人気ブログランキング |

谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員

bootsman.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

31日朝、京成谷津駅で活動報告。駅北口には「祝 甲子園出場!習志野市立習志野高校」の横断幕が出ています。
c0236527_19220563.jpg

市立習志野高校の野球部が、春の第91回選抜高校野球大会に出場することが決まりました。10年ぶりで4度目の春の甲子園出場です。


c0236527_19221002.jpg

習志野商工会議所にも垂れ幕がかかっていました。お祝いのノボリ旗もたくさん出ています。
c0236527_19221537.jpg

by takashi_tanioka | 2019-01-31 23:30 | 習志野市政 | Comments(0)
30日朝、JR津田沼駅南口で活動報告。谷津小学校、谷津南小学校、第一中学校が「過大規模校」となる問題について報告し、保護者・市民から意見を聴きました。

昨年12月、習志野市教育委員会が調査した「小・中学校児童・生徒数及び学級数推計」がまとまりました。

この推計によると、2024年度の谷津小学校の児童数は1589人・48学級(特別支援学級が3学級)となります。

2024年度、奏の杜から谷津南小学校へのバス通学は605人となります。谷津南小学校の児童数は969人・31学級(特別支援学級が1学級)となります。

2028年度の推計で、第一中学校の生徒数は1153人・35学級(特別支援学級が3学級)となることもわかりました。

新しい推計を受け、習志野市教育委員会がどのように対応していくのか、3月議会の一般質問で取り上げる予定です。

谷津小学校。新校舎建設の杭打ち工事が始まりました。1589人という事態に、新校舎で対応しきれるのでしょうか。
c0236527_18501073.jpg

JR津田沼駅南口(モリシア南側)に建設中の超高層マンション「津田沼 ザ・タワー」。このマンションの通学区域は、隣りの向山小学校に変更されました。中学校は第一中学校です。
c0236527_18500745.jpg

c0236527_18501594.jpg

c0236527_18502098.jpg

※2月3日にアップしました。

by takashi_tanioka | 2019-01-30 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
28日朝、京成大久保駅で活動報告。その後、地元党支部の会議など。次男はインフルエンザが治り、保育所に復帰しました。

29日、次男のひまわり発達相談センターと保育所の送迎の後、市役所で所用。午後は自宅で議会報告(活動ニュース)の執筆など。

習志野市庁舎へ入ると、グランドフロアの出入口付近にストーブが置いてあります。今年は新しい機種が導入されました。
c0236527_18494961.jpg

習志野市庁舎(新庁舎)は「2018年度グッドデザイン賞」を受賞しました。


しかし、残念ながら、新庁舎は機能面でいくつも課題を抱えているようで、現場では「グッドデザイン賞をとった!良かった!」という声は聞けません。

不備な点の一つが、グランドフロアの出入口付近とロビーの冬季の寒さ。寒風が入るのを防ぐため、外側の自動ドアの一つは封鎖されています。
c0236527_18495495.jpg

習志野市職員安全衛生委員会でも、ロビーと受付の寒さが労働環境の悪さとして指摘されています。

来庁した市民が座る席の近くにもストーブが置かれています。エアコンの暖房では対応しきれないようです。
c0236527_18500263.jpg

グッドデザインとされたのが「ハミングひろば」「ハミング階段」のようですが、この屋内側の方は、やはり暖房効率が悪いようで、送風機で空気を循環させています。
c0236527_18495849.jpg

このほかにも、使い始めてみると、不備な点がいろいろとみつかります。基本設計時に気づけば良かったのですが、私のような建築の素人は、図面だけではわかりません。

職員や市民から指摘された不備な点、利用しづらい点を、現担当職員の方で工夫しながら改良しているようです。

※2月3日にアップしました。

by takashi_tanioka | 2019-01-29 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
27日、藤崎地域を中心に訪問活動をしました。順天堂大学習志野キャンパス跡地に建設されたマンションから撮影した写真(藤崎・津田沼方面)です。
c0236527_15503337.jpg

藤崎6丁目の市立つくし幼稚園を民間売却(敷地は市有地)してつくられた私立認定こども園「みのりつくしこども園」です。
c0236527_15503859.jpg

津田沼3丁目に建設中の私立認定こども園「(仮称)青葉こども園」。青葉幼稚園が国有地に建てかえる施設です。
c0236527_15504318.jpg

住民から崖地(民有地)に繁茂した雑木の剪定を要望されました。公道上にはみ出し、電線にもかかっているので危険です。崖下と崖上の住宅地に交流がないので、剪定がなかなか進みません。
c0236527_15504809.jpg

※28日にアップしました。

by takashi_tanioka | 2019-01-27 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_17021599.jpg2019年は、婦人参政権運動を率いた「新婦人協会」創立から100年にあたります。

26日、サンロード津田沼6階で講演会「男女平等はどこまで進んだのか?」が開催されました。習志野女性史聞き書きの会・史の会の主催、ハミングフォーラム習志野の共催です。

講師は、国連女性差別撤廃委員会前委員長の林陽子さん(弁護士)。副題は「女性差別撤廃条約は私たちのものになっているの?」でした。その主張は「しんぶん赤旗」でも取り上げられています。


講演は「日本のジェンダー・ギャップ指数は、144か国中、110位(2018年)であり、G7で最下位」という指摘から始まりました。

「この統計が始まった2006年には、日本は80位、フランスは70位だった。その後、日本は順位を下げ続け、114位(2017年)、110位(2018年)と低迷。フランスは上昇を続け、11位(2017年)、12位(2018年)となり、G7では1位」とのことです。

この現状に対し、「政治参画」「労働・起業など経済的エンパワメント」「教育」「健康」「税制・社会保障」「女性に対する暴力」「性の商品化と少女に対する性的搾取」「複合的な差別」「家族法・家族関係」「ジェンダー・ステレオタイプ(性別役割分業)が支える差別」の各面から話がされました。

そして、「意識、慣習、慣行を変えることも国の役割だとするのが『女性差別撤廃条約』である」としました。

日本のジェンダー・ギャップ指数が低いことは知っていましたが、近年こんなに順位が下がったことは意識していませんでした。私は途中参加でしたが、勉強になった講演会でした。
c0236527_17022071.jpg

by takashi_tanioka | 2019-01-26 23:30 | 憲法・人権・反戦平和 | Comments(0)
24日朝、京成谷津駅で活動報告。25日朝、JR津田沼駅南口で活動報告。今週は、このほか、市内各地で訪問活動をしながら、地域要望で取り組んできた場所をまわってみました。

2014年6月議会の一般質問で取り組んだ大久保商店街の道路舗装の修繕。その後も、日本共産党の毎年度の予算要望書に入れてある地域要望です。

県補助金と商店会分担金を合わせて石畳み風のブロック舗装にしましたが、老朽化による破損部分は、歩行者にとって危険です。昨年12月から舗装改修工事が行なわれています。
c0236527_14364240.jpg

アスファルト舗装での部分的な対応ですが、危険な箇所の対応として早急に必要です。
c0236527_14364693.jpg

今年度は商店街北側(県道以北)で実施、来年度は商店街南側(県道以南)で実施する予定です。
c0236527_14365149.jpg

県道長沼船橋線(東金街道)の歩道拡幅・安全対策。2011年3月議会の一般質問で「蓋かけ歩道の暗渠化」に取り組みました。
c0236527_14365592.jpg

その後、千葉県・千葉土木事務所と交渉したり、予算要望し続けたりし、現在は大久保地域から藤崎地域へかけて実施されています。
c0236527_14365966.jpg

藤崎7丁目の森林公園の環境改善。2016年12月議会の一般質問で池の問題に取り組みました。翌年5月、市長がテレビ東京「池の水ぜんぶ抜く大作戦」に申し込み、特定外来種の駆除と清掃が行なわれました。
c0236527_14370394.jpg

公園利用者からは「対策が不十分」という意見もありますが、2年半前と比べると、水質・底質は少し良くなったように思います。

好気性微生物の活性化でヘドロを減少させ、水質浄化をするための機械。水車で流入水に空気を混ぜます。1年半前に設置されました。
c0236527_14370715.jpg

市民から、小中学校のエアコン設置後の運用等について、習志野市HPに回答が掲載されたことを聞きました。議会答弁に基づく内容です。下記リンクをご覧ください。


上記は「キャッチボール通信」のページです。Eメールによる市民要望への回答は、「市長へのメール」のページにも掲載されています。下記リンクはエアコン関連です。


※28日にアップしました。

by takashi_tanioka | 2019-01-25 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
23日、「習志野市立幼稚園・小中学校空調設備賃貸借に係る契約の相手先について(報告)」の文書が市議会議員に配布されました。

興銀リース株式会社に22億3994万1600円(税込)で落札とのことです。とりあえず、事業者が決まって良かったです。
c0236527_06004364.jpg


23日朝は京成大久保駅で活動報告。その後、自宅で事務仕事をし、夕方は党議員団会議や活動ニュース印刷などでした。

by takashi_tanioka | 2019-01-23 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
22日午後、習志野市学校施設再生計画(第2期計画)検討専門委員会の第4回会議を傍聴しました。日本共産党からは荒原ちえみ議員と私が傍聴しました。

今回の議題は「学校施設の現状と課題(児童生徒数の推計等)」「学校施設再生計画(施設整備)」「習志野市学校施設再生計画(第2期計画)策定に関する提言書(案)」の3つでした。

次男がインフルエンザにかかり、看病のために20分程度で退席して帰宅しました。各委員の意見については、後日公開される会議録を読みたいと思います。

配布資料を読むと、「習志野市学校施設再生計画(第2期計画)策定に関する提言内容(案)」に各委員の様々な角度からの意見がまとめられており、興味深かったです。

ただし、学校の適正規模に関して、第2回会議であった「小規模であっても複式学級が見込まれない規模であれば存続をするべきだ」という主旨の意見は掲載されていませんでした。公開された会議録(要点筆記)では、「佐々木委員 複式学級となると学校教育としてどうかと思うが、6学級以下はレッドゾーンである」と要約されていました。

また、第2回会議の会議録では「西尾委員 複式学級が見込まれるようなことがあれば、学校の統廃合の検討をスタートする」という記載もありますが、この発言も提言内容(案)に入っていませんでした。

谷津小学校のように常軌を逸した過大規模校となる学校の対策には触れていません。「12学級以下は統廃合」を強調しようという操作がされているような気がします。
c0236527_20554949.jpg

この日、午前は党議員団会議。次男の看病と会議出席で、市役所と自宅を行ったり来たりの一日でした。

by takashi_tanioka | 2019-01-22 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
c0236527_12360717.jpg21日、平成30年度千葉県国民保護図上訓練が実施され、習志野市役所が「第2事案」の会場となりました。

市議会議員の見学が可能だったので、あらかじめ申し込んで見学しました。


千葉県防災危機管理部によると、訓練の概要は以下の通りです。

東京2020オリンピック・パラリンピックを見据え、テロ等の災害が発生した場合に備えて、避難及び救助活動等における対処能力向上や関係機関の連携強化を図るため、ブラインド型の図上訓練を実施する。

実施日時
1月21日(月)10:00~16:10

訓練実施場所
・初動対処訓練(競技会場における現地調整等):県庁中庁舎6階防災危機管理センター
・応急救護・搬送訓練(災害拠点病院における現地調整等):県庁本庁舎5階財政課分室
・対策本部運営訓練(習志野市による避難実施要領の作成):習志野市役所3階大会議室

訓練想定
【第1事案】幕張メッセ国際展示場において、国際スポーツイベント開催中、爆発物により多数の死傷者が発生する。その後、JR千葉駅等に爆破予告がなされる。

【第2事案】新習志野駅前商業施設で複数の人質をとった立てこもり事案が発生する。

主な訓練内容
【第1事案】県庁中庁舎6階防災危機管理センターを幕張メッセの競技会場と見立て、テロ発生時における施設管理者(幕張メッセ)による警察・消防への通報等の初動措置や警察・消防・自衛隊が設置する各現場指揮本部及び千葉市が設置する現地調整所において被災者の救出・救助に関する調整を行う。
また、本庁舎5階財政課分室を県救急医療センターと見立て、県救急医療センターが設置した現地調整所において、同センターに集中搬送されてきた被災者の応急救護及び応急措置を受けた被災者の県内外病院への搬送について、DMAT、消防、自衛隊、海上保安庁等により調整する。

【第2事案】事案発生自治体(習志野市)において対策本部を設置した後、関係機関と必要な情報を共有しながら避難実施要領を作成する。

参加機関
千葉県、千葉市、習志野市、千葉県警察本部、千葉市消防局、習志野市消防本部、自衛隊、海上保安庁千葉海上保安部、日本赤十字社(千葉県支部)、県内災害拠点病院、DMAT、株式会社幕張メッセなど

習志野市会場の訓練目的は、「テロ等発生時における競技開催会場での実働機関の初動対処能力向上、市対策本部の対処能力の向上、環形機関相互の連携強化を図る」とされていました。

習志野市会場(第2事案)の訓練実施は、14:00~16:10。想定時刻(10:00~12:10)の4時間遅れの実施でした。

第2事案の参加機関は、千葉県(危機管理課)、千葉県警察、習志野市、習志野市消防本部、陸上自衛隊の計55名でした。

習志野市として千葉県の国民保護訓練に参加するのは、2013年度(平成25年度)以来2回目です。習志野市の対策本部を実説して実施するのは初めてです。

私は、所用のため、訓練途中から見学しました。市対策本部と対策本部会議室の様子を見ました。国民保護計画で決められた各部署の職員が大会議室に集まっていました。

1月21日の訓練開始の前提として、14日時点で「隣国の乙国で爆弾テロ 死傷者多数」「インターネット上に犯行声明」「国際武装テログループに関する注意喚起の情報提供(消防庁)」・・・「習志野市国民保護等連絡室の設置」という伏線があり、21日10時の第1事案(幕張メッセの爆発物事案)の発生=死傷者多数 というシナリオがありました。

習志野市の流れとしては、第1事案の発生後に県が自衛隊へ「災害派遣要請」→習志野市国民保護等緊急対策本部の設置→犯行グループが秋津地区で車両乗り捨て→第2事案(新習志野駅前商業施設で立てこもり事案)の発生 と続きます。

そして、習志野市が秋津・香澄地域の住民や施設利用者の避難を準備→緊急対処事態の認定、自衛隊への「国民保護派遣要請」→習志野市による避難実施要領の策定 までが図上訓練でした。各職員が想像力を働かせながら取り組んでいました。

その後の「陸上自衛隊による周辺住民の避難誘導」「被疑者制圧」は、「習志野市会場では実施しない」とのことでした。

千葉県担当者による講評では、「今回の図上訓練で課題をまとめ、東京オリンピックまでに実働訓練を行ないたい」という主旨の発言がありました。

日本共産党習志野市委員会・市議団は、千葉県では起こりえない「武力攻撃事態」の各類型を想定した実働訓練を批判し、毎年度の予算要望で「市民や市職員を動員する実働訓練を行なわないこと」を求めてきました。

今回のような「緊急対処事態」を想定した図上訓練については、是非に関する評価をしていなかったので、見学して様子をみることにしました。

従来の自衛隊の「災害派遣要請」を超え、武器を携行した自衛隊の「国民保護派遣要請」につなげるための訓練のようでした。既存の警察力等では対処できないとされる事案です。

また、それと合わせて、行政区(市町村)の境を超える事案の同時発生、地域住民全員の避難実施要領の策定の訓練でもありました。

「緊急対処事態」への対処は「武力攻撃事態」への対処と基本的に同じです。今後、1~2年以内に実動訓練が考えられているのであれば、その訓練の必要性があるのか、訓練の想定に無理はないか、他国・他民族に対する緊張感・憎悪を煽るものではないか、などを慎重に検討しなければならないと思います。

また、今回は「習志野市会場では実施しない」とされ、見学が認められなかった「陸上自衛隊による周辺住民の避難誘導」「被疑者制圧」の訓練内容も明らかにし、検証しなければなりません。

今後の訓練のあり方を検討する上で、参考になった見学でした。






この日、午前は地元の党支部総会。その後、様々な実務や党内会議でした。次男が発熱して通院したりと、忙しい一日でした。

by takashi_tanioka | 2019-01-21 23:30 | 議員活動 | Comments(0)
20日、習志野市日本共産党後援会主催の「新春のつどい」が開催され、会場一杯の人が集まりました。4月14日告示の市議会議員選挙の予定候補者としてあいさつをしました。

この日、各議員(予定候補者)の新しい担当地域も発表しました。私は、谷津、奏の杜、津田沼1~3丁目、藤崎、鷺沼台1~2丁目、本大久保1丁目、大久保1丁目・3丁目が生活相談の担当地域となりました。これまでよりも担当地域が狭まるので、選挙はたいへんになります。
c0236527_02071222.jpg

後援会員の方々が「鉄腕アトム」の替え歌で市議候補の応援歌をつくってくれました。みんなで歌いました。
c0236527_02071726.jpg

7月の参議院選挙も連続・一体の選挙としてたたかわれます。浅野ふみ子・参院千葉選挙区予定候補、しいばかずゆき・参院比例予定候補も参加し、決意表明をしました。
c0236527_02072230.jpg

c0236527_02072667.jpg

日本共産党は、1月18日に「統一地方選挙政策アピール-くらしに希望を、力あわせ政治を変えよう」を発表しました。下記リンクをご覧ください。


また、統一地方選挙・参議院選挙のたたかい方について、1月15日に「全国都道府県委員長・地区委員長会議」で志位和夫委員長から報告がありました。下記リンクをご覧ください。


日本共産党の全国的な重点政策と選挙方針がまとめられています。どうぞ、ご覧ください。

by takashi_tanioka | 2019-01-20 23:30 | 議員活動 | Comments(0)

日本共産党市議としての活動日誌をメインに、日々の思い、家族のこと、研究活動などをご紹介します。


by takashi_tanioka