谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

秋津幼稚園廃止をストップさせる修正提案-予算委員会で可否同数

c0236527_16441788.jpg22日、一般会計予算特別委員会で補正予算案を審査。午前9時に始まり、午後4時頃終わりました。

質疑の中心になったのは、七中学区こども園整備事業の861万円でした。「香澄幼稚園を改修し、3~5歳の定員90名のこども園を整備するための改修設計委託」の費用との説明でした。

このほか、私は、①鷺沼西跨線橋補修工事に伴う鷺沼小学校通学バス運行における学童保育の対応、②市道03-022号線(青葉幼稚園と防衛省宿舎の間)の道路拡幅の詳細について質問しました。

七中学区こども園整備事業(秋津幼稚園・香澄幼稚園の統廃合)では、15人の予算委員のうち、7人が批判的な質疑をしました。この件について、市長与党の議員はだんまりで、賛成意見はありませんでした。

私は、こども園における長時間保育の観点から、①当初の「こども園構想」を変質させる計画であること、②専門家・保護者が入った検討がされていないこと、③長時間児・短時間児を同一クラスにするのは無理があること、④3歳児の保育時間・内容が未定という無責任な状態にあること、⑤保育所待機児対策にならないこと、⑥公共施設再生計画と食い違いがあることなどを質問・追及しました。

7人の委員(環境みらい、日本共産党、民意と歩む会、新社会党・無所属の会)が追及すればするほど、問題点が明らかとなる統廃合計画・予算案でした。

委員会審査の終盤で、宮内一夫議員(新社会党・無所属の会)が宮本泰介市長の出席要求の動議を出しました。しかし、公明党、真政会、輝く習志野をつくる会の議員が反対して「可否同数」となり、委員長(元気な習志野をつくる会)の裁決で動議否決となりました。

さらに、中山恭順議員(環境みらい)が「七中学区こども園整備事業」の861万円を削除する修正案(=秋津幼稚園廃止をストップする)を提案。宮内一夫議員(新社会党・無所属の会)と私(日本共産党)が「修正案に賛成、原案に反対」の討論をしました。

採決の結果、公明党、真政会、輝く習志野をつくる会の議員が「修正案に反対、原案に賛成」の態度をとり、「可否同数」となりました。

委員長裁決となり、委員長(元気な習志野をつくる会)は「修正案に反対、原案に賛成」の態度をとりました。そのため、宮本市長が提案した原案が可決となりました。

29日の議会最終日には、本会議で討論・採決がされます。問題点を追及する会派・議員が協力し、再度、保護者や住民が反対する予算案を覆すために頑張ります。





日本会議の議員のノボリが林立するJR津田沼駅南口

22日朝、JR津田沼駅南口で活動報告。自民党の衆議院議員(元防衛大臣政務官、日本会議国会議員懇談会)が、ノボリをたくさん立てて、チラシを配布していました。

私は習志野市政・市議会のニュースの配布でしたが、自民党の衆議院議員の方は総選挙を意識した宣伝であり、複数の運動員もいっしょでした。

この場所で、日本共産党や、護憲・戦争法反対の市民団体が街頭宣伝をすると、嫌がらせをしてくる人物が時々います。

一方、自民党・日本会議の議員が同じような街頭宣伝をしているときはダンマリです。「お仲間には優しい」ということですかね。
c0236527_16563839.jpg

by takashi_tanioka | 2017-09-22 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka