人気ブログランキング |

谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:習志野市政( 282 )

谷津干潟では、環境省の国指定谷津鳥獣保護区保全事業の一つとして、「水鳥の採餌環境改善」と「アオサの腐敗臭抑制」のために、ホンビノス貝などの堆積物を掘削・除去し、水交換機能を改善する(流れを良くする)作業が推進されてきました。

これによって、シギ・チドリ類の採餌場を広げるとともに、アオサが堆積しないようするのが目的でした。掘削工事の終了後、初めての夏季となりましたが、現在のところ、アオサの大量繁茂は見られません。
谷津干潟の環境変化・・・アオサは減少、ゴカイ類やシギ・チドリ類は?_c0236527_01004866.jpg

掘削した場所が澪となり、海水の流れが良くなっているようです。
谷津干潟の環境変化・・・アオサは減少、ゴカイ類やシギ・チドリ類は?_c0236527_01012912.jpg

アオサの大量繁茂がなくなり、腐敗臭が抑制されるようになったのは良いのですが、干潟の泥が流出していないか心配です。

泥質干潟だからこそ豊富になるゴカイ類、それを餌とするシギ・チドリ類が、掘削後はどのように推移しているかなどを調査し、対応を検討していかないと、「アオサの腐敗臭は抑制できたが、シギ・チドリ類の減少は続く」となりかねません。

新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、住民説明の機会が失われています。質問時間がとれれば、9月議会の一般質問で谷津干潟の問題を取り上げたいと考えています。

このほか、谷津干潟遊歩道などの案内板の老朽化が目立ちます。自然保護の学習に役立つように修理・改善を求めていきます。
谷津干潟の環境変化・・・アオサは減少、ゴカイ類やシギ・チドリ類は?_c0236527_01014079.jpg

by takashi_tanioka | 2020-08-22 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
21日朝、京成谷津駅で活動報告。その後、県立津田沼高校西側の道路拡幅工事の現場を見に行きました。谷津干潟と津田沼高校の間にある道路は、高校側に歩道がありません。
県立津田沼高校西側の道路拡幅工事・・・歩道と自転車通行帯の整備_c0236527_23231791.jpg

高校北側(袖ケ浦1丁目)と高校南側(秋津5丁目)の間で歩道が途切れています。
県立津田沼高校西側の道路拡幅工事・・・歩道と自転車通行帯の整備_c0236527_23232314.jpg

県立津田沼高校西側の道路拡幅工事・・・歩道と自転車通行帯の整備_c0236527_23233954.jpg

干潟側の歩道を走れない自転車だけでなく、電動車イスの方も、ルートによっては段差で歩道に上がれず、車道の端を走っており危険です。新設される歩道は、段差解消が必要でしょう。
県立津田沼高校西側の道路拡幅工事・・・歩道と自転車通行帯の整備_c0236527_23233197.jpg

私が議員1期目のとき、谷津パークタウンから新習志野駅方面へのバス路線の住民要望があり、市当局に相談したことがありました。その際、ネックの一つになっていたのが、県立津田沼高校西側の道路の狭さでした。

一昨年の3月議会において、市長の所信表明で「公共交通不便地区および空白地区が一部存在する秋津地区において、京成バスルートの延伸を図るとともに、そのうえで、道路の拡幅および歩道整備のため、県立津田沼高校用地の一部を取得します」と表明されたことから事態が前進し、昨年3月に高校西側(県有地)を習志野市が取得しました。

やっと道路拡幅工事が始まりました。バス路線の新設は、その先になります。谷津や秋津に住む各議員がバス路線の住民要望を受けてきました。私も実現に向けて取り組んでいきます。
県立津田沼高校西側の道路拡幅工事・・・歩道と自転車通行帯の整備_c0236527_23234652.jpg

下図は、鮎川由美議員(真政会)が要求した資料です。再掲します。
県立津田沼高校西側の道路拡幅工事・・・歩道と自転車通行帯の整備_c0236527_22172183.jpg


by takashi_tanioka | 2020-08-21 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
習志野市役所のグランドフロアで「わが家の耐震」の展示がされています。
「わが家の耐震」の展示・・・習志野市役所グランドフロアにて_c0236527_22401160.jpg

耐震改修事例などがパネルで説明されています。
「わが家の耐震」の展示・・・習志野市役所グランドフロアにて_c0236527_22402132.jpg

耐震化に関するパンフレットも置かれています。習志野市の耐震化補助など、ご活用ください。
「わが家の耐震」の展示・・・習志野市役所グランドフロアにて_c0236527_22402514.jpg


19日は、新聞配達、事務仕事、党内会議の一日。暑くて外出するのがつらい日々が続きます。

by takashi_tanioka | 2020-08-19 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
7日、「ボートピア習志野の廃止について」の文書が市議会議員に送られました。場外舟券売り場「ボートピア習志野」が7月30日をもって廃止されたことが事業組合(施行者)から習志野市長に連絡されました。

今後は、ボートピア跡地が他のギャンブル施設に転用されないように注視していきます。
「ボートピア習志野の廃止について」の通知_c0236527_12474878.jpg

印影を消して掲載します。
「ボートピア習志野の廃止について」の通知_c0236527_12483840.jpg

by takashi_tanioka | 2020-08-08 23:40 | 習志野市政 | Comments(0)
7日午後、習志野市農業振興地域整備促進協議会が開催され、初めて傍聴しました。農業振興地域整備計画の見直しが進められようとしています。

昨年度まで「非公開」の審議会でした。今年3月の一般会計予算特別委員会で、私は、他市における農業振興地域整備促進協議会の公開状況を質問。習志野市の農業振興地域整備促進協議会の公開を要望しました。その後、公開する方向になったようです。

今年度の開催は、鷺沼地区土地区画整理事業の準備が進められているなか、同地区の「農業振興地域」「農用地区域」の除外を検討することが目的です。これらを除外するためには、農業振興地域整備計画の変更が必要になります。
鷺沼地区の農業振興地域・農用地区域の除外・・・農業振興地域整備促進協議会_c0236527_12472367.jpg


鷺沼地区の農業振興地域・農用地区域の除外・・・農業振興地域整備促進協議会_c0236527_12473393.jpg

1年半をかけて農業振興地域整備計画の変更を協議し、2023年3月に告示(完成)し、同年5月に鷺沼地区土地区画整理事業の事業認可をとるスケジュール案が示されました。
鷺沼地区の農業振興地域・農用地区域の除外・・・農業振興地域整備促進協議会_c0236527_12474166.jpg

農地を削減するための「農業振興地域整備計画の見直し」です。農業者・地権者の意向もあるでしょうが、鷺沼市街化調整区域43ヘクタールの大半を占める農地の約8割は農業振興地域・農用地区域に指定されています。

鷺沼地区の農業振興地域・農用地区域の除外は、開発計画と合わせ、鷺沼周辺の環境を一変させることになります。慎重な判断が必要ではないでしょうか。

今後も傍聴し、土地区画整理事業の推進、農業振興地域・農用地区域の除外などの動きに注視していきます。

by takashi_tanioka | 2020-08-07 23:40 | 習志野市政 | Comments(0)
6日は「広島原爆の日」。今年は、新型コロナウイルス感染拡大を防止するために、習志野市主催の原爆死没者慰霊および平和祈念式典は中止となりました。

核兵器廃絶平和都市宣言記念展は、10月に時期をずらし、市庁舎グランドフロアの市民協働スペースのみの開催予定となりました。


秋津公園の「平和の広場」に献花台が設置されたので、原爆投下時刻に行って黙とうをし、献花をしました。
広島原爆の日-秋津公園の「平和の広場」で黙とう・献花(2020年)_c0236527_12463615.jpg

入沢俊行議員による献花です。
広島原爆の日-秋津公園の「平和の広場」で黙とう・献花(2020年)_c0236527_12460397.jpg

今年は、市長の式辞、市議会議長のあいさつもできませんでしたが、2人のあいさつ文が「平和の広場」の入口に掲示されていました。
広島原爆の日-秋津公園の「平和の広場」で黙とう・献花(2020年)_c0236527_12464609.jpg

広島原爆の日-秋津公園の「平和の広場」で黙とう・献花(2020年)_c0236527_12465558.jpg

この後、私は、千葉県アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会(千葉県AALA)の事務所へ向かい、原水爆禁止2020年世界大会(オンライン)を視聴しました。


by takashi_tanioka | 2020-08-06 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
29日、習志野市社会教育委員会議(令和2年度第1回)を傍聴しました。半年ぶりの傍聴でした。

「習志野市文化振興計画(案)」の諮問のほか、放課後子供教室の開設、国庫補助を活用した秋津公園内スポーツ施設等の改修方法等の調査委託、実花公民館・袖ケ浦公民館・谷津公民館への指定管理者制度導入、新型コロナウイルス感染症への対応など、重要な議題がいくつかありました。

習志野市の社会教育・文化振興のあり方を問うことなく、公民館・図書館などの社会教育施設の統廃合が推進され、社会教育・文化振興のための施設が貸館・貸し部屋と同類のものして扱われてきました。

今回の習志野市文化振興計画の策定は、文化芸術基本法(文化芸術振興基本法の改正)によるものとされていますが、習志野市の社会教育・文化振興を考える良い機会と考えますし、施設のあり方にも影響を与えるでしょう。

習志野市文化芸術振興計画(案)に関する今後の動きに注視していきます。
習志野市文化振興計画(案)の諮問・・・社会教育委員会議_c0236527_12435874.jpg




今回の社会教育委員会議の会場は、プラッツ習志野北館でした。一つの建物が、会議によって「プラッツ習志野北館」と案内されたり、「中央公民館」と案内されたりします。会場探しで迷ってしまいました。
習志野市文化振興計画(案)の諮問・・・社会教育委員会議_c0236527_12440639.jpg

プラッツ習志野南館は、勤労会館がリファインされて用途が変わり、社会体育を中心とする施設になりました。
習志野市文化振興計画(案)の諮問・・・社会教育委員会議_c0236527_12441467.jpg

by takashi_tanioka | 2020-07-29 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
産業部品メーカー・KYB株式会社の建物用免震・制振装置(オイルダンパー)の一部で検査データの改ざんが判明してから2年が経ちました。


習志野市庁舎(新庁舎)では、設置されている免震オイルダンパー8本のうち、不適合品である5本を新しい製品に交換することになりました。

習志野市新庁舎等建設本部長(資産管理室長)から市議会議員へ送られた「市庁舎の免震オイルダンパーについて」の文書です。7月10日まで交換工事が行なわれます。
KYBデータ改ざんから2年・・・習志野市庁舎の免震オイルダンパー交換工事_c0236527_20041907.jpg

今週は、各種審議会への出席や傍聴が多いです。このほか、党議員団会議で6月議会の総括をし、議会報告の作成を進めています。

6月議会の準備のために中断していた駅頭での活動報告を6月26日から再開しました。まずはJR津田沼駅南口で活動報告をしました。

by takashi_tanioka | 2020-07-02 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
30日午後、習志野市立保育所私立化ガイドライン改定懇話会の第1回会議を傍聴しました。傍聴者は私一人だけでした。

6年前の習志野市立幼稚園・保育所私立化ガイドライン改定懇話会のときは幼稚園と保育所の関係者で組織されましたが、今回は保育所の関係者で組織されています。私立化(民営化)の対象となっている3つの市立保育所の保護者会長が委員になっていました。

新しい設置要綱では「保育所の私立化を行うため」「私立化ガイドラインの改定に当たり、必要な検討を行い、助言を行う」審議会とされており、過去の懇話会と同様に決定権はありません。

第1回は、座長・副座長の選出、会議公開の確認の後、こども部が「習志野市立幼稚園・保育所の再編」について説明しました。

検討の対象となる「習志野市保育所私立化ガイドライン」の改定内容(案)は、こども部からすでに具体的に示されています。

市立保育所の譲渡先の民間事業者(私立化における法人)の施設長や保育士の経験年数等の大幅な緩和、共同保育と保育の引き継ぎの期間・内容の大幅な変更などが含まれています。

前回の本大久保保育所の民営化(私立化)では、最初の募集で応募がなく、再募集をすることになりました。経験年数など「保育の質」に関する基準が満たせないなら、民営化を中止するのが筋なのですが、逆にハードルを引き下げて民間事業者を集めることを優先しようとしています。

既存の私立化ガイドラインにある「保育の質」に関する規定は、市立保育所の統廃合・民営化がスタートしたとき、最低限の条件として書き入れたものです。私自身、当時は一保護者として保護者会側の議論に参加し、みんなで求めてきたことです。

こども部による「習志野市立幼稚園・保育所の再編」の説明は、保育所の統廃合・民営化を推進する行政側に都合のよい部分を抜き出したものでしかなく、私立化ガイドライン策定時の侃々諤々の議論はスルーされていました。

ガイドライン改定は、今後の民営化に影響を与えるだけではありません。仮にこども部が示した通りにガイドラインが改定され、すでに民営化された4つの保育所も含めて適用されるようになると、それらの保育所の保育士等の経験年数等の条件緩和=「保育の質」の低下にもつながります。

私立化ガイドラインの根本が問われる大改定の提案なのに、こども部のスケジュールでは、今年12月までに改定懇話会の議論を終わらせようとしています。

「保育の質」を下げてでも民営化を押し進めようとする宮本市長・こども部の態度は許されるものではありません。従来のガイドラインを守ることを強く要求します。
保育の質を下げる条件緩和?・・・習志野市立保育所私立化ガイドライン改定懇話会_c0236527_03481312.jpg

by takashi_tanioka | 2020-06-30 23:40 | 習志野市政 | Comments(0)
新型コロナウイルス感染症の拡大による外出自粛や緊急事態宣言のもと、習志野市では、多くの審議会等を開催できない状態が続いてきました。

緊急事態宣言が解除され、6月から7月にかけて、公共施設の民営化、統廃合と跡地売却に関連する審議会等がいくつも開催されることになりました。

「第1回習志野市立保育所私立化ガイドライン改定懇話会」「第1回習志野市立小・中学校の適正規模・適正配置検討委員会」「第1回習志野市公共施設等再生推進審議会」「第6回習志野市旧庁舎跡地活用検討委員会」など、重要な会議がたくさん準備されています。
公共施設の民営化、統廃合と跡地売却の動きは?・・・開催予定の審議会_c0236527_04545025.jpg

関心のある方は、感染に注意しながら、傍聴に行ってみてください。最新の情報は、習志野市役所の下記HPでご確認ください。


24日~26日は、憲法共同センター世話人会、地元の党支部会議、通院などの日々でした。溜まった疲れがなかなか抜けず、ゆっくりと過ごした3日間でした。

by takashi_tanioka | 2020-06-25 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by tanioka_takashi