人気ブログランキング |

谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:習志野市政( 241 )

2日、千葉土建一般労働組合による公共工事の現地調査に同行しました。私は6年ぶりで3回目の参加、荒原ちえみ議員と入沢俊行議員は初めての参加でした。

千葉土建は各自治体の公共工事の現場を訪問し、設計労務単価に基づく賃金、社会保険の加入、建退共手帳の証紙添付、働き方改革(週休2日)の推進、安全衛生などについて、現場責任者(所長など)に申し入れ、懇談をしています。

今年は、東習志野小学校大規模改修工事の現場に行きました。聞き取り調査が中心でした。現場所長とじっくりと懇談でき、行政への要望も聴け、勉強になりました。
c0236527_02413300.jpg

by takashi_tanioka | 2019-09-02 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
14日朝、新聞配達の後、京成大久保駅で活動報告。その後、自宅に戻り、第101回全国高等学校野球選手権全国大会をテレビで観ました。

この日は妻の仕事が休みだったので、妻、長男、私でテレビ前に陣取り、習志野高校を応援しました。このところ、長男と長女はテレビアニメの「キャプテン」と「プレイボール」の再放送にはまっています。

対戦相手は、鶴岡東高校(山形県)。強力な打線に、守備も固かったですね。途中から私は市役所へ向かい、ハミング階段のパブリックビューイングで観ました。

会場一杯に応援の市民が集まっていました。習志野高校らしいと言うか、4回裏から猛烈に追い上げ。しかし届かず、9対5で鶴岡東高校が勝利し、習志野高校は3回戦進出ならずでした。

選手の皆さん、最後までがんばりました。「美爆音」で話題となった応援団・吹奏楽部の皆さんもお疲れさまでした。
c0236527_02570790.jpg

by takashi_tanioka | 2019-08-14 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
市立習志野高校の野球部が第101回全国高等学校野球選手権全国大会に8年ぶりに出場。今年は春夏連続の甲子園出場となりました。

9日は1回戦で、対戦相手は沖縄尚学高校(沖縄県)でした。自宅で長男といっしょに応援しました。
c0236527_00403089.jpg

その後、党議員団会議のために市役所の議員控室へ。市役所のハミング階段には大型テレビが2台設置され、応援会場がつくられていました。
c0236527_00403580.jpg

7回あたりはウ~ム厳しいなという感じでしたが、9回で同点、延長戦で逆転勝利は見事でした。習志野高校が5対4で勝利し、2回戦進出となりました。

by takashi_tanioka | 2019-08-09 23:40 | 習志野市政 | Comments(0)
9日は「長崎原爆の日」。習志野市主催の原爆死没者慰霊および平和祈念式典に参列しました。毎年、秋津公園の「平和の広場」で8月6日と9日に開催されています。

習志野市では、式典開催だけでなく、広島・長崎の原爆投下時刻に合わせ、防災行政無線で市内全域に黙とうを呼びかけています。

開式の後、全員の黙とう、被爆者による花輪献納・献水、市民団体の千羽鶴献納、全員の献花と続きました。
c0236527_04123806.jpg

宮本泰介市長の式辞は、この日も「核兵器禁止条約」について一言も触れませんでした。「非核三原則」に言及したことは評価しますが、核兵器廃絶平和都市宣言のまちとしては今や不十分です。

式辞の後は、市議会副議長(議長代理)のあいさつ、平和市民代表団OBの青年によるスピーチ、第七中学校合唱部による合唱が続き、閉式となりました。

「平和の広場」に隣接する新習志野公民館でも、核兵器廃絶平和都市宣言記念展が開催されています。閉式後、観に行きました。
c0236527_04124273.jpg


by takashi_tanioka | 2019-08-09 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
8日午後、習志野市ひまわり発達相談センター主催の発達支援基礎研修の公開講座に参加しました。市職員向けの連続講座ですが、夏の公開講座には市民も参加できます。

私はほぼ毎年参加しています。今年の講師は、RKB毎日放送報道局次長兼東京報道制作部長の神戸金史さん。テーマは「障がいのある子とともに生きる」でした。
c0236527_02184891.jpg

習志野市HPでは、次のように案内されています。

新聞記者であった神戸さん、ご長男が自閉症の診断を受けた当時から、父として勉強したい、記者として自閉症を世に知らせたいという思いをもって、報道の仕事をされてきました。

3年前に障がい者施設で起きた事件、神戸さんが思いを綴られ、SNSに投稿した文章は、世間に大きな反響を呼びました。

自閉症のこと、家族の様子、ゆっくりだけど確実に成長する子どもたちの様子など、たくさんの映像を交えて、わかりやすくご講演いただきます。

「発達障がい」のうち、「自閉症スペクトラム障がい(ASD)」の保護者を経験してきた講師の話が2年続きます。→2018年8月22日のブログ

一言に「発達障がい」と言っても、ASDとADHDとLDとでは、特性も対応も異なります。特性が異なると、一保護者としては「そこはうちの子と同じ」と感じる話もあれば、「うちとは逆。あまり参考にならない」と感じる話もあります。

しかし、我が子とコミュニケーションをとるものたいへんという自閉症の話を聴くと、自閉症児を主な対象とした研修が重視されるのは理解できます。

c0236527_02185511.jpg

c0236527_02190496.jpg

神戸さんは、自分の体験を客観的に振り返りながら、ドキュメンタリー映像を用いた説明を展開しました。わかりやすかったです。

自閉症の特性と母親のたいへんさ、無理心中に追い込まれていく事例など、映像を入れた話は特に胸に刺さります。

記者時代の神戸さんのコラムをもとにしたドキュメンタリー「うちの子 ~自閉症という障害を持って~」が会場で上映されました。インターネット公開されている動画が見つからないので、代わりに下記リンクの解説をご覧ください。


ドキュメンタリーについて、神戸さんは「民生委員や町会・自治会役員の人達に観てもらいたい」「見た目は普通だけど、実は障がいがある子がいることを知ってもらうのに使ってもらいたい」と言いました。

そして、「子どもが暴れると『しつけが悪い』と言われ、母親をさらに追いつめる」「暴れる子に強く対応すると『虐待』と見られることもある」「発達障がいを理解する人が増えると、我が子の自閉症が原因で無理心中する人がいなくなる」などの話をしました。

神戸さんも多くが妻(母親)任せだったそうです。その反省もあり、母親のたいへんさを重視して話をします。でも、神戸さん(父親)が妻(母親)のたいへんさを理解しようと努力しているのは感心します。

長男と段々とコミュニケーションがとれるようになってきて、父親とラインで毎日やりとりをしている文章そのものを会場で見せてくれたのも、自閉症の特性を理解する上で役立ちました。

神戸さんの話は、記者出身ということもあってか、医師・研究者とは違う語りで新鮮に感じました。

神戸さんがSNS(フェイスブック)に投稿して反響が広がった文章を歌にした映像も会場で上映されました。いろいろな意見が寄せられたそうです。

相模原障害者施設殺傷事件の犯人と同様の意見もあったようです。神戸さんの著書「障害を持つ息子へ ~息子よ。そのままで、いい。~」に一部転載されています。会場で著書を購入しました。

この文章を歌にした映像は、YouTubeで公開されています。見てみてください。


さて、この日は、朝の駅頭宣伝に始まり、学習会、内覧会、公開講座と市内を行ったり来たりの一日でした。さすがに疲れました。

by takashi_tanioka | 2019-08-08 23:50 | 習志野市政 | Comments(0)
6日は「広島原爆の日」。習志野市主催の原爆死没者慰霊および平和祈念式典に参列しました。毎年、秋津公園の「平和の広場」で8月6日と9日に開催されています。

習志野市では、式典開催だけでなく、広島・長崎の原爆投下時刻に合わせ、防災行政無線で市内全域に黙とうを呼びかけています。
c0236527_03443108.jpg

宮本泰介市長の式辞は、米朝首脳会談など国際情勢が少し入ったものの、「核兵器禁止条約」については今年も一言も触れませんでした。

広島市・長崎市の市長と違い、習志野市の宮本市長は自民党・公明党政権に遠慮して「核兵器禁止条約」に言及できないようです。

それならば、私は「市長の式辞ではなく、市民による起草委員会で文章を考えてはどうか」と議会で提案したこともあるのですが、現在のところ、その動きはありません。

核兵器禁止条約の成立を支持する平和首長会議(習志野市長も加盟)の声明を紹介するでも良いでしょう。安倍政権に忖度するのではなく、市民・被爆者の皆さんに忖度して行動すべきです。
c0236527_03443651.jpg

式辞の後、市議会議長のあいさつ、平和市民代表団OBの青年によるスピーチと詩の朗読、第七中学校合唱部による合唱が続き、閉式となりました。

市役所1階のロビーでは、核兵器廃絶平和都市宣言記念展が開催されています。習志野市平和市民代表団の報告等も展示されています。
c0236527_03444184.jpg

昨年8月に広島へ派遣された平和市民代表団の活動記録、参加者による手作りの報告などが掲示されています。市役所にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
c0236527_03444596.jpg


by takashi_tanioka | 2019-08-06 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
c0236527_03331518.jpg5日、習志野市文化財審議会(令和元年度第1回)を傍聴しました。個人情報が関係する一部の報告を除いて、会議は公開されました。文化財審議会の傍聴は1年ぶりです。

この日の審議事項は、「ドイツ捕虜関係資料」の習志野市指定文化財への指定についてでした。

第一次世界大戦後の習志野俘虜収容所に収容されていたドイツ捕虜に関係する資料のうち、「エーリッヒ・カウルの日記」「ヨハンネス・ユーバーシャール博士旧蔵写真」「ボトルシップ」の3件(総計132点)を市指定文化財に指定することが教育長から諮問されました。

審議の結果、「第一次世界大戦における習志野俘虜収容所の様子、捕虜の暮らしぶり、近隣住民との交流など、市域における近代の情報を伝える資料として極めて貴重である」とされ、「習志野市指定文化財に指定すべき歴史上価値の高い歴史資料である」との答申が出されました。

その後、指定文化財・登録文化財等、埋蔵文化財、その他の報告。旧大沢家住宅旧鴇田家住宅の開館時間と休館日の変更、総合教育センターの新しい小企画展「文学者の見た習志野」の報告などがありました。

埋蔵文化財について特に注目されるのが、習志野市で初めての「縄文人の全身骨格」が発掘されたことでした。縄文時代後期の人骨で、ほぼ完全な形だそうです。どのように研究・保存・活用されていくのか、注視していきます。

by takashi_tanioka | 2019-08-05 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
26日朝、京成谷津駅で活動報告。駅北口に「祝 甲子園出場!習志野市立習志野高校」の横断幕が出ました。
c0236527_10285347.jpg

市立習志野高校の野球部が、25日に第101回全国高等学校野球選手権の千葉県大会で優勝。全国大会(夏の甲子園)に出場することが決まりました。8年ぶりで9度目の出場です。

今年は春夏連続の甲子園出場となりました。私は甲子園まで応援には行けませんが、習志野市から応援したいと思います。

〔追加〕8月6日発行広報習志野 令和元年8月6日臨時号

さて、京成谷津駅の改札前のツバメの巣。3つの巣のうち、3つ目の巣の雛たちも大きくなりました。
c0236527_10285963.jpg

by takashi_tanioka | 2019-07-26 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
14日、市民まつり「習志野きらっと2019」が開催されました。今年は参議院選挙と日程が重なったため、家族を会場近くに送った後、私は選挙運動に戻りました。

猛暑の昨年とは一変し、朝から雨模様で少し肌寒い一日。夕方は雨があがり、多くの市民が集まり、良かったです。
c0236527_07460374.jpg

家族を迎えに行ったとき、かき氷を欲しがる次男といっしょに会場を少しまわり、パレードを見ました。
c0236527_07455722.jpg

by takashi_tanioka | 2019-07-14 23:40 | 習志野市政 | Comments(0)
20日、NPO法人習志野市手をつなぐ育成会の第8回(通算61回)定期総会に来賓出席しました。
c0236527_09593947.jpg

習志野市の「手をつなぐ育成会」は、知的障がい者の「親の会」として60年前に発足しました。7年前に名称を変更し、NPO法人になりました。

多数の市議会議員が賛助会員になっています。日本共産党では、私と荒原ちえみ議員が賛助会員になっています。

理事長あいさつでは、障がい者グループホームが足らず全員の入所が困難であること、作業所も不足していることが話されました。他の自治体の育成会から情報を集めながら、改善に取り組みたいとのことでした。

来賓紹介で、私は、子ども2人が「自閉症・情緒障がい」の特別支援学級に在籍していることを話し、保護者の立場からも協力していきたいと述べました。

議案審議では、「障がい児・者の暮らしの支援について具体的な方策の検討を行うため、特別検討委員会を設ける」ことを含め、今年度の活動計画・予算・役員などが確認されました。



by takashi_tanioka | 2019-05-20 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka