谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

28日の9月議会最終日。習志野市八千代市教職員組合(全教)が提出した「習志野市の小学校・中学校の各教室にエアコンを設置することの請願」、学校の普通教室にエアコンを設置させる会が提出した「小中学校の普通教室すべてにエアコンの設置を求めることに関する陳情」が、全会一致で可決しました。

6月議会では、同様の請願が否決となりました。9月議会では、多くの会派が賛成討論をし、可決させることができました。

日本共産党を代表して荒原ちえみ議員が賛成討論。私も、エアコン設置をめぐる教育委員会や市議会の審議のあり方について討論しました。
c0236527_16145958.jpg


保護者等の有志でつくる市民団体「学校の普通教室にエアコンを設置させる会」が「習志野市立小中学校のすべての普通教室に2019年6月末までにエアコンの設置を完了していただくよう求めます」とする署名運動に取り組んでおり、この日の時点で4312筆を超えたことが市議会議員に報告されました。

急速に広がっている市民運動が、半数を超える市議会議員を「反対」から「賛成」に変えました。しかし、9月議会の補正予算には、エアコン設置費用は計上されていません。

上記の市長・教育長宛ての署名運動は、エアコン設置費用が予算計上されるまで続けるそうです。

4会派が共同提案した発議案3号「小中学校の普通教室にエアコンを設置するために国の財政措置を緊急に求める意見書」、全会派で共同提案した発議案6号「小中学校に早急にエアコン設置を求める意見書」も、全会一致で可決しました。

c0236527_16315910.jpgこれらのうち、発議案6号には「本市議会は『再来年の8月まで』などと言わず、前倒しして『来年の6月末まで』にエアコンが設置されるよう、強く求めるものである」と明記されました。関根洋幸議員(元気な習志野をつくる会)が提案理由を説明しました。私(日本共産党)も賛同者に名を連ねました。

請願・陳情や意見書の全会一致の可決を受け、宮本泰介市長も「来年6月末までの設置を目指し、教育委員会と協議する」と表明しました。

宮本市長から「(エアコン設置を)表明したら、共産党さんから怒られた」と言われましたが、私が問題視したのは「9月6日の議案質疑で表明したこと」でした。

8月の検討開始の時点で市民に知らせる(記者発表する)べきでしたし、8月~9月の教育委員会における市民のエアコン陳情の扱いには大きな問題がありました。私が批判したのは、主にこの2点です。

宮本市長の決断が遅れたため、エアコン設置の調査・工事の補正予算は、9月議会に間に合いませんでした。千葉市では、調査費を含む補正予算が9月議会で提案され、可決されています。

とにかく、来年6月末までに設置するためには、エアコン設置の調査費や工事費を市長が今年度中に予算提案しないと間に合わない恐れがあります。

日本共産党は、必要があれば臨時議会を開いてでも、補正予算を提案するよう求めています。この点では、市長・教育委員会から要請があれば協力していきたいです。



この日は、午前10時に本会議が始まり、午後4時頃終了。その後、議会報編集委員会があり、午後4時30分頃にすべての会議が終わりました。

本会議では、各常任委員会の委員長報告、質疑・討論の後、議案14件と請願・陳情12件を採決しました。その後、議員発議の意見書6件の提案理由の説明があり、討論・採決と続きました。

私は、上記の賛成討論のほか、核兵器廃絶をめざす千葉の会が提出した「核兵器禁止条約の署名・締結を求める意見書の提出に関する要望」、習志野市原爆被爆者の会が提出した「『核兵器禁止条約』に署名・批准を求める議会議決・意見書採択のお願い」の2件の陳情に賛成討論。発議案「東海第二発電所の運転期間延長を行わないことを求める意見書」の提案をしました。

by takashi_tanioka | 2018-09-28 23:40 | 議員活動 | Comments(0)
28日昼、習志野市役所のグランドフロア(ハミング階段)で「市役所ロビーコンサート(街かど音楽会)」が開催されました。

習志野文化ホールとメロディー基金サポート倶楽部が主催する「街かど音楽会」の一つで、今回は市役所での開催でした。

知人が出演したので観に行きました。午後の議会準備があったため、途中までしか鑑賞できませんでしたが、男性3人によるフルート三重奏を楽しみました。
c0236527_13071369.jpg

by takashi_tanioka | 2018-09-28 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
26日、習志野市教育委員会の第9回定例会の議決事項(議案)の一つに「平成31(2019)年度~2021年度特別支援学級・通級指導教室整備計画(改訂版)について」がありました。

今年1月の第1回定例会で議決された整備計画を改訂したものです。「自閉症・情緒障がい特別支援学級・通級指導教室」については、全面的な見直しとなりました。


通級指導教室を基本とした計画から、特別支援学級(固定級)を基本とした計画への変更です。すべての中学校に「自閉症・情緒障がい特別支援学級」が設置されるのは良いことですが、通級的指導がどういう対応となるのか心配です。

また、ほぼすべての小学校に「自閉症・情緒障がい特別支援学級」が設置されます。教室不足の鷺沼小学校は「通級指導教室」となりました。

すべての小中学校に特別支援学級を整備するのは良いのですが、教員配置などがどうなるのか心配です。保護者や現場教員にていねいに整備計画を説明し、質問・意見を受けつけていくことを求めます。
c0236527_15422446.jpg

c0236527_15423477.jpg

このほか、この日の教育委員会では、給食費滞納の質疑がありました。保護者の預金残高が少なく、給食費の銀行引き落としができなかった件数が少なくありません。

預金残高がゼロに近い世帯からの取り立て強化を求める議論がされたのは残念です。就学援助制度を紹介するなど、払いたくても払えない低所得層へのていねいな対応が必要ではないでしょうか。

by takashi_tanioka | 2018-09-26 23:40 | 議員活動 | Comments(0)
26日、習志野市教育委員会の第9回定例会を傍聴しました。報告事項3件、議決事項4件、協議事項1件でした。これらのうち、報告1件と議案2件が非公開でした。

教育委員会(5名の教育委員)は、第8回定例会(8月22日)で「小中学校の普通教室すべてにエアコンの設置を求める陳情書」を継続審査にしました。
c0236527_06361493.jpg

教育委員会会議規則の第27条「午後3時30分を過ぎても議事日程に記載した案件の議事を終わらせることができないときは、会議の議決によりその案件を次の会議に継続させることができる」によれば、市民の請願・陳情を継続案件にすることが可能です。


傍聴して驚いたことに、教育委員会会議規則でいう「次の会議」にあたる第9回定例会(9月22日)で、「継続審議」のはずの市民の陳情が議事日程からはずされていました。

会議の最初から最後まで、市民の陳情に関する発言はまったくなく、「習志野市内の市立小中学校の普通教室のすべてにエアコンの設置を求めます」「エアコン設置までの間、緊急対応策をとることを求めます」の2つの陳情項目は採決されることなく、放置されました。

仮に教育委員が再度「継続審議」にすることを考えていたとしても、継続審議の議決(「次の会議に継続」の確認)をとらなかったのは問題です。

このようなことがまかり通れば、採決をとりたくない市民の請願・陳情は、審議せずに放置することが可能となります。

教育委員会会議規則の第9条には「委員長は、議事日程を作成し、あらかじめ委員に配布しなければならない。」とあり、第2項には「議事日程には、会議開催の日時、会議に付議する案件及びその順序等を記載しなければならない」とあります。

前回の定例会で「次の会議に継続させる」と決まった案件を定例会の議事日程に入れなかったのは、教育委員長による会議規則違反です。

市民の陳情の継続案件を議事日程に入れず無視したことについて、徹底した原因究明と反省を強く要求したいと思います。

会議の最後で、教育総務課長がエアコン問題について若干の発言をしましたが、これも報告事項として議事日程に追加する手続きがとられていませんでした。したがって、習志野市HPの教育委員会会議の結果の一覧に、この報告はまったく入っていません。

小中学校の普通教室すべてにエアコンを設置することについて、複数の教育委員から質問・意見が出ていることは知っています。しかし、きちんと採決をとらないと、全体合意になりません。

市民の請願・陳情を粗末に扱っていること、合議制の行政委員会としての合意確認(採決)を避けていることについて、5名の教育委員は反省が必要ではないでしょうか。

by takashi_tanioka | 2018-09-26 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
25日朝、京成大久保駅で活動報告。その後、党議員団会議で議会最終日の準備を進めました。

大久保商店街の入口に「プロ野球通算2000本安打! 福浦選手おめでとう!」の横断幕が出ました。

習志野市出身で、大久保東小学校、第二中学校、習志野高等学校の卒業生でもある千葉ロッテマリーンズの福浦和也選手が、9月22日にプロ野球2000本安打を達成したことのお祝いです。
c0236527_14331269.jpg

by takashi_tanioka | 2018-09-25 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)
24日、浦安市郷土博物館へ家族5人で行きました。9月議会の一般質問で「習志野市史、文化財保護、歴史教育」を取り上げ、近隣自治体の郷土資料館・博物館めぐりをしています。
c0236527_13180163.jpg

屋外展示場「浦安のまち」には驚きました。想像していたよりも規模が大きかったです。
c0236527_13180755.jpg

テーマ展示室「海とともに」、船の展示室「海を駆ける」も見事でした。
c0236527_13181197.jpg

企画展示室では「ふるさと浦安作品展」が開催されていました。
c0236527_13181553.jpg

屋外展示場では、ベカ舟に乗ることができます。子ども達と妻が乗せてもらいました。
c0236527_13182080.jpg

千葉県指定有形文化財の「三軒長屋(浦安の三軒長屋)」の屋内です。江戸時代後期の建物だそうで、「9尺2間(6畳一間)」に土間がつく、典型的な庶民の長屋です。
c0236527_13182349.jpg

天ぷら屋を復元した建物です。山本周五郎の小説「青べか物語」に登場する天ぷら屋「天鉄」をモデルに建てられたそうです。
c0236527_13182701.jpg

子ども達は「面倒くさい」と言って行きたがらず、「1時間で帰る」という約束で連れて行きました。ところが入ってみると、子ども達も楽しめるコーナーが多く、半日楽しみました。
c0236527_13183507.jpg

「浦安のまち」をまわりながら、コマや水鉄砲など、昔の遊びを楽しむことができます。
c0236527_13183192.jpg

c0236527_13184018.jpg

このように郷土史を勉強できる資料館・博物館が、現在の習志野市にないのは残念ですね。



浦安万華郷の金魚祭りとハロウィン
by takashi_tanioka | 2018-09-24 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
20日、一般会計予算特別委員会で補正予算案を審査しました。午前9時に始まり、午前中に終わりました。

小中学校について「地震により倒壊の可能性のあるブロック塀の改修工事」の補正予算が計上されおり、質疑がありました。全議員に配布された資料(木村孝議員が資料請求)を掲載します。
c0236527_02432160.jpg

このほか、私は、①小中学校の普通教室へのエアコン設置(来年6月までに可能か)、②子ども・子育て支援事業計画の次期計画、③市立保育所や学童保育(放課後児童会)の民営化、④袖ケ浦2号立体橋(歩道部分)の補修工事について質問しました。

by takashi_tanioka | 2018-09-20 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
19日、協働経済常任委員会で陳情2件を審査しました。午前9時に始まり、午前中に終わりました。

陳情は2件とも「核兵器禁止条約への参加」を求めるものでした。核兵器廃絶をめざす千葉の会が提出した「核兵器禁止条約の署名・締結を求める意見書の提出に関する要望」、習志野市原爆被爆者の会が提出した「『核兵器禁止条約』に署名・批准を求める議会議決・意見書採択のお願い」です。

習志野市長も加盟する平和首長会議は、核兵器禁止条約の成立を歓迎しています。宮本泰介市長は、ヒバクシャ国際署名に署名しています。いずれも、習志野市の核兵器廃絶平和都市宣言の精神に基づくものです。

ところが、2件の陳情の採決は可否同数となり、委員長裁決で否決とされました。陳情に賛成した議員は質問や討論をしましたが、陳情に反対した議員は質問も討論もしません。

議会多数派の反対理由はまったく不明ですが、全員が安倍政権の与党を応援する議員・会派です。被爆者の願いや核兵器廃絶平和都市宣言よりも、安倍政権への忖度を優先する態度です。

核兵器廃絶平和都市宣言は、かつて習志野市議会で可決され、宣言されたものです。核兵器禁止条約の成立を求める意見書(議員発議)も、かつては習志野市議会で可決され、国に提出されていました。

現在の自民党系・公明党議員の「忖度」優先は情けない限りです。「習志野市民の決意=核兵器廃絶」を優先するべきです。「国の専権事項」という言い訳で逃げていてはなりません。

私は、習志野市の平和祈念式典における市長あいさつ、平和市民代表団の人選などについて質問。平和祈念式典では、市民・被爆者・有識者が平和宣言文を起草する「長崎方式」に習うべきと提案しました。
c0236527_00171018.jpg

午後は、生活相談で習志野市社会福祉協議会の事務所へ。その後、議会報告などの執筆でした。

by takashi_tanioka | 2018-09-19 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
18日、あゆもう会(習志野市の小学校、自閉症・情緒障害特別支援学級ならびに通級指導教室在籍児保護者の会)の第3回家庭教育学級に参加しました。

今年度の家庭教育学級は第3回で終了。閉講式があり、東習志野小学校の校長、実花公民館の館長、あゆもう会の会長からあいさつがありました。

当初は「平成31年度~平成33年度特別支援学級・通級指導教室整備計画」に関する教育委員会指導課との質疑応答も予定されていましたが、急に計画見直しとなったため、指導課の説明は中止となりました。

講師は、習志野市立第七中学校の自閉症・情緒障がい特別支援学級(ステップアップ学級)の長﨑裕子先生。小中学校の特別支援学級のベテラン教員であり、現在は「自閉症・情緒障がい」の通級指導で奮闘されています。

テーマは「どうする?どうなる?中学校生活-学校での支援と、家庭でのフォローアップ」でした。通級指導の場合、普通学級との関係が大切です。学級担任と教科担任が分かれ、高校進学に向けて「内申書」が登場する中学生は、小学生のときとは違った大変さがあります。

特別支援教育と一言に言っても、「知的障がい」「言語障がい」「難聴」「自閉症・情緒障がい」の支援学級・通級指導教室はそれぞれ、学習や支援など違いがあります。

知的な遅れのない発達障がいの中学生の場合、障害者手帳(療育手帳)を持っていないので、特別支援学校高等部ではなく普通高校への進学を考えなければなりません。

このことをふまえ、中学校生活をどうするか、高校進学へ向けた内申書への影響はどうなのか・・・、といった実践的な講演でした。

我が家の長男は1年半後に中学校進学なのですが、どうなるのか想像がつきません。「基本的には普通学級の生徒と同じなのだな」ということは分かりました。普通学級のなかで、どのように生活するのか、どのように学習するのか、どのように人間関係をつくるのか・・・、注意点が話されました。

我が家の場合は「発達障がい」の一種なのですが、他の人と話をすると、知的障がいをイメージした話をされることが時々あり、話が噛み合わないことがあります。知的な遅れのない発達障がいは、外見ではわからないので、説明に苦労します。

この日の講演のように、知的な遅れのない発達障がいを対象に「中学校生活をどうするか」という的を絞った話は、なかなか聴く機会がないので助かりました。
c0236527_23053766.jpg

あゆもう会では、今年度の家庭教育学級が終了し、今後は習志野市教育委員会に提出する要望書の作成に入っていきます。私も協力していきたいと考えています。

by takashi_tanioka | 2018-09-18 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
17日、代々木公園で開催された「いのちをつなぎ くらしを守れ フクシマと共に 9.17 さようなら原発全国集会」に長女と次男を連れて参加しました。
c0236527_21523565.jpg

「さようなら原発」一千万署名市民の会の主催、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会の協力で、8000人が集まりました。会場で、習志野市・八千代市の参加者と合流しました。
c0236527_21524628.jpg

c0236527_21525806.jpg

さようなら原発集会に参加したのは久しぶりでした。9月議会の最終日に発議案「東海第二発電所の運転期間延長を行わないことを求める意見書」を提案する予定であり、勉強を兼ねての参加でした。

6年前の17万人集会のときは、長男と長女を連れての参加でした。その後、次男が生まれ、6年前の長男と同じ歳(5歳)になりました。
c0236527_21531430.jpg


集会後、デモ行進には参加しませんでした。しばらくの間、代々木公園で遊んで帰りました。
c0236527_21532857.jpg

帰りに東京駅で途中下車し、東京駅一番街の「東京キャラクターストリート」に寄りました。「アイカツ!スタイル」「ポケモンストア」「プリズムストーン」「レゴ®ストア」の各店舗をまわりました。

by takashi_tanioka | 2018-09-17 23:30 | 県政・国政 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka