人気ブログランキング |

谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

夏の自治体議員研修セミナーに参加・・・区画整理・再開発対策全国連絡会議

25日、NPO法人区画整理・再開発対策全国連絡会議主催の「夏の自治体議員研修セミナー」に参加しました。コロナ危機のなか、教室参加とZoom参加の両方で開催されました。私は、教室(江東区文化センター)での参加でした。

今回は「都市開発」の講義が中心。野村不動産が推進するモリシア再開発(JR津田沼駅南口地区2.9ヘクタール)の市街地再開発事業に「習志野文化ホール」を所有する習志野市が巻き込まれようとするなか、勉強のために参加しました。

案内チラシには、次のように書かれていました。

空前絶後、100年に1度あるか否かの経済不況の中、都市開発はどこへ向かうのか。皆さまとともに探りあいます。政府・財界はこれをチャンスとばかり、新たな再開発に乗りだそうとしています。しかし、はたしてこの歪んだ都市のかたちを是正できるのか。

私たちがめざすべきまちづくりとは・・・。徹底した秘密主義をどう打破するか。幻想をふりまきながら進められる再開発が、じつは多額の税金投入が予定されていた・・・。その内実をどう暴くか、議会、市民、住民からみた再開発の実像を追います。

そして、当日は主催者から、次のような開会あいさつがありました。

コロナ禍で、東京では開発事業の先行きが不透明になってきた。開発によるマンションが売れるのだろうか。これまでの例だと、うまくいかなかったとき、その穴埋めを税金投入でやってきた。開発本位の税金投入がされないように、議員がチェックしなければならない。

午前の第1講義のテーマは「コロナ危機下で都市開発はどこへ向かうのか-デジタル・ニューディールとコンパクト・スマート・スーパーシティ」で、講師は岩見良太郎さん(埼玉大学名誉教授、連絡会議代表)でした。

政府・財界主導の再開発戦略が、コロナ危機を利用した形で進められようとしています。岩見さんは、企業の論理で自治体が動かされる「新自由主義的都市再生」の危険な動きを解明したうえで、生活・生命を大切にする都市(生都市ネットワーク)への再編を提起しました。
夏の自治体議員研修セミナーに参加・・・区画整理・再開発対策全国連絡会議_c0236527_14073395.jpg

午後の第2講義のテーマは「『雲をつかむような話』から『スケール感ある情報』を導く技術-再開発をどう想定するか」で、講師は遠藤哲人さん(連絡会議事務局長、國學院大學兼任講師)でした。

多くの市街地再開発事業がデベロッパー(開発事業者)主導の徹底した秘密主義で推進されています。それをどのように打破するのかが、過去・現在の事例をもとに解説されました。

再開発ビルに自治体施設を組み込み、その公益床を自治体に高く買い取らせるテクニックも横行しています。幻想をふりまきながら進められる再開発の裏で、多額の税金投入が予定され、デベロッパーの利益が拡大されていきます。その内実をどのように暴くのか、議員の力量が問われます。
夏の自治体議員研修セミナーに参加・・・区画整理・再開発対策全国連絡会議_c0236527_14073843.jpg

昨年の区画整理・都市再開発対策全国研究集会に続き、市街地再開発事業の実像を追う学習の場となりました。市街地再開発事業の仕組みは、土地区画整理事業よりも難しく、昨年と今年の講義はとても勉強になりました。

今後は、野村不動産によるモリシア再開発、それにともなう習志野文化ホール建替えの動きのなかで、勉強したことを活かし、デベロッパーの利益優先の税金投入とならないようにチェックしていきたいと考えています。






東京大空襲と学童集団疎開

会場となった江東区文化センターのロビーでは、江東区平和祈念パネル展「東京大空襲と学童集団疎開」が開催されていました。セミナー終了後、展示を見てまわりました。
夏の自治体議員研修セミナーに参加・・・区画整理・再開発対策全国連絡会議_c0236527_14074416.jpg

江東区では、1945年3月9日~10日の東京大空襲で区内のほぼ全域が焼失し、3万人以上が亡くなりました。学童集団疎開では、1万2千人近くの子ども達が親元を離れ、新潟と山形に移り住むことを余儀なくされました。
夏の自治体議員研修セミナーに参加・・・区画整理・再開発対策全国連絡会議_c0236527_14075429.jpg

この歴史を忘れないようにし、「平和の尊さ」「真の恒久平和実現」を訴えるために毎年開催されているそうです。
夏の自治体議員研修セミナーに参加・・・区画整理・再開発対策全国連絡会議_c0236527_14074809.jpg

地域の戦争体験の継承でした。習志野市でも「平和祈念事業」はありますが、原爆投下と核兵器廃絶の内容が中心です。「軍郷習志野」としての被害と加害の歴史を学ぶ場も必要と思いました。

by takashi_tanioka | 2020-08-25 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by tanioka_takashi