谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

県立津田沼高校西側の一部取得へ・・・路線バス運行と歩道整備

5日朝、谷津干潟から若松交差点に向かう道で議会報告を配布。その後、干潟東側の道路を見に行きました。

宮本市長は、3月議会初日の所信表明で、

公共交通不便地区および空白地区が一部存在する秋津地区において、京成バスルートの延伸を図るとともに、そのうえで、道路の拡幅および歩道整備のため、県立津田沼高校用地の一部を取得します。

と述べました。下の写真が、習志野市が取得しようとしている県有地(高校西側)です。
c0236527_09504665.jpg

県立津田沼高校の北西側です。高校側に歩道がありません。
c0236527_09513193.jpg

県立津田沼高校の南西側です。こちらも高校側の歩道が行き止まりになっています。
c0236527_10073894.jpg

谷津3丁目のバス停「谷津干潟」から「新習志野駅」へ路線バスを運行するには、この道路が狭いのが課題の一つでした。歩道ができるのは良いことです。

もう一つの課題があります。干潟側の歩道は「遊歩道」となっており、「自転車は走行禁止です」の看板が立っています。
c0236527_10080892.jpg

しかし、自動車交通量の多い車道側を自転車が走るのは危険です。そのため、歩道を走ってしまう自転車があるのですが、ウォーキングや干潟観察をしている人とトラブルになった話を時々聞きます。

道路を拡幅するのであれば、歩道以外に自転車通行帯を設ける必要もあるでしょう。今回の提案を受け、予算委員会などで歩行者・自転車の安全な通行を質問・要望していきたいです。
c0236527_10083673.jpg

下の写真は、干潟西側(若松交差点側)です。水鳥が多数います。
c0236527_10091829.jpg

午前10時から、3月議会の一般質問の4日目。質問者は4名でした。午後3時45分頃終わりました。
佐野正人議員(民意と歩む会)
関桂次議員(輝く習志野をつくる会)
鮎川由美議員(真政会)
木村孝浩議員(公明党)


by takashi_tanioka | 2018-03-05 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka