谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

新消防庁舎建設の実施設計の予算案・・・3月議会の議案勉強会

13日午前、会派代表者会議があり、新年度予算案の議会費を協議。政務活動費、議員定数に関する報告がありました。

新年度の議会費では、誰もが議会傍聴をしやすいように、耳の不自由な人のための手話通訳者、子連れの人のための保育ボランティア(新規)の予算も計上されています。

政務活動費の領収書等が、2016年度決算分からインターネット公開されています。

午後は、20日開会の3月議会へ向けた議案勉強会・重要事項説明があり、提案予定の26議案の説明がされました。

一般会計の当初予算案に「新消防庁舎建設事務費」「新消防庁舎建設関連事務費」として3207万8千円が計上されました。2018年度は実施設計を行なおうとしています。

宮本市長は新庁舎建設の第2期工事として推進しようとしていますが、消防庁舎について大規模改修でなく、新築で対応することは、市民合意が十分形成されていないのではないでしょうか。
c0236527_08221357.jpg

このほか、JR津田沼駅周辺地域の再開発方針案の策定の予算(2018~19年の継続費)が計上されています。モリシア再開発と習志野文化ホールについても方向性が示されるのかも知れません。

住民福祉のための施設整備・住環境整備は必要ですが、「人口減少」が問題となっているのに、開発事業が美化される風潮が一部にあるのは疑問を感じます。

重要事項として、JR津田沼駅南口土地区画整理組合の事業計画変更、子ども・子育て支援事業計画の中間見直し、子どもの生活に関する実態調査、教育委員会事務局の機構改革、学校給食センター建替事業の施設整備が説明されました。

by takashi_tanioka | 2018-02-13 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka