谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

市民提案型協働支援事業(奥州市)-協働経済委員会の行政視察

3日~5日は、協働経済常任委員会の行政視察です。家庭の事情で、今年は2日間だけの参加としました。

1日目は、岩手県奥州市の「市民提案型協働支援事業」について視察しました。
c0236527_00150876.jpg

前市長のときに制定された「自治基本条例」(2009年10月施行)に基づき、現市長が2012年1月に「協働のまちづくり指針」を策定。2016年1月に「協働のまちづくり指針 増補版」が策定されました。

この指針のなかに「市民提案型協働支援事業」が位置づけられました。
c0236527_00153811.jpg

興味深い事業でした。通常の行政視察は1か所の説明と質疑応答が2時間以内ですが、今回の視察は2時間を超える説明と質疑応答になりました。

条例や要綱を整備して運営していることに感心しました。資料として「自治基本条例」「市民公益活動の推進に関する条例」「協働の提案テーブル運営要綱」「市民提案型協働支援事業補助金交付要綱」が配布されました。

特徴は、市民公益活動団体や市が地域課題解決のための提案を持ち寄り、協働での事業化に向けて話し合いを行なう場として「協働の提案テーブル」を設置していることです。

また、市の各課(室)に「協働のまちづくり推進員」を配置しているのも特徴です。
c0236527_00160907.jpg

「協働の提案テーブル」で協議した内容の記録を市長の責任で公開するように条例に明記していることも感心しました。

提案事業の募集と審査は、年4回実施されます。年4回は行政にとって大変ですが、市民公益活動団体にとっては、事業を考えたときに随時申し込めるというメリットがあります。各団体の総会や事業計画に合わせたタイミングで申請することもできます。

座学で説明を受けただけではわからない部分もありますが、習志野市政でも参考にしたい事業でした。各種資料は、奥州市HPに掲載されています。




※5日にアップしました。





「部活動休養日」のポスター掲示

先方の都合により、江刺総合支所(元・江刺市役所)で説明を受けました。到着して説明が始まるまでの間、支所内を見てみました。教育委員会事務局がありました。

廊下に「部活動休養日」のポスターが掲示されていました。岩手県が作成したポスターのようで、「平日週1日と、毎月第2・第4日曜日」を休養日にするよう呼びかけています。

千葉県もスポーツ庁のガイドラインに従って休養日を設定していく方向なので、ポスターが作られるかも知れません。ポスターがあると、休養日が大切であることがわかりやすく示せます。

習志野市を含む千葉県でも、早く同様のポスターを作成し、各学校で掲示してもらいたいです。
c0236527_00163927.jpg

by takashi_tanioka | 2018-07-03 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka