谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

20日~21日、「第53回全国学童保育研究集会 in 神奈川」に参加しました。全国学童保育連絡協議会から習志野市へレポート報告の依頼があり、私が引き受けることになりました。


c0236527_20011400.jpg

20日の全体会は、横浜文化体育館が会場でした。全国から4500人を超える保護者や支援員、子ども達が集まりました。
c0236527_20012445.jpg

歓迎行事で、開催地の学童保育の子ども達が歌、けん玉、なわとび、ダブルダッチ、和太鼓を披露しました。総勢600人を超える子ども達が参加したそうです。
c0236527_20013088.jpg

神奈川県学童保育連絡協議会会長が開会のあいさつ。続いて、来賓出席の神奈川県知事が歓迎のあいさつをしました。その後、横浜市と厚生労働省の担当職員、学童保育の運動を応援する国会議員、県議会議員などのあいさつが続きました。
c0236527_20013760.jpg

全国学童保育連絡協議会会長が基調報告。「学童保育の制度が大きく変わった今、保護者と指導員が力をあわせて、よりよい学童保育をつくりましょう」と訴えました。

特別報告として、開催地である神奈川県横浜市の保護者が発言しました。続いて、大規模災害の被災地から保護者や支援員の経験が報告されました。

東日本大震災の被災地として岩手県、宮城県、熊本地震の被災地として熊本県、台風・豪雨の被災地として広島県、岡山県が報告。各地の県・市の連絡会の取り組みは勉強になりました。

全国の学童保育のうち、習志野市のような公設公営は33.2%です。全国的には、父母会・保護者会、地域運営委員会、NPO法人による運営が30%近くあり、保護者自らが運営主体に入っている自治体があります。災害時は、各地の保護者会等が県連協・市連協と連絡を取り合い、仮設の学童保育室、臨時の支援員の確保に奮闘したそうです。

記念講演では、増山均さん(早稲田大学名誉教授)が「子ども時代は二度と来ない-『子供』が『こども』でいられるための5つの権利」のテーマで話をしました。

2016年に児童福祉法が改正され、「子どもの権利条約」が基本理念として明記されました。

第1条「全て児童は、児童の権利に関する条約の精神にのっとり、適切に養育されること、その生活を保障されること、愛され、保護されること、その心身の健やかな成長及び発達並びにその自立が図られること、その他の福祉を等しく保障される権利を有する。」

第2条「全て国民は、児童が良好な環境において生まれ、かつ、社会のあらゆる分野において、児童の年齢及び発達の程度に応じて、その意見が尊重され、その最善の利益が優先して考慮され、心身ともに健やかに育成されるよう努めなければならない。」

増山さんは、子どもの権利条約の視点から、子どもの育ち、学童保育と学校のあり方を論じました。
c0236527_20014686.jpg

by takashi_tanioka | 2018-10-20 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
19日、大久保公民館の市民文化祭に行きました。習志野市民会館との複合施設であり、市民会館ホールでも催し物が3日間続きます。
c0236527_20454504.jpg

c0236527_20584776.jpg

様々な公民館サークルが参加しています。大久保公民館のサークル数は多いです。
c0236527_20593241.jpg

地域の子ども達の絵画も展示されていました。
c0236527_21072018.jpg

大久保公民館地区学習圏会議「大久保ネットワーキング」が公民館活動で中心的な役割を担っています。
c0236527_21000688.jpg

新しい公民館に関連して「ならしのスタディーズ」という団体?がありますが、市民文化祭への参加はありませんでした。公民館の統廃合後、従来の生涯学習圏会議とどのような関係になるのか気になります。

市民文化祭の前後、地域要望で住民から意見が寄せられている場所を見てまわりました。
c0236527_21042114.jpg

by takashi_tanioka | 2018-10-19 23:30 | 地域の出来事 | Comments(0)
18日朝、JR津田沼駅南口で活動報告をしました。
c0236527_23521494.jpg

前週の決算委員会で、2017年度に習志野商工会議所から習志野市へ提出された要望書について質問しました。要望の一つに「JR津田沼駅周辺における公衆Wi-Fi施設の設置」があります。

公衆Wi-Fiは、外国人観光客の利便性向上につながり、観光を通じた商業振興に役立ちます。私も地域経済振興の観点から実現を要望しました。

決算委員会では、JR津田沼駅南口エスカレーターの清掃についても質問しました。先日の塩害の影響か、エスカレーターがさびで茶色になっている箇所がありました。

定期清掃をしているとの答弁でしたが、今回の塩害によるさびは通常の清掃では取れなかったようです。さび落としを要望したところ、早速対応してもらえ、きれいになっていました。
c0236527_23522779.jpg

c0236527_23523832.jpg

by takashi_tanioka | 2018-10-18 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
産業部品メーカー・KYB株式会社の建物用免震・制振装置(オイルダンパー)の一部で検査データの改ざんが判明した問題。千葉県内にも対象物件が36あります。

17日夕方、習志野市新庁舎等建設本部(資産管理室)から市議会議員へ報告がありました。

この免震装置を習志野市内の公共施設で設置しているのは、習志野市庁舎(新庁舎)で、免震層に8本設置されています。不適合がないか調査中とのことです。
c0236527_07211465.jpg

市民・市職員の安全がかかわる問題であり、今後の調査報告を待ちたいと思います。

by takashi_tanioka | 2018-10-17 23:40 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_23175935.jpg17日、議会報編集委員会が開催されました。

議題は、11月1日発行の議会報180号の原稿確認、議会報の駅前配布及び駅設置の分担などでした。

第180号の表題は「小中学校への早期のエアコン設置を求める発議案を全員賛成で可決!!」です。

エアコン設置予算の議案提案はこれからです。「議案可決=調査・工事の開始」と混同しないように「エアコン設置を求める発議案」と記載することになりました。

議会報の駅頭配布は、11月1日午前7時から1時間程度、JR津田沼駅と京成谷津駅の予定(雨天中止)です。各駅ご利用の方は、どうぞお受け取りください。

9月議会は、エアコン設置について、議案質疑・一般質問の時点では「2020年6月末まで」と表明していた宮本市長が、議会最終日に「2019年6月末まで」と態度を変えました。このような展開は、16年間の議員生活で初めての経験でした。

日本共産党習志野市議団も、全戸配布の議会報告を作成中です。今週前半は、9月議会と決算委員会を総括する党議員団会議、議会報告の原稿執筆、予算要望の作成など、溜まっていた仕事に追われました。

by takashi_tanioka | 2018-10-17 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
建築確認等の看板がないまま、セントラルスポーツクラブ谷津の建てかえ工事が進められていたので、習志野市建築指導課へ問い合わせました。

建築指導課が調べたところ、9月28日に建築確認が出ていたのに掲示していなかったことがわかりました。

15日に建築指導課が指導。「建築基準法による確認」「建築業の許可票」「労災保険関係成立票」「道路占用使用許可証」がやっと掲示されました。すべて未設置のままの着工でした。
c0236527_22584175.jpg

建築基準法第86条第1項(一団地認定)の看板も、後付けで「設置年月日2018年5月12日」の日付が貼りつけられました。
c0236527_22583250.jpg

義務付けられた掲示を、着工後、何日間も放置していました。コンプライアンスの面で問題があります。有名なスポーツクラブという驕りがあるのではないでしょうか。
c0236527_22585198.jpg


by takashi_tanioka | 2018-10-16 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
13日~14日、JR津田沼駅南口の津田沼公園で習志野ドイツフェア2018が開催されました。

習志野商工会議所、津田沼南口商店会、習志野市商店会連合会、モリシア津田沼、習志野市による実行委員会の主催。商工振興担当の習志野市協働経済部職員も奮闘していました。
c0236527_00474721.jpg

14日夕方、長女と次男を連れて行きました。ステージでは、アルプス音楽団が歌っていました。
c0236527_00475300.jpg

子ども達といっしょにソーセージを食べました。新作の習志野ソーセージが販売されていました。
c0236527_00475990.jpg

by takashi_tanioka | 2018-10-14 23:40 | 習志野市政 | Comments(0)
14日、毎年恒例の谷津パークタウン(分譲)の防災訓練でした。参番街独自の安否確認訓練もありました。

その後、壱番街・弐番街・参番街の三団地管理組合連絡協議会主催の合同防災訓練。谷津南小学校が会場で、中央消防署谷津出張所の署員がきてくれました。私は少し遅れて参加しました。
c0236527_00471999.jpg

訓練終了後、所用のため、長女・次男を連れて東京都葛飾区の亀有へ。「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」で、小学生のときから地名は知っていたものの、来たのは初めてでした。
c0236527_00474112.jpg

「こち亀」の連載開始時、私は小学4年生でした。当時通っていた書道教室の待合室で読んでいました。

当初、両さん(両津勘吉)は戦中生まれの30歳代半ばの設定でした。その後、戦後生まれに設定変更され、今では私の方が10歳以上の年上となりました。
c0236527_00473207.jpg

by takashi_tanioka | 2018-10-14 23:30 | 地域活動 | Comments(0)
13日、谷津南小学校内の谷津南第二・第三児童会(学童保育)の新築の保護者説明会がありました。

今年度予算に「谷津南児童会施設賃借料」として12年間(2018~29年度)の債務負担行為1億1758万8千円が計上されています。別棟で増設する学童保育室のレンタル費用です。

現在の谷津南児童会(第一児童会)の学童保育室の東側に2階建ての学童保育室を新築し、現在は空き教室利用の第二児童会を移し、さらに第三児童会が創設されます。

この日は基本設計の説明でした。藤崎児童会(学童保育室)を参考にした設計のようです。こども部の説明を受け、保護者から質問・意見があり、支援員の助言もありました。

南側の窓が大きく、自然光で室内が明るいというのが谷津南児童会の特徴です。他の学童保育室の設計を真似れば良いというものでもないようです。保護者の率直な疑問、複数の児童会を経験してきた支援員の意見は勉強になります。

新築の学童保育室の設計のほか、水溜りや夜間照明など、保護者が日常的に困っていることも質問されました。こども部職員にていねいに対応してもらい、良かったです。
c0236527_07400051.jpg

谷津南小学校大規模改造設計委託として、2年間(2018~19年度)の継続費3110万4千円も予算計上されています。奏の杜から通学する児童の増加に備え、校舎の大規模改造にも着手するようです。

by takashi_tanioka | 2018-10-13 23:30 | 子育て・家族 | Comments(0)
c0236527_06472208.jpg12日、一般会計決算特別委員会の4日目(最終日)。教育費、公債費、諸支出金、予備費の審査でした。午前9時に始まり、午後6時40分頃に終わりました。

私は、小中学校再編の検討経過、教職員の時間外勤務、特別支援教育の教員配置、史跡説明板の一覧などの資料請求をし、その後、計40分ほど質問をしました。

私の質問・要望は、公共施設再生計画と教育施設の関係、小中学校・公民館等の跡地の売却方針、谷津南小学校のバス通学、特別支援学級・通級指導教室、就学援助制度、教員の長時間労働、陸軍習志野学校・習志野捕虜収容所の説明板、実籾3丁目遺跡の発掘調査、生涯学習圏会議とならしのスタディーズなどについてでした。

夕方、宮本市長が決算委員会に出席。6人の議員が質問しました。

私は、①目的・規約等に「民主主義」「自由主義」などの文言がある市民団体が市施設の団体登録から締め出されようとしている問題、②JR津田沼駅南口土地区画整理事業の問題発生に対する開発事業者(株式会社フジタ)の責任、③公共施設再生計画と小中学校・公民館等の統廃合・跡地売却の3項目について、20分超の質問をしました。

特に、目的・規約等に「民主主義」「自由主義」などの文言が入っている団体が、男女共同参画センターや市民協働インフォメーションルームの登録から締め出されようとしている問題は、市民活動の自由に関わる重大問題なので、最高裁判所の憲法判例、国会答弁、法令の解釈、他の自治体の動向を調べて質問しました。

特に参考にしたのが、3年前に起こった「さいたま市市民活動サポートセンター問題」でした。参考に、さいたまNPOセンター専務理事の村田恵子さんが自治体問題研究所に寄稿した論文を紹介します。→こちら

「さいたま市市民活動サポートセンター」「問題」のキーワードでインターネット検索をすると、弁護士や専門家が問題点を整理した論文・報告などがいくつか出てきます。

私は、要綱を策定した宮本市長の意図を質問。憲法や裁判例、他の自治体の対応を調査し、顧問弁護士に相談して再検討することを、宮本市長に要求しました。

最後の討論・採決では、中山恭順議員(環境みらい)が第七中学校区こども園建設(秋津幼稚園の廃止)の工事費を批判する討論をし、決算認定に反対しました。

私(日本共産党)も、決算認定に反対する討論をしました。当初予算・補正予算の問題点が是正されなかったことを指摘するとともに、教育委員会が市民の請願の揚げ足をとって否決したり、教育委員等の暴言・失言を会議録から削除したり、補助職員の答弁を改ざんしたりした問題を指摘。教育委員会の民主的運営を問い、市長追随の姿勢を批判しました。

採決の結果、日本共産党を含む7人の委員が決算認定に反対し、「可否同数」となりました。委員長(伊藤寛議員)が賛成の態度をとり、宮本市長が提案した決算が可決となりました。12月議会初日の本会議で、議員全員の討論・採決となります。

by takashi_tanioka | 2018-10-12 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka