谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

2018年 03月 13日 ( 1 )

13日、一般会計予算特別委員会の2日目。歳出の総務費、民生費の審査でした。午前9時に始まり、午後5時50分頃終わりました。

私は、条件付採用職員の勤務実績報告書、習志野市ホームページの審議会情報の改善、公共施設再生に関する審議会長・事務局の人事、大久保地区公共施設再生事業の問題(日影、管理、借地、企画)、認定こども園の合同保育などについて質問しました。

条件付採用職員の勤務実績報告書については、2年前の職員解雇問題のときから改善が求められてきました。


日本共産党も抜本的見直しを求めてきましたが、今年度使用した報告書をみると、まったく改善されていません。

書式(下の写真)をみると、「極めて不まじめで何の役にも立たない」「病身である」という、評価者(管理職)の主観で点数をつけられる項目が残っています。

「仕事に関する知識・技術・技能」が「皆無である」という項目がありますが、公務員採用試験という競争率数倍の試験を合格して採用された職員であり、「皆無」はありえません。
c0236527_07513486.jpg

c0236527_07520328.jpg

恣意的な点数評価が可能な「勤務実績報告書」となっています。自民党議員からも厳しい指摘があり、改善について、総務部長は「慎重に検討していきたい」と答弁しました。

by takashi_tanioka | 2018-03-13 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka