人気ブログランキング |

谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ
16日~18日、JR津田沼駅南口のモリシア津田沼1階で「習志野平和のつどい・原爆の絵展」が開催されています。私は長男と長女を連れて、17日に行きました。→昨年の様子
c0236527_23120598.jpg

今年は「原爆投下直後の広島の市街地」のジオラマが展示されていました。
c0236527_23121718.jpg

山武長生 憲法を生かす会が手作りで制作したものを借りたそうです。良くできていました。
c0236527_23154063.jpg

長男と長女は、千羽鶴の鶴を熱心に折っていました。
c0236527_23123024.jpg

18日午後1時から、同じ会場で「平和リレーコンサート」が行なわれます。

# by takashi_tanioka | 2019-08-17 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
15日、地元の党支部といっしょに習志野市内を宣伝カーでまわり、日本共産党の終戦記念日の訴えをしました。各所で手をふってくれる人がいて、元気づけられました。

私は、大久保マルエツ、第五中学校前、JR津田沼駅南口、谷津パークタウンで街頭演説をしました。党書記局長の談話をもとに演説原稿を準備しました。

このほか、訴えや政策などを自分の声で録音し、宣伝カーで流しながらまわりました。特に下記のことを強調しました。

●74回目の終戦記念日にあたり、日本軍国主義による侵略戦争と植民地支配の犠牲となった内外の人々に、深い哀悼の意を表します。

●安倍政権による改憲の狙いが、海外での無制限の武力行使を可能にし、アメリカとの「血の同盟」づくりにあることは明白です。安保法制=戦争法が施行され、自衛隊が米軍とともに海外で戦争する体制づくりが進んでいます。国民の世論と運動をさらにひろげ、安倍政権による改憲策動に終止符を打ちましょう。

●北東アジアの平和構築にとっても、アジア諸国民との友好と良好な経済関係にとっても、日本政府が、過去の侵略戦争と植民地支配の過ちと向き合い、真剣に反省する立場にたつことがいよいよ重要になっています。

●安倍政権は、徴用工問題で「韓国が一方的に条約に違反している」と非難しますが、被害者個人の請求権が残っていることは日韓両国の政府と最高裁が認めています。日本政府と当該企業が植民地支配と人権侵害を真摯に反省し、被害者の名誉と尊厳が回復できるよう、日韓の政府間で話し合い、公正な解決方向を見いだすことを求めます。




さて、映画「この世界の片隅に」がNHKで放映されたので、録画して子ども達といっしょに観ました。

映画を観た際、8月15日の玉音放送後のセリフのつながりに違和感を感じていました。今回のテレビ放映でも感じました。

インターネット検索をしてみると「原作と映画でセリフが違う」という記事があったので、原作を購入して読んでみました。それでやっと理由がわかりました。
c0236527_02571366.jpg

玉音放送の後、呉市内に太極旗が掲げられたという展開でした。映画版の録画を見直してみると、太極旗が小さく描かれていました。
c0236527_08475642.jpg

そして、「ああ、暴力で従えとったという事か」「それがこの国の正体かね」というセリフが「ああ、海の向こうからきたお米、大豆・・・」「そんなもんでできとるんじゃなあ、うちは」に変えられていました。
c0236527_08480104.jpg

アメリカによる空襲(暴力)を憎む自分たちも、朝鮮に対しては植民地支配(暴力と収奪)をしていたと気づく訳です。
c0236527_08480693.jpg

原作のすずのセリフは唐突すぎるので、生活に密着したセリフに変えたようです。しかし、セリフを変えて出すなら、すずが暮らす呉における朝鮮人労働者や家族の存在と生活を一定程度描いておかないと、観客の多くは、このシーンの意味がわからないのではないでしょうか。

私の父は呉育ちで、私も6歳まで呉で暮らしていましたが、戦前の朝鮮人労働者のことは意識していませんでした。急に太極旗を登場させては、植民地支配の歴史に詳しくない人は戸惑うでしょう。

呉における朝鮮人の存在を描かずに、太極旗を唐突に登場させ、すずのセリフを入れる描き方の不自然さは、原作に由来するものでしょう。下記ブログの管理人が指摘するようにアリバイ的に入れたと言われてもしかたありません。

映画版で朝鮮人の存在と生活を挿入する修正をしても良かったのではなかったでしょうか。ところが、映画版では逆に、太極旗を小さく描くという変更(政治的配慮?)をしています。これでは、ますますアリバイ的です。

太極旗も含め「この世界の片隅に」の描き方で様々な議論があったことを今夏初めて知りました。うかつでした。今さらながらですが、太極旗について、私は上記のような感想をもちました。

このほか、映画版における日の丸の扱いなどリアリティの問題、原作者の過去の言動など、下記のブログは参考になりました。興味のある方は読んでみてください。

ブログ管理人の方は細かく調べています。ただし、ブログ管理人も注意しているように、こんな素晴らしい作品にケチをつけるのは許せないという方は、お読みにならないことをお勧めします。


私は様々な戦争漫画を読んだり映画を観たりしますが、「必ず加害性を描け」と言うつもりはありません。様々な描き方があるでしょう。

例えば、映画「火垂るの墓」は日本人だけの世界ですが、我が家の子ども達は「飢えて死ぬ人がいた」ということに興味をもってか、(私以上に)録画を観ています。それはそれで意味があるでしょう。

朝の連ドラの戦時中のシーンなんて日本人だけですし、「この世界の片隅に」のTBSテレビ版も日本人だけの世界で太極旗は出てきませんでしたが、私は取り立てて批判はしません。ただ、「描くのならきちんと描け」という考えです。

映画「この世界の片隅に」は、戦時中の日本人の庶民生活の一面を描いたアニメーション作品として優れていると思いますし、原作も勉強になります。私自身、感動したり、感心したりするシーンは多々ありました。→2017年2月13日のブログ

ただし、賛美されすぎるのはどうかと思うのです。当時の日本で暮らしていた庶民のうち、日本人であり、「非国民」と呼ばれることもなかった人達の物語であることをふまえて観るべきでしょう。

上記のほか、下記の記事も参考になりました。こちらも、興味のある方は読んでみてください。




# by takashi_tanioka | 2019-08-16 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
14日朝、新聞配達の後、京成大久保駅で活動報告。その後、自宅に戻り、第101回全国高等学校野球選手権全国大会をテレビで観ました。

この日は妻の仕事が休みだったので、妻、長男、私でテレビ前に陣取り、習志野高校を応援しました。このところ、長男と長女はテレビアニメの「キャプテン」と「プレイボール」の再放送にはまっています。

対戦相手は、鶴岡東高校(山形県)。強力な打線に、守備も固かったですね。途中から私は市役所へ向かい、ハミング階段のパブリックビューイングで観ました。

会場一杯に応援の市民が集まっていました。習志野高校らしいと言うか、4回裏から猛烈に追い上げ。しかし届かず、9対5で鶴岡東高校が勝利し、習志野高校は3回戦進出ならずでした。

選手の皆さん、最後までがんばりました。「美爆音」で話題となった応援団・吹奏楽部の皆さんもお疲れさまでした。
c0236527_02570790.jpg

# by takashi_tanioka | 2019-08-14 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)

墓参りと航空科学博物館

c0236527_03572208.jpg11日、地元の党支部会議の後、家族5人で墓参りに行きました。子ども達が墓を掃除してくれました。

墓参りと合わせて、航空科学博物館へ行きました。2年ぶりです。

長男と長女は何回も来ているので、飽きてきたようです。次男ははしゃいでいました。

航空科学博物館は開館30周年です。リニューアルオープンしたので、私も興味をもっていました。(と言うか、私自身が行きたかった・・・。)

行ったとき、成田国際空港のA滑走路は離陸する旅客機が中心でした。大きく見えました。
c0236527_03572778.jpg

展示物が少し増え、きれいにもなりましたが、基本的には30年前の展示物です。「ジャンボジェットももう古いな」と感じました。
c0236527_03573174.jpg

高校生以下の入館料据え置きはよかったです。大人の入館料は少し値上がりとなりました。

増えた展示物の一つに、宮崎駿監督のアニメーションに登場する航空機の模型があります。「未来少年コナン」のギガントやファルコ、「ルパン三世 カリオストロの城」のオートジャイロなど、懐かしかったです。
c0236527_03573660.jpg

12日、午前は地元の別の党支部会議、夕方は党支部長会議に出席。その合間は、自宅で次男の子守りでした。暑いのに次男はハイテンションで、こちらは面倒をみるのがたいへんです。

# by takashi_tanioka | 2019-08-12 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
10日、船橋市教育委員会主催の「取掛西貝塚遺跡見学会」が開催されました。約1万年前の貴重な遺跡です。最後の見学会とのことなので、次男を連れて見学に行きました。

習志野市では、このような遺跡見学会はほとんど開催されません。JR津田沼駅南口開発の際に開催された「谷津貝塚遺跡見学会」が最後だと思います。このときは、私も市議会で繰り返し質問・要望して頑張り、実現にこぎつけることができました。その後、説明看板が設置されました。

取掛西貝塚の発掘調査については、船橋市教育委員会が熱心に取り組んでいるようで、国史跡を目指して調査・研究が進められています。

船橋市HPでは、次のように説明されています。

取掛西貝塚では、過去の発掘調査(平成20年度)で日本最古の動物儀礼跡が見つかり、全国的にも大変貴重な遺跡が船橋市内に残されていることがわかりました。

こうした遺跡を市民共有の財産として後世に残すため、国史跡指定を目指して3か年計画での調査を進めています。

平成29・30年度に実施した調査により、40軒を超える約1万年前の竪穴住居跡が、東西約300メートルの範囲に広がることが判明しました。つまり、取掛西貝塚は、この時期としては“関東でも最大級の集落”であることがわかってきたのです。

さらに、貝塚から出土した貝の種類や、縄文土器に残された植物の種や実の痕跡などを調べるなど、自然科学分析も実施中です。これにより、今まで詳しいことがわかっていなかった、1万年前の人々の暮らしの様子や、自然環境が明らかになることが期待されます。

詳しくは、下記ページをご覧ください。




習志野市の教育委員や市長も、この熱心さを見習うべきでしょう。(自称「文教住宅都市」なのですから・・・。)

遺跡見学会の入口です。
c0236527_23532328.jpg

縄文時代早期の遺跡です。
c0236527_23533554.jpg

同じ場所に縄文時代前期の集落もありました。早期(約1万年前)と前期(約6千年前)の集落を見比べることができます。
c0236527_23534279.jpg

縄文時代前期の竪穴住居跡です。
c0236527_23535019.jpg

縄文時代早期の竪穴住居跡です。
c0236527_23535900.jpg

これまでの発掘調査の様子が写真パネルで展示されていました。
c0236527_23540950.jpg

出土品が展示されていました。一部は手で触ることができました。
c0236527_23541688.jpg

c0236527_23542299.jpg

取掛西貝塚は、私の出身高校(県立船橋東高校)の近くです。最寄りの道路は高校時代に時々歩いていました。すぐ近くに縄文遺跡があるとは知りませんでした。

高校生の頃は、自分が習志野市議会議員になるとは夢にも思っていませんでした。昔歩いた道から習志野市方面を見たら、JR津田沼駅南口の高層マンションと千葉工業大学が見えました。
c0236527_23542917.jpg

c0236527_23543618.jpg

c0236527_23544364.jpg

# by takashi_tanioka | 2019-08-10 23:40 | 社会科学研究 | Comments(0)
9日は妻の?歳の誕生日。9日夜に長女がケーキをつくり、一日遅れで10日朝に誕生日祝いをしました。

「何で長女がケーキをつくっているのだろう?」と思ったら、母親(妻)の誕生日ケーキでした。危うく忘れるところでした。(と言うか、忘れていた・・・。)
c0236527_00280845.jpg

# by takashi_tanioka | 2019-08-10 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
市立習志野高校の野球部が第101回全国高等学校野球選手権全国大会に8年ぶりに出場。今年は春夏連続の甲子園出場となりました。

9日は1回戦で、対戦相手は沖縄尚学高校(沖縄県)でした。自宅で長男といっしょに応援しました。
c0236527_00403089.jpg

その後、党議員団会議のために市役所の議員控室へ。市役所のハミング階段には大型テレビが2台設置され、応援会場がつくられていました。
c0236527_00403580.jpg

7回あたりはウ~ム厳しいなという感じでしたが、9回で同点、延長戦で逆転勝利は見事でした。習志野高校が5対4で勝利し、2回戦進出となりました。

# by takashi_tanioka | 2019-08-09 23:40 | 習志野市政 | Comments(0)
9日は「長崎原爆の日」。習志野市主催の原爆死没者慰霊および平和祈念式典に参列しました。毎年、秋津公園の「平和の広場」で8月6日と9日に開催されています。

習志野市では、式典開催だけでなく、広島・長崎の原爆投下時刻に合わせ、防災行政無線で市内全域に黙とうを呼びかけています。

開式の後、全員の黙とう、被爆者による花輪献納・献水、市民団体の千羽鶴献納、全員の献花と続きました。
c0236527_04123806.jpg

宮本泰介市長の式辞は、この日も「核兵器禁止条約」について一言も触れませんでした。「非核三原則」に言及したことは評価しますが、核兵器廃絶平和都市宣言のまちとしては今や不十分です。

式辞の後は、市議会副議長(議長代理)のあいさつ、平和市民代表団OBの青年によるスピーチ、第七中学校合唱部による合唱が続き、閉式となりました。

「平和の広場」に隣接する新習志野公民館でも、核兵器廃絶平和都市宣言記念展が開催されています。閉式後、観に行きました。
c0236527_04124273.jpg


# by takashi_tanioka | 2019-08-09 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
8日午後、習志野市ひまわり発達相談センター主催の発達支援基礎研修の公開講座に参加しました。市職員向けの連続講座ですが、夏の公開講座には市民も参加できます。

私はほぼ毎年参加しています。今年の講師は、RKB毎日放送報道局次長兼東京報道制作部長の神戸金史さん。テーマは「障がいのある子とともに生きる」でした。
c0236527_02184891.jpg

習志野市HPでは、次のように案内されています。

新聞記者であった神戸さん、ご長男が自閉症の診断を受けた当時から、父として勉強したい、記者として自閉症を世に知らせたいという思いをもって、報道の仕事をされてきました。

3年前に障がい者施設で起きた事件、神戸さんが思いを綴られ、SNSに投稿した文章は、世間に大きな反響を呼びました。

自閉症のこと、家族の様子、ゆっくりだけど確実に成長する子どもたちの様子など、たくさんの映像を交えて、わかりやすくご講演いただきます。

「発達障がい」のうち、「自閉症スペクトラム障がい(ASD)」の保護者を経験してきた講師の話が2年続きます。→2018年8月22日のブログ

一言に「発達障がい」と言っても、ASDとADHDとLDとでは、特性も対応も異なります。特性が異なると、一保護者としては「そこはうちの子と同じ」と感じる話もあれば、「うちとは逆。あまり参考にならない」と感じる話もあります。

しかし、我が子とコミュニケーションをとるものたいへんという自閉症の話を聴くと、自閉症児を主な対象とした研修が重視されるのは理解できます。

c0236527_02185511.jpg

c0236527_02190496.jpg

神戸さんは、自分の体験を客観的に振り返りながら、ドキュメンタリー映像を用いた説明を展開しました。わかりやすかったです。

自閉症の特性と母親のたいへんさ、無理心中に追い込まれていく事例など、映像を入れた話は特に胸に刺さります。

記者時代の神戸さんのコラムをもとにしたドキュメンタリー「うちの子 ~自閉症という障害を持って~」が会場で上映されました。インターネット公開されている動画が見つからないので、代わりに下記リンクの解説をご覧ください。


ドキュメンタリーについて、神戸さんは「民生委員や町会・自治会役員の人達に観てもらいたい」「見た目は普通だけど、実は障がいがある子がいることを知ってもらうのに使ってもらいたい」と言いました。

そして、「子どもが暴れると『しつけが悪い』と言われ、母親をさらに追いつめる」「暴れる子に強く対応すると『虐待』と見られることもある」「発達障がいを理解する人が増えると、我が子の自閉症が原因で無理心中する人がいなくなる」などの話をしました。

神戸さんも多くが妻(母親)任せだったそうです。その反省もあり、母親のたいへんさを重視して話をします。でも、神戸さん(父親)が妻(母親)のたいへんさを理解しようと努力しているのは感心します。

長男と段々とコミュニケーションがとれるようになってきて、父親とラインで毎日やりとりをしている文章そのものを会場で見せてくれたのも、自閉症の特性を理解する上で役立ちました。

神戸さんの話は、記者出身ということもあってか、医師・研究者とは違う語りで新鮮に感じました。

神戸さんがSNS(フェイスブック)に投稿して反響が広がった文章を歌にした映像も会場で上映されました。いろいろな意見が寄せられたそうです。

相模原障害者施設殺傷事件の犯人と同様の意見もあったようです。神戸さんの著書「障害を持つ息子へ ~息子よ。そのままで、いい。~」に一部転載されています。会場で著書を購入しました。

この文章を歌にした映像は、YouTubeで公開されています。見てみてください。


さて、この日は、朝の駅頭宣伝に始まり、学習会、内覧会、公開講座と市内を行ったり来たりの一日でした。さすがに疲れました。

# by takashi_tanioka | 2019-08-08 23:50 | 習志野市政 | Comments(0)
8日昼、JR新習志野駅前にオープンする「天然温泉 湯~ねる」の内覧会へ行きました。市議会議員宛てに招待状が届いていました。
c0236527_01390477.jpg

「天然温泉」「岩盤浴」「キャビンホテル」をセットにした施設です。計画時から興味をもっていました。

新習志野ショッピングセンター2階に入口があります。ちょっとわかりにくかったです。
c0236527_01425705.jpg

屋内は広々としていました。ショッピングセンター2階を上手に改装してつくっていました。
c0236527_01430261.jpg

ダイニングも広いです。飲食は5店舗があり、いろいろと選べます。
c0236527_01430652.jpg

リクライニングも多数設置。大きな本棚が並んでおり、多数の漫画が準備されていました。
c0236527_01431198.jpg

浴室は、他のスーパー銭湯と比べると小規模でした。セールスポイントは「天然温泉」です。全体的には、キャビンホテルの機能を重視しているのかも知れません。
c0236527_01431676.jpg

c0236527_01432122.jpg

キャビンホテルは、男性60部屋、女性46部屋でした。東京オリンピック時の観光客、終電に乗り遅れた人などを客層に想定しているようです。
c0236527_01432562.jpg

c0236527_01433049.jpg

近隣に住宅がないので、騒音等のトラブルは生じないでしょう。車で来店した入浴客は、夕方の渋滞時に出庫がたいへんだろうと思いました。

地元住民の利用としては、一般的なスーパー銭湯のように家族連れでの利用よりも、大人が一日ゆっくりゴロゴロしたいときに便利な施設と感じました。オープンしたら行っていたいと思います。

# by takashi_tanioka | 2019-08-08 23:40 | 地域の出来事 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka