谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

31日、習志野市都市計画審議会が開催され、議案2件が付議されました。久しぶりに傍聴しました。

第1号議案は「幕張新都心芝園地区」の地区計画の変更。文言等の整理でした。報告事項では、この周辺地域の土地利用に関する報告がありました。
c0236527_15122335.jpg

幕張新都心拡大地区(芝園地区)では、カレスト幕張とWOW!TOWN幕張の土地が千葉県企業土地管理局に返還され、新しい事業者は株式会社カインズになりました。→詳しくはこちら

事業用定期借地契約により、20年間貸し付けられます。カインズ店舗(ホームセンター)とガリバー店舗(中古車販売)になります。
c0236527_15055003.jpg

新習志野駅前商業業務用地は、2020年4月までの貸付でしたが、その後はミスターマックス新習志野駅前開発共同企業体への分譲となりました。→詳しくはこちら

1階は、総合ディスカウントストア、食品スーパー、オープンカフェ、ポケットパークなど。2階は、キャビン型宿泊施設、温浴施設、テラス席付きレストラン、フィットネスクラブ、衣料品店、スポーツ用品店など。このほか、駅からのアクセス向上のためにエスカレータを北側に新設するそうです。
c0236527_15060056.jpg

幕張新都心拡大地区の新駅設置については、昨年12月に幕張新都心拡大地区新駅設置協議会が設立されました。千葉市、イオンモール株式会社、千葉県企業土地管理局が構成員です。→詳しくはこちら

習志野市は、新駅設置に係る費用負担を行なわないため、費用負担が前提である同協議会に参画していません。
c0236527_15062432.jpg

c0236527_15061702.jpg

このほか、鷺沼台二丁目地区土地区画整理事業にともなう公共下水道区域の追加の議案、(仮称)第2斎場建設事業、学校給食センター建替事業、都市計画道路3・3・3号藤崎茜浜線の進捗状況の報告がありました。

by takashi_tanioka | 2018-01-31 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_00354086.jpg29日、京成谷津駅での活動報告の後、市役所で所用をすませて帰宅しました。インフルエンザの次男の面倒をみながら、自宅でPCを使った作業をしました。

私立幼稚園の就園奨励費補助について、他の市町村から転居してきた保護者に未交付期間が発生するという相談が昨年寄せられました。

そこで、習志野市と近隣市の比較、国の制度解説、習志野市の問題点を、議会準備を兼ねてまとめてみました。

国は「幼稚園就園奨励費補助」を次のように説明しています。財務省の説明を参考に転載します。

幼稚園就園奨励費補助(補助率:1/3以内)

幼児教育の振興を図る観点から、保護者の所得状況に応じた経済的負担の軽減等を図る「幼稚園就園奨励事業」を実施している地方公共団体に対し国が所要経費の一部を補助する。

※ 就園奨励事業は市町村が行う事業であり、実際の補助額は市町村により異なる。

この事業について、習志野市は補助対象を次のように規定しています。


市長は、当該年度の6月1日から10月1日までの間継続して在園する園児の保護者に対し補助金を交付する。(習志野市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 第3条)

習志野市は、この条文を「6月1日から10月1日の間に習志野市に在住し、継続して通園していること」と解釈しています。市内在住であれば、市外の私立幼稚園に通園している児童も対象になります。そして、他の市町村の交付要綱も同様の内容であることを想定しています。

例えば、習志野市の従来の想定では、10月2日から翌年3月31日の間に千葉市から習志野市に転居してきたものの、子どもは従来から通っている千葉市内の幼稚園に通わせ続けたい保護者については、10月以降も年度末まで、転居前の「10月1日まで」住んでいた千葉市から補助金の交付を受けることになります。

ところが現在、国は、年度途中で他の市町村へ転居した場合は、転出前と転入後の居住地の市町村がそれぞれ月割で交付するよう指導しています。

国の指導に基づけば、例えば10月末に千葉市から習志野市に転居し、通園は千葉市内の幼稚園(転園は子どもがかわいそうなので、遠くなるけど頑張って通園させる)を続ける場合、4月から10月までの7か月分は千葉市が交付し、11月から翌年3月までの5か月分は習志野市が交付することになります。

各市町村が足並みをそろえて、交付要綱を国の指導通りに同時期に改正していれば、問題は生じないはずでした。

ところが、近隣の千葉市と八千代市が交付要綱を改正したのに対し、習志野市が改正しなかったため、一部で未交付期間が発生するという問題が生じました。



c0236527_00412022.jpg先の例でみると、現時点の各市の交付要綱に従えば、10月末に千葉市から習志野市に転居した場合、10月までの7か月分は千葉市が交付しますが、11月以降の5か月分について千葉市は交付しません。

ところが、10月1日時点で習志野市に居住していなかったが故に、11月以降の5か月分を習志野市も交付しないということになります。

つまり、子どもは幼稚園に継続的に通園しているにも関わらず、5か月間もの未交付が発生する訳です。これは、子育て世帯にとって経済的に大きな打撃です。

国の指導通りに習志野市も交付要綱を早期に改正していれば、未交付期間が発生することはありませんでした。

私は、未交付発生の相談を保護者から受け、交付要綱を至急改正し、未交付期間を解消することを市担当課(こども保育課)に求めました。

また、これまでの未交付分については、習志野市の要綱改正が遅れたことが原因なのですから、救済策(未交付分をさかのぼって支給する)をとるべきと求めました。

ところが、現在のところ、習志野市の交付要綱は改正されておらず、10月2日から翌年3月31日の間に転居してきた保護者への未交付が放置されています。

全国を対象にした国の補助事業なのに、市町村間の交付要綱の違いがもとで未交付期間が発生するのは理不尽です。

習志野市は近年、宅地開発やマンション開発の影響で、子育て世代の転入が増えています。せっかく習志野市に転居してきた方々に冷たいのではないでしょうか。市長の対応の遅れは問題です。

この問題について、①習志野市の交付要綱を早急に改正すること、②未交付が発生した保護者に救済策をとることを3月議会で要求する予定です。合わせて、相談のあった保護者への対応もしていきたいと思います。

by takashi_tanioka | 2018-01-29 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
28日、習志野市日本共産党後援会主催の「新春のつどい」が開催されました。会場一杯の人が集まりました。

私は、インフルエンザの次男の面倒をみるため、あいさつだけで退席。大久保公民館・市民会館跡の市有地の定期借地に反対する運動を呼びかけました。

市長は、駅前一等地を50年もの長期間にわたって安く不動産業者(スターツ)に貸し付け、ワンルームマンションにしようとしています。これから契約案がつくられ、市議会に提案されようとしています。

党市議団のあいさつの後、椎葉寿幸・県副委員長(参院比例代表候補)が「共闘の時代と日本共産党」をテーマに講演。このほか、ばか面踊り、コーラス、詩の朗読の企画もありました。
c0236527_21232309.jpg

by takashi_tanioka | 2018-01-28 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
27日、次男発熱の連絡が保育所からあり、予定より早くお迎え。通常の診療時間に間に合わなかったため、習志野市急病診療所に連れて行きました。

新しい急病診療所の利用は初めてです。旧診療所よりも待合室がかなり広くなりましたが、インフルエンザ流行期のためか、午後8時半にはイスやソファーが一杯になっていました。

旧診療所では待合室に入りきらず、自家用車内で順番待ちをする患者が多かったです。それに比べると、車内で順番待ちをする患者が減ったのは良かったです。
c0236527_21225385.jpg

次男はインフルエンザB型でした。例年のことですが、どうしても家族にうつっていきます。しばらくは、我が家はインフルエンザでたいへんになりそうです。

by takashi_tanioka | 2018-01-27 23:40 | 子育て・家族 | Comments(0)
27日、千葉県北西部地区文化財行政担当者連絡協議会主催の文化財発表会「まちづくりのヒストリア-歩いて、掘って、調べて、わかる」が開催されました。

北西部地区11市で2年ごとに開催されており、今年の会場は流山市生涯学習センターでした。習志野市からも市民や職員が参加していました。私は午後から参加しました。

習志野市の発表は、JR津田沼駅南口の奏の杜地区の「谷津貝塚埋蔵文化財発掘調査」について。2年前とは少し角度を変えた発表でした。


今回のテーマは「奈良・平安時代のムラづくり-谷津貝塚の事例から-」で、習志野市教育委員会の岩田薫さんが発表しました。
c0236527_21192320.jpg

c0236527_21192356.jpg

2年前は、様々な鉄製品が出土したことが報告されました。今回は、鍛冶工房が多数発見されたことが報告されました。
c0236527_21192332.jpg

持ち時間の30分では納まらない内容でした。周辺の遺跡との関係も検討されています。習志野市は古代東海道が通っていた場所であり、谷津貝塚は拠点集落の一つと考えられています。
c0236527_21195859.jpg

このような歴史が、習志野市内で知られていないのは残念なことです。谷津貝塚について研究を深め、周辺自治体の遺跡との関係も探求していくのは価値あることと思いました。
c0236527_21195750.jpg

午前は、船橋市、松戸市、八千代市、市川市の報告。午後は、習志野市のほか、流山市、我孫子市、鎌ヶ谷市の報告がありました。古墳づくり、江戸幕府の馬放牧など、興味深い報告でした。
c0236527_21195827.jpg

このほか、子どもが参加できるワークショップも開催されていました。
c0236527_21211676.jpg

c0236527_21214926.jpg

c0236527_21221991.jpg

c0236527_21371404.jpg

習志野市は「公共施設が多い」とか「職員数が多い」とかレッテルを貼られることがありますが、郷土資料館・博物館がないという弱点をもっています。

隣接する自治体で、郷土資料館・博物館がないのは習志野市だけです。残念ながら、この分野では教育長にやる気を感じられません。郷土史の学習・研究ができる施設や専門職員の配置は必要ではないでしょうか。


by takashi_tanioka | 2018-01-27 23:30 | 社会科学研究 | Comments(0)
c0236527_12500632.jpgc0236527_12501245.jpg26日、谷津南小学校のマラソン大会。今年度は、妻がPTAの手伝いで初めて行きました。

たくさんの保護者が応援に来ていました。私は、京成大久保駅での活動報告の後、4年生(長男)と2年生(長女)が走る時間に行きました。

長男は学年18位でした。最近はゲーム機で遊ぶことが多く、スタミナがもたないようです。今年は、きちんと体操服を着たうえ、赤白帽子もかぶっており、少し成長しました。

長女は学年6位となり、昨年度に続いて入賞しました。長女は短距離・長距離ともに上手にこなします。→昨年度の大会

午後、妻は出勤。私は、自宅で事務仕事をした後、党内会議でした。

by takashi_tanioka | 2018-01-26 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
25日朝、京成谷津駅で活動報告。その後、谷津4丁目で建設中の特別養護老人ホーム「サンクレール谷津」を見に行きました。4月開設を目指して建設作業が進められています。

c0236527_02322790.jpg

定員100名(多床室40名、個室60名)の特別養護老人ホームとなります。このほか、短期入所生活介護が定員20名(個室)、認知症対応型通所介護が定員24名と予定されています。

c0236527_02323486.jpg午後は、議会改革検討協議会の議会ICT化等分科会に委員として出席しました。3回開催された「タブレット端末機能説明会」をふまえ、導入に向けた検討課題を整理しました。

分科会終了後、谷津南保育所へ。ひまわり発達相談センターで指導を受ける次男の送迎をしました。

今週前半は、地元の党支部総会、党議員団会議、党内の他の打ち合わせや、上記の協議会など、話し合いの場が比較的多かったです。

このところ、私は少し疲れ気味。50歳を過ぎて体力等の低下を感じるようになりました。頭も疲れている感じで、グッタリです。

一方で子ども達は、次男を先頭にハイテンションになりやすい日が続いています。外遊びが不足しているのかもしれません。

日は短いし、夜は寒いしで、子ども達を屋外に連れ出せる時間が限られてしまい、面倒をみるのがなかなかたいへんです。

by takashi_tanioka | 2018-01-25 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
24日、習志野市教育委員会の第1回定例会を傍聴しました。報告事項1件、議決事項4件、協議事項1件でした。これらのうち、補正予算案など議案2件が非公開でした。

議決事項(議案)の一つに「平成31年度~平成33年度特別支援学級・通級指導教室整備計画について」がありました。昨年11月~12月の定例会で協議・議決された「習志野市特別支援教育推進基本方針」に基づいて作成されたそうです。この日の審議で可決しました。
c0236527_16104202.jpg

c0236527_22134572.jpg

c0236527_16104351.jpg

※市民(傍聴者)に公開された議案書の一部ですが、個人名等が記載されていたので、自主的に黒塗りにしました。

特別支援学級と通級指導教室を整理していく内容も含まれています。私の長男が在籍する谷津南小学校の「自閉症・情緒障害特別支援学級」も、「自閉症・情緒障害通級指導教室」に変更する予定となっています。

通級指導教室の対応が従来の加配から基礎定数化へ変更されたことが関係しています。「学級」から「教室」となることで、教員配置や指導環境などがどのように変わるのか?

3月議会の一般質問や予算委員会で、上記の整備計画の詳細を明らかにしていきたいと考えています。

c0236527_16362279.jpg

この日の朝、NHKの「あさイチ」で「シリーズ発達障害 読み書き計算が苦手・・・どう向き合う?学習障害」を放送していました。

学習障がい(LD)をわかりやすく解説しており、当事者が何人も登場していました。NHKの「発達障害プロジェクト」の一環です。

学校へ行かずに自宅にいた長男も視始めました。これまでは、私が「発達障がい」に関するテレビ番組を視ていると、長男は嫌がってチャンネルを変えていました。ところが、この日はじっと視ていました。

本当は登校時間を過ぎていたのですが、せっかくの機会だったので、終わりまで視てから学校へ送りました。自分の特性について、少しずつ客観的に考えられるようになっているのかも知れません。

by takashi_tanioka | 2018-01-24 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_15253113.jpg先週、家族で映画「鎌倉ものがたり」を観たとき、試しに「鎌倉へ行ってみる?」と聞いたら、子ども達がのってきました。

読み書き困難の長男は、科目としては理科や社会科が好きなようなのですが、本の文字を読んで勉強するのがたいへんです。

そこで家庭では、理科であればテレビ番組を録画して見せたり、社会科であれば現場を見せたり、体験させたりするなどの工夫をしています。

しかし、こちらの思いで「○○を見に行こう」と言っても、押しつけと受けとられてしまうことがあるので、気を使いながら提案しています。

子ども達が何となく「鎌倉」という気分になったのを幸いに、長男・長女は地理や歴史を勉強する学年に入っていく時期であり、私自身も久しぶりに史跡を訪問してみたいという気持ちだったので、間を空けずに出かけました。

まずは、スーパー銭湯「浦安万華郷」で半日ゆったりして一泊。翌朝、鎌倉へ向かいました。由比ガ浜地下駐車場に自家用車をとめ、「パーク&ライド」のフリー切符で市内をまわりました。

駐車場からシャトルバスで鶴岡八幡宮へ。家族で行くのは3年半ぶりです。
c0236527_15355160.jpg

次に路線バスで鎌倉大仏(高徳院)へ。次男は初めてです。体の中にも入り、大仏像の構造や材質について長男に話しました。
c0236527_15362177.jpg

江ノ島電鉄で長谷駅から鎌倉駅へ向かい、その後、由比ガ浜駅に戻りました。駅から徒歩で海岸へ行きました。寒いのに、子ども達ははだしになって浜辺で遊んでいました。
c0236527_15373195.jpg

長女は「帰りにイオンに行って遊びたい」と言っていましたが、結局は、きょうだい3人で夕暮れまで海岸や公園で遊び続けました。

by takashi_tanioka | 2018-01-21 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
c0236527_14355463.jpg20日、新日本婦人の会習志野支部の第53回大会で来賓あいさつをしました。2年ぶりの出席でした。

新日本婦人の会習志野支部は、昨年の3月議会に「就学援助制度の入学準備金を3月以前に支給することを求める請願」、6月議会に「『国連の核兵器禁止条約交渉会議に参加し、条約実現に真剣に努力するよう日本政府に求める意見書』の採択についての請願」を出してきました。

これらの請願は、公明党・自民党系の議員の反対で否決されたものの、就学援助制度の入学準備金の3月上旬支給は実現する方向へと進みました。草の根の取り組みが実った一例です。

また、私は、これらの請願について4会派が紹介議員となり、3分の1を超える議員が賛成したこと、自民党議員の一部も賛成したことを紹介。請願に協力してくれた会派・議員すべてを来賓として招待することを提案しました。

議案書を読むと、上記のこと以外に、多種多様な活動に取り組んでいます。私が新人議員だった頃と比べ、会員の数や幅が広がったようでした。

by takashi_tanioka | 2018-01-20 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka