谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ
25日、9月議会の一般質問の通告開始。私の一般質問は9月11日の予定です。午後は、議案勉強会・重要事項説明がありました。

提案予定の23議案のうち、一般会計補正予算案(議案31号)には、「鷺沼西跨線橋補修工事に伴う鷺沼小学校通学バス運行計画(案)」に基づく予算案が盛り込まれました。

事業名は「橋りょう対策事業」とされ、①バス運行委託、②交通誘導員賃金等、③バス乗降場整備工事の3つに、1157万1千円が計上されています。市議会議員に配布された資料を掲載します。
c0236527_09191076.jpg

この補正予算案には、「第七中学校区こども園整備事業」も盛り込まれました。秋津幼稚園を廃止し、香澄幼稚園の場所に3~5歳児の「認定こども園」を整備する予算です。

保護者・住民への説明開始からわずか3か月で、保護者・住民に反対意見が強いにも関わらず、統廃合予算を計上するという強硬手段を宮本泰介市長はとりました。

秋津幼稚園と香澄幼稚園の統廃合に反対する議会請願の署名運動が拡がっています。補正予算案と議会請願にどのように対応するか、各議員・各会派の態度が問われます。

重要事項説明として、ボートピアの警備体制・歩行者導線の変更、仲よし幼稚園跡地の地中埋設物、障がい者グループホーム、鷺沼台二丁目地区土地区画整理事業、第七中学校区における市立こども園の設置、選挙運動の公費負担が説明されました。

仲よし幼稚園跡地のマンション建設(市有地を売却)では「地中埋設物の発生」を口実にした財政投入(事実上の値引き)の動きがあり、注意が必要です。



新京成跨線橋の現状
# by takashi_tanioka | 2017-08-25 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
24日、JR津田沼駅南口で活動報告をした後、9月議会の準備で市役所へ。夜は、大久保地区公共施設再生事業に関する市民説明会に参加しました。

今回の説明会は「設計編」とされ、「施設の位置や外観、各部屋の具体的な配置、人や車の動線等」の説明に限定する案内が市民にされました。

4月の説明会で、統廃合自体に異論がある市民から多数の質問・意見が出されたことに懲りたのか、「統廃合は決まったことなんだから、今さら統廃合に文句を言うな」というような釘のさし方をしたようでした。

相変わらず、新しい集約施設が建設される習志野市民会館が会場でした。他の廃止される施設(公民館、図書館、児童館、生涯学習施設)から離れており、その地域の住民は参加しにくいです。

新しく綺麗な集約施設が建設される地元での説明会なので、事業を賛美する意見が多数を占めるかと思ったら、そうでもありませんでした。「夢がある」「わくわくする」という発言も少数ありましたが・・・。
c0236527_09092508.jpg

勤労会館の建てかえと今後の利用、公民館・図書館の事務室や学習室などの配置、工事車両の出入りなど、様々な質問・意見が出ました。

真っ当な意見が多くの参加者から出されました。逆に「担当職員と仲の良いグループ」の内部では、そういった問題意識のある人がいないのかな?と感じました。

今回の説明会で良かったのは、民間委託(PFI事業)の事業を推進する「習志野大久保未来プロジェクト株式会社」が説明席に座ったことでした。中心となるスターツグループや、設計監理業務を担当する株式会社青木茂建築工房、株式会社三上建築事務所も説明席にいました。
c0236527_09084006.jpg

基本設計が初めて市民に公表されました。PFI(Private Finance Initiative)は、私企業に依存する事業手法ですから、担当する市職員にもわからない部分が出てきます。民間事業者(スターツなど)が多くの質問に回答していました。
c0236527_09084594.jpg

PFI推進側(スターツや資産管理室)と市民側とで考え方が大きく違っていたのが、特別目的会社(SPC)のあり方についてでした。

市民が「習志野大久保未来プロジェクト株式会社」に問い合わせたいことがあっても、書類上の事務所に電話がありません。訪ねて行っても、常駐の職員もいません。市民への対応よりも、経費節減が優先なのでしょうが、営利優先のPFI事業の弊害の一つではないでしょうか。
c0236527_09085175.jpg

c0236527_09085665.jpg

市民の質問に対するスターツ側の回答を聴いていると、社会教育、勤労者福祉、児童福祉などの知識がないことも感じます。公共施設=教育・福祉の施設という発想ではなく、「不動産」の一つという発想なのでしょう。

この発想の違いが、駅前一等地の市有地の活用方法に現れてきます。市民の質問を通して、学習室など公共スペースが不足することが明らかとなってきました。

それでも、駅前一等地にマンション建設用地を確保してあります。社会教育の場の確保よりも、スターツの収益事業の方が優先されてしまいます。

ワークショップ参加者からも「公民館の部屋数が足らないのに、なぜ、駅前一等地にマンションを建設するのか」という質問が出されていました。

また、社会教育・生涯学習を担当する教育委員会が説明席にいないことにも、批判の声が出ました。資産管理室長は「次回は社会教育課の出席を求めたい」と回答しましたが、現場責任者である教育長の出席も必要と思います。

c0236527_09090205.jpg

c0236527_09090887.jpg

また、もう一つ大きな問題となったのが、「工事計画概要」で初めて説明された内容です。近隣住民や歩行者への対応に疑問が出されました。
c0236527_09091444.jpg

特に「工事車両の運行計画」の問題が深刻です。幅が狭い道路、危険な踏切を工事車両が行き来する計画となっています。

これまでも、京成大久保駅周辺はマンション建設の増加などで、駅南北・踏切周辺の工事車両の通行が大問題となってきました。

この運行計画は、地域住民の合意を得るのが難しいでしょう。資産管理室長は、元は「建築指導課長」だったのに、何で杜撰な運行計画を認めるのか疑問です。民間事業者側に甘すぎます。
c0236527_09092024.jpg

私としては、教育・福祉施設の統廃合の是非について、引き続き追及していきます。また、新しい集約施設の基本設計・管理運営のあり方、工事計画の内容、地域住民の住環境などについて、市長・資産管理室や教育委員会が民間事業者側に甘い対応をしないよう、厳しくチェックしていきたいです。



# by takashi_tanioka | 2017-08-24 23:40 | 公共施設再生 | Comments(0)
23日、スモークフリーキャラバンの会で「スモークフリーキャラバン in 千葉」に取り組んでいる皆さんが習志野市役所を訪問。宮本泰介市長宛ての「受動喫煙防止条例の早期制定を求める要望書」を提出しました。

私は、東京でスモークフリーキャラバンに参加している友人から依頼され、担当課との間に入って日時の調整などをしました。

習志野市議会で受動喫煙防止に取り組んできた佐野正人議員(民意と歩む会)にも声をかけ、いっしょに会の方々と懇談し、要望書提出に立ち会いました。

健康支援課長・主幹が要望書を受けとり、「習志野市の公共施設等における受動喫煙防止対策に関する指針」など市の取り組みを説明しました。

意見交換のなかでは、私の自宅近くの住民の訴えなど、特に公共の場で注意しなければならないことなど参考になりました。

この日のキャラバンが、8月24日付の「毎日新聞」に掲載されました。私は会の皆さんの後ろに立っていたので、顔が写っていませんね。
c0236527_07335626.jpg

「スモークフリーキャラバン in 千葉」は、習志野市議会にも陳情書を提出しました。9月議会で審議されることになります。

# by takashi_tanioka | 2017-08-24 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
23日午前は、会派代表者会議。午後は、習志野市教育委員会の第8回定例会を傍聴しました。報告事項1件、議決事項2件、協議事項2件でした。これらのうち、補正予算案の1件が非公開でした。

協議事項「第七中学校区における市立幼稚園のあり方について」は市民の関心が高く、11名の傍聴者でした。以下、第8回定例会で配布された資料の一部(写真)です。
c0236527_20500635.jpg

議決事項「平成30年度習志野市立幼稚園園児募集要項について」は、この協議事項と関連しています。「香澄こども園」開設を前提とした募集要項に賛成すれば、事実上、「香澄こども園」への幼稚園統廃合を認めたことになります。

教育委員会が幼稚園統廃合を認めると、それを受けて、宮本泰介市長が9月議会で「第七中学校区こども園整備事業」を補正予算案に組み込んで提案していきます。
c0236527_20514023.jpg

8月定例会では、貞廣斎子委員が「香澄こども園」について「合理的な案」と発言しました。あたかも住民・保護者側が「感情的」であるかのような発言でした。

しかし、会議で配布された「秋津・香澄地域における推計人口」をみると、全市的に0~5歳児の推計人口が減少していくなか、秋津地域は平成31年度(2019年度)まで増え続け、香澄地域は平成45年度(2033年度)まで増え続ける推計となっています。

c0236527_20525763.jpg

4歳の幼稚園入園児が少ない香澄地域は、今年度だけ4歳児の人口が少ないという特殊事情があるようです。来年度の4歳児(現在の3歳児)は再び増加することが、統計資料でもわかります。
c0236527_20532640.jpg

そもそも、市立幼稚園において3歳児保育を導入しないことが園児減少の主要因であることについて、教育委員は誰も発言しようとしません。
c0236527_20533439.jpg

市立こども園において、3歳児に「合同保育」を導入することについて、専門家や保護者などで構成された「習志野市こども園整備・市立幼保再編検討委員会」では一切検討されませんでした。

科学的・実証的な調査・研究にもとづく議論をしないで、教育委員会で関連議案を採決したのは極めて杜撰です。上記の検討委員会の再開、または新たな検討委員会の設置をし、詳細に検討すべきではないでしょうか。

「保護者や地域住民からの要望事項とその対応」について、教育委員会事務局は「条件付き賛成」ととれる意見ばかりを記載しました。

一応、口頭では「白紙撤回」の意見があることを報告しましたが、ほとんどの教育委員はその意見を無視しました。そして、すべての教育委員が幼稚園統廃合の議案(「香澄こども園」を前提にした幼稚園園児募集要項)に賛成しました。
c0236527_20534659.jpg

戦後の教育委員会制度の理念を忘れ、自らは「合理的」な検討もしないで、異議のある市民に「感情的=非合理的」等のレッテルを貼り、市長の意向を忖度してばかりいる教育委員たちには何も期待できません。

住民・保護者によってつくられた「秋津有志の会」と「秋津幼稚園PTA有志」の皆さんが市立幼稚園存続の署名運動に取り組んでいます。日本共産党も住民・保護者に協力することを確認し、署名集めをしています。
c0236527_20535448.jpg

# by takashi_tanioka | 2017-08-23 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
21日~22日は、9月議会の準備、生活相談、党内会議などでした。一般質問の準備のために、鷺沼台2丁目で訪問活動をし、意見を聴き取りました。

写真は、鷺沼台2丁目の土地区画整理事業の予定地です。区画整理・宅地開発による児童急増に鷺沼小学校が対応できないため、大久保小学校への通学区域変更がされました。


c0236527_23312221.jpg

上の写真の空き地が開発され、新築住宅の子ども達は大久保小学校へ通学するために、写真手前(東の既存住宅側)の方向へ向かって歩いてきます。

ところが、東の既存住宅の子ども達は、西側へ向かって新築住宅の子ども達と交差しながら、鷺沼小学校へ通うことになります。

c0236527_23312935.jpg

すでに鷺沼小学校に通っている子ども達は、そのまま卒業まで通い続けたいかも知れません。しかし、今後入学する子ども達は、隣近所の子ども達といっしょに通えるよう工夫が必要ではないでしょうか。

このほかにも鷺沼台から津田沼にかけて新築住宅(戸建てとマンション)が増え、鷺沼小学校、大久保小学校、津田沼小学校は満杯の状態になります。

近年の習志野市では、JR津田沼駅南口の「奏の杜」、東習志野の「ユトリシア」・・・と、地元小学校がパンクする開発を先に認め、後追い的に虫食い的な通学区域の設定(変更)を教育委員会がせざるをえない事態が続いています。

付け焼刃の学区変更を繰り返す教育委員会は愚かですが、無理な開発行政を押し進める宮本市政・市長部局の責任も問われます。

# by takashi_tanioka | 2017-08-22 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
19日~20日は、谷津・奏の杜地域で訪問活動をしました。写真は、谷津パークタウンからみた谷津・奏の杜地域です。
c0236527_06362424.jpg

c0236527_06363551.jpg

c0236527_06363051.jpg

谷津6丁目からJR津田沼駅方面を撮影。昔は庄司ヶ池があった場所です。昔は畑だった「奏の杜」の方が高台です。
c0236527_23424001.jpg

このほか、20日午前は、千葉県生活と健康を守る会連合会による国民健康保険の学習会「どうなる国保・・・国保の都道府県単位化とは?」に参加しました。保険料全体の値上げに加え、均等割の値上げは家族が多い低所得層に大打撃です。

20日午後は、地域で議会報告会をしました。6月議会の特徴のほか、国保料の値上げ、市立保育所の民営化、秋津・香澄地域の幼稚園統廃合などの市政の課題、谷津小学校のパンク、谷津南小学校のバス通学、保育所・学童保育の待機児急増、谷津干潟周辺の悪臭などの地域問題について話しました。

20日夜は「原爆の絵展」の片付けの手伝いでモリシア津田沼へ。結構忙しかった2日間でした。

# by takashi_tanioka | 2017-08-20 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
18日~20日、JR津田沼駅南口のモリシア津田沼1階で「習志野平和のつどい・原爆の絵展」が開催されています。
c0236527_07095986.jpg

私は、近年は市民プラザ大久保で観ることが多かったのですが、今年はモリシア津田沼の会場設営の手伝いを頼まれ、18日朝からモリシア津田沼へ行きました。
c0236527_06361934.jpg

実行委員会で長年中心になっていた方が急逝され、応援のために多くの人が集まりました。実行委員のほか、民進党、新社会党、日本共産党の議員等も設営を手伝っていました。
c0236527_06360847.jpg

時間がかかってしまいましたが、みんなで協力して設営を終えました。貴重な絵や写真が多数展示されています。設営の途中から、買い物客の方々が観に来ていました。
c0236527_06361317.jpg

# by takashi_tanioka | 2017-08-18 23:40 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
18日朝、谷津干潟から若松交差点に向かう道で議会報告を配布しました。谷津干潟周辺の例年を超える悪臭はおさまりましたが、様々な住民から今年の状況の質問を受けました。


c0236527_06352749.jpg

また、赤潮以外のアオサの腐敗臭は一年間を通しての問題です。悪臭対策の強化、ていねいな住民説明など、9月議会の一般質問、10月の決算委員会などで取り上げていきたいです。
c0236527_06355790.jpg

17日~18日は、党議員団会議で9月議会の準備を進めたり、会派代表者会議の準備をしたり、生活相談を受けたりの2日間でした。

# by takashi_tanioka | 2017-08-18 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_07515067.jpg17日、習志野市保育所・こども園保護者会連絡会(市保連)の要望書の提出に保護者(谷津南保育所)として参加しました。

市保連は、保育所やこども園(長時間児)の保護者を代表して、保護者アンケートに基づいた要望書を市長へ毎年提出しています。私は4年ぶりの参加であり、要望書の作成・提出の時期が早くなっていたのは驚きました。

病児・病後児保育の拡充、紙オムツの処理、午睡用寝具の整備など、日々の保育に関する要望がうまくまとめられていました。

案文を検討する定例会のときも、要望書担当の保護者の報告を聴いたり、加筆修正を要望する保護者の話を聴いたりして、その熱心さに感心していました。

要望がなかなか実現しない、あるいは納得いく回答が返ってこないなどのことから、昨年度と同様の要望が繰り返されている項目も少なくありません。

また、300人を超えた保育所待機児の対策、新設の菊田みのり保育園に関する保護者説明、大久保こども園の建設、秋津・香澄地域のこども園計画の前倒し、保護者会への対応のあり方など、現在進行形の諸問題も要望されました。

4年前に建設中・計画中だった施設等が運営を開始しています。保護者会側が「保育の質」を守ることを強く要望して実った部分もありますし、心配していた課題が表出してきた部分もあります。行政側が無反省のまま推進されるこども園統廃合には、引き続き注意が必要と感じました。



今回対応したのがこども保育課だけで、市長や部長の出席がなくなったのはがっかりしました。習志野市HPをみると、習志野市PTA連絡協議会(新旧会長会)では宮本市長が出席してあいさつしているようです。PTAと保護者会とで差別的な扱いが仮にあるのだとしたら、問題ですね。



長女の誕生日プレゼント-今年はアイカツスターズ!
# by takashi_tanioka | 2017-08-17 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
16日、幕張メッセで開催中の「ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ」へ、家族5人に甥も加え、総勢6人で行きました。

c0236527_22532383.jpg

今回の「ギガ恐竜展」は、復元に力が入れられていました。ロボットで恐竜の動きを復元した展示もいくつかありました。迫力がありました。
c0236527_22532922.jpg

入口付近に展示されていた「恐竜博士」です。福井県立恐竜博物館からやってきたそうです。次男が膝に乗っていました。
c0236527_22533582.jpg

恐竜に羽毛があったことが知られてきました。従来は羽毛無しで復元されてきたペレカニミムス(白亜紀前期)は、現在では羽毛をつけて復元されています。両者を並べて展示してあり、興味深かったです。
c0236527_22533935.jpg

c0236527_22534388.jpg

2年前の「メガ恐竜展」もおもしろかったですが、その後も、恐竜を含めた進化の研究が急速に進んでおり、わくわくします。私が子どものときの知識とは大きく違ってきています。



人類の進化の歴史
# by takashi_tanioka | 2017-08-16 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka