き家管理パックの質問がありました。

また、セルフネグレクト対策との連携、集合住宅の扱いなど、各議員の問題意識と関連した質問もあり、勉強になりました。

名古屋市庁舎は歴史ある建築物です。名古屋市会の議場を見学させてもらいました。
c0236527_07204938.jpg

c0236527_07204909.jpg

視察後、私は帰宅。他の委員は「債権管理(インターネット公売)」「地域資源の活用」の視察のために他市へ向かいました。

# by takashi_tanioka | 2017-11-06 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
5日、市民活動フェア「第14回みんなでまちづくり-交流の”わ”をひろげよう」が開催されました。この日は他の企画と重なる年が多く、数年間参加していませんでしたが、今年は家族5人で参加しました。
c0236527_21461157.jpg

昨年まではサンロード津田沼が会場でした。今年は市役所新庁舎のグランドフロアーと1階ロビーが会場となりました。広々としていて、様々な市民活動団体のブースをまわりやすくなりました。
c0236527_21461224.jpg

工作や折り紙など、子ども向けのコーナーもあり、長男と次男も楽しんでいました。
c0236527_21461268.jpg

c0236527_21461287.jpg

放課後児童会(学童保育)による絵画展もありました。7つの児童会の子ども達の絵が展示されていました。
c0236527_22031025.jpg

# by takashi_tanioka | 2017-11-05 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
4日、習志野市日本共産党後援会主催の日帰り旅行「横須賀軍港クルーズ・三崎港産直センター・三渓園」。今年の行き先は神奈川県で、バス一杯の50人を超える参加でした。

昨年は長男のサッカー試合のため、私は参加できず、妻と長女、次男、祖母が参加。今年は、長男を含む家族5人で参加しました。

まずは、横浜市の三渓園へ。「行きたくない」と朝騒いでいた長男も、到着したら機嫌良くきょうだいで遊んでいました。
c0236527_10403591.jpg

c0236527_10403511.jpg

昼食は、三浦市の三崎港産直センター「うらり」へ。次男が「釣りの船に乗りたい」と泣いて騒ぎ、困りました。
c0236527_10403596.jpg

近年の党後援会旅行は「憲法」「反戦平和」をテーマにしたものが多いです。4年前は田中正造記念館(群馬県)、2年前は予科練平和記念館(茨城県)でした。今年は米海軍横須賀基地(神奈川県)でした。
c0236527_10403670.jpg

世界で唯一、アメリカ国外に米原子力空母の母港があるのが横須賀基地です。他の原子力艦船の入港も多いです。一国の首都近郊に外国の大軍事基地があるという点でも、対米従属と日米軍事同盟を象徴する軍港です。
c0236527_11031085.jpg

この日は、原子力空母「ロナルド・レーガン」は出港していました。イージス艦などの米海軍艦船が停泊していました。地元の平和委員会の方が同行して解説してくれました。
c0236527_10403603.jpg

向かい側には、日本の海上自衛隊横須賀基地があります。ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」が停泊していました。事実上の「ヘリ空母」です。
c0236527_10403654.jpg

私は広島県呉市生まれなので、海上自衛隊の艦船は見慣れているのですが、外国軍の大規模基地には違和感がありますね。従米右翼の人達は好きなのでしょうが・・・。







参加者の感想を聞いたら、他党の後援会旅行に参加したことのある人から「○○党の後援会は国会議員の企画ばかりで、国会見学+1か所というパターンが多い」「(議員以外の人が)テーマを決めて準備する企画は良い」という感想がありました。

私は日本共産党の後援会旅行しか経験したことがないので、「他党はそのようなものなのか・・・」と思いながら聞きました。

# by takashi_tanioka | 2017-11-04 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
11月3日は、日本国憲法が公布された日(71周年)です。安倍9条改憲NO!全国市民アクション実行委員会戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会が呼びかけた「安倍9条改憲NO!全国市民アクション 11・3国会包囲大行動」に、長女と次男を連れて参加しました。
c0236527_23353325.jpg

国会周辺に4万人が集まりました。私は永田町駅から向かいましたが、国会図書館側の歩道はぎっしりで前へ進めず、国会正門側へ抜けるのに30分かかってしまいました。
c0236527_23353251.jpg

c0236527_23353326.jpg

国会正門前も満杯状態だったので、憲政記念館で一休み。疲れて寝ていた次男が起き、池の鯉を相手に長女と次男とで遊んでいました。
c0236527_23353275.jpg

国会周辺の歩道は鮨詰め状態で危ないのに、警察は参加者を歩道内に押し込もうとします。航空写真に参加者が写らないようにしているのでしょう。憲政記念館などの緑地には、歩道から溢れた参加者が多数いました。
c0236527_23353232.jpg

主催者のほか、ノーベル平和賞受賞が決まったNGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」の川崎哲さん、韓国で朴槿恵政権を退陣に追い込んだ市民運動から金泳鎬さん、立憲民主党の枝野幸男代表、日本共産党の志位和夫委員長、社会民主党の福島みずほ副党首など、様々な人が連帯のあいさつをしました。

「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」が呼びかけられています。9条改悪の国民投票を通さないための「3000万人署名」です。みんなで協力して宣伝し、集めていきましょう。→署名用紙
c0236527_22463467.jpg

c0236527_22463950.jpg



# by takashi_tanioka | 2017-11-03 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
c0236527_06380214.jpg10月30日~11月2日、党議員団会議や党支部会議、事務作業などの4日間でした。

1日朝は、京成大久保駅で議会報編集委員会として「ならしの市議会だより」を配布しました。布施孝一議員がいっしょでした。

さて、総選挙で遅れていた党習志野市議団ニュースの2017年秋季号の作成にやっと入りました。原稿執筆を進めています。

9月議会の特徴の一つとして「受動喫煙防止条例の早期制定」の議会陳情があります。

今年8月、スモークフリーキャラバンの会で「スモークフリーキャラバン in 千葉」に取り組んでいる皆さんが、宮本市長に「受動喫煙防止条例の早期制定を求める要望書」を提出しました。


宮本市長・担当職員の方でも、受動喫煙防止条例の提案を検討しています。市役所には「国内では毎年受動喫煙が原因で1万5千人の方が亡くなっています」のポスターが掲示されています。

9月議会には、この市民団体から「受動喫煙防止条例の早期制定を求める陳情」が、県内各地の市町村議会に提出されました。習志野市議会の本会議では、日本共産党(谷岡議員)が陳情に賛成の討論をしました。

千葉市議会、船橋市議会、八千代市議会では、全会一致または圧倒的多数で可決された陳情であり、誰もが納得できる内容でした。

ところが、習志野市議会では、文教福祉常任委員会でも、議会本会議でも、賛成少数で否決。委員会審査では、陳情提出者に不当なレッテルを貼る発言まで飛び出しました。

受動喫煙対策の基準は「望まない受動喫煙を禁止すること」にあります。これは当然のことであり、陳情文にある「地域の特性に応じた受動喫煙防止条例を早期に制定すること」は、まっとうな要求です。

議会本会議の採決では、日本共産党(3人)、新社会党・無所属の会(2人)、民意と歩む会(2人)しか賛成しませんでした。近隣自治体の議会とは大違いの結果であり、恥ずかしいです。(注)民意と歩む会は1人が反対しました。

9月議会では市民団体の陳情が否決されてしまいましたが、日本共産党は、条例制定への不当な圧力を批判し、早期制定を引き続き求めていきます。
c0236527_06380272.jpg

# by takashi_tanioka | 2017-11-02 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_17364128.jpgc0236527_17364041.jpg23日から始まったフジテレビの月9ドラマ「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」。市議会を舞台にしたドラマということで、初回から観ています。

初回は、解雇されて無職になった夫婦のうち、妻が年収950万円につられて市議会議員に立候補するという展開でした。(ちなみに、習志野市議会の報酬はもっともっと低いですし、退職金・議員年金はありません。)

フィクションのテレビドラマですから、市議会議員の現実と異なるのは当然なのですが、もっと調査・取材してから脚本を書いた方が面白くなったと思います。

わが家は家族そろって「科捜研の女」「相棒」「刑事ゆがみ」「ドクターX」などのテレビドラマを好んで視ています。警察や病院などの現実とドラマが違うのは承知していますが、「ありそうでありえない」の境界線上でつくると面白いのではないでしょうか。

政令指定都市の議会なのか、もっと地方の議会なのか、はっきりしない設定。主なロケ地を千葉市内や千葉市役所にしたのは、どうなのかな? 習志野市あたりの方が良かったかも知れません。待機児問題が深刻ですし・・・。

働く子育てママさん達から支持されて議員に当選する訳ですが、共働き・ひとり親の家庭が平日日中の街頭演説を聴きにくることはほぼ無理です。盛り上がるシーンは必要だけど、一工夫欲しいところでしたね。

そうは考えながらも、「多くの人達は市議会議員をこのようにみているのか」と思いながら、参考に、それなりに楽しみながら、続けて録画して視ています。

「民衆の敵」という題から考えて、これからドタバタする展開になってくるのでしょう。上手な脚本を期待したいです。

さて、地方政治に関する映画・ドラマで、私が好きなのが、映画「善人の条件」です。1989年の日本映画で、ジェームス三木さんの映画監督デビュー作です。

地方都市の市長選挙をめぐる話。「暗い話」「観客を不愉快にさせる」という感想もありますが、私は大学生のとき、興味深く観ました。丹波哲郎さんが演じる選挙参謀が好きでした。

今でも、映画で描かれるような選挙が一部の自治体に残っていると聞くことがあります。「ありそうでありえない」どころか、実際に横行していた腐敗選挙を描いた映画でした。

スカッとさせる娯楽映画としてはダメなのかも知れませんが、「腐敗した政治、金まみれの選挙が続くのは、票を金で売る有権者が悪い」という訴えは、それはそれで観る人の心に響くものがあるでしょう。

私の好きな映画の一つです。DVDが出ているかわかりませんが、興味のある方は機会があれば観てみてください。
c0236527_06205867.jpg

# by takashi_tanioka | 2017-10-30 23:30 | ひとりごと | Comments(0)
29日、習志野市学童保育連絡協議会(市連協)と習志野市こども部児童育成課の意見交換会に、谷津南児童会の保護者として出席しました。
c0236527_06205738.jpg

谷津南児童会が「意見交換会係」であり、司会運営や会場設営などを受け持ちました。今回も日曜日開催となり、預かり保育の部屋も準備してもらえ、共働き・ひとり親の家庭は助かりました。児童育成課の配慮に感謝します。

市連協加盟の市内児童会の保護者会から、40人を超える保護者が集まりました。前回と同様、支援員組合の先生方がボランティアで預かり保育をしてくれたので助かりました。

第2回意見交換会のメインは、来年度予算編成に向けた市連協の要望についてです。市連協会長から要望書(市長宛)を提出し、副会長(要望書担当)が概要を説明しました。

その後、第1回意見交換会で出された各種要望へのその後の対応も含め、児童育成課長から説明を受け、各児童会から質問・要望を出してもらいました。

児童会ごとに保育や施設の状況に特徴があり、質問・要望が活発に出されました。他の児童会の発言は「そのようなやり方をしているのか」「そのような問題があるのか」と初めて知るものもあり、参考になります。

すぐに解決できない難しい課題はありますが、一つ一つの質問・要望について担当職員がていねいに答えていく姿勢はいつも感心します。

谷津南児童会については、奏の杜からバス通学で通う児童が急増しており、児童会の分割が来年度の重要課題となっています。児童育成課から分割の方針が説明され、谷津南保護者会長からも質問が出されました。

全体的に注目されたのが、大規模災害への対応です。東日本大震災時のたいへんな経験が今も語り継がれています。防災用品や非常食・水の準備と保管、防災倉庫の利用など、まだ統一した基準はありません。

特に小学校敷地内の防災倉庫の利用は、地元の町会・自治会やまちづくり会議との関係があるので、いざというときに放課後児童会(学童保育)で使って良いのか、不安があります。関係者間の調整が今後の課題の一つです。

今年度の意見交換会は、今のところ、第2回で終わりの予定です。今回の取り組みを来年度にしっかり引き継いでいきたいです。


この日は「第50回 習志野八千代・子どもと教育を語るつどい」が津田沼小学校で開催されていました。こちらも、各児童会から手分けをして参加していました。わが家は妻が参加しました。
c0236527_06205764.jpg

午後、私は次男の子守りを担当。次男を連れて、習志野市民フォーラムの定例会に久々に参加しました。大雨でしたが、多くの人が参加しており、活発に議論をしていました。

# by takashi_tanioka | 2017-10-29 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
28日、「習志野市福祉ふれあいまつり」が開催されました。今年は、市役所新庁舎のグランドフロアーと1階ロビーが会場となりました。

私は、これまであまり参加する機会がなかったのですが、この日は長女を連れて参加しました。
c0236527_06205669.jpg

第一中学校管弦楽部による合奏をしていました。階段を利用したイベントスペースの設置は、新庁舎になって良かった点です。
c0236527_06205623.jpg

福祉団体などによる展示・販売のほか、市内の特別支援学級と特別支援学校の作品展示もしていました。
c0236527_06205618.jpg

千葉県立習志野特別支援学校(小学部)の作品展示。袖ケ浦東幼稚園跡(袖ケ浦東小学校に隣接)を活用して、小学部単独の特別支援学校が設置されました。
c0236527_06205792.jpg

# by takashi_tanioka | 2017-10-28 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka